腸内フローラを整えよう

イキイキした体のカギ!腸内フローラとは

岡田昌子

監修:マオクリニック 院長岡田昌子先生

腸内環境は、人の健康や美容に大きく関わっています。これといった病気をしていないのに、体や肌の不調を感じるときは、腸内にある善玉菌や悪玉菌のバランスが乱れているのかもしれません。腸内環境のメカニズムを知り、食生活を整えて、すこやかな体を維持しましょう。

細菌のお花畑「腸内フローラ」

私たち人間の腸内には、100兆以上もの細菌が棲みついています。細菌の種類を大きく分けると、善玉菌、悪玉菌、日和見菌の三つ。この細菌ごとの集まりは、花畑に例えて「腸内フローラ」と呼ばれています。

善玉菌は、食べ物の消化・吸収をよくしたり、免疫力を高めたり、腸の働きを活性化したりと、腸にとってよい働きをする細菌。対する悪玉菌は、有害物質をつくって腸のはたらきを低下させ、下痢や便秘を引き起こしたり、免疫力を低下させたりするなど、腸にとって悪影響を及ぼす細菌です。

日和見菌は、通常はどちらにも属しませんが、悪玉菌が優勢になると同調して活動します。 近年、人の健康や美容には「腸」が大きく関係していることが着目され、腸の健康への関心が高まっています。腸内フローラのバランスは、美と健康のカギを握る大切なポイントといえるでしょう。

腸内フローラが「なんとなく不調」に関わっている!

「そういえば最近、便秘がちかも…」「肌荒れが以前より気になる」「なんとなく疲れやすい気がする」病気ではないのに、そんな不調を感じるときはありませんか?このような、体や肌の不調の原因の一つに、腸内フローラのバランスの乱れが考えられます。

腸内の悪玉菌が優勢になり、腸のはたらきが鈍ると、体に必要な栄養素が吸収されにくくなり、疲れやすくなります。また、腸を収縮させて内容物を動かす「ぜん動運動」も低下。便が排出されにくくなり、悪玉菌が毒素をつくりだします。すると、腸が毒素を吸収し、肌荒れも招くことに…。

また、外部から侵入するウイルスや細菌を倒す「免疫細胞」は、その7割が腸に存在します。腸内フローラのバランスが乱れると、免疫力を低下させ、風邪をひきやすい体になってしまうことも。このように、腸内の悪玉菌が優勢になると、さまざまな不調を引き起こします。善玉菌を優勢にし、理想的な腸内フローラのバランスを保つためには、毎日の食生活を大切にしましょう。

※ドクターによる監修は、このスペースのみとなり、この部分のみ広告ではありません。
また、他のスペースにおいてもドクターが掲載商品や特定商品への保証や購入等を推薦するものではありません。

悪玉菌に負けない!善玉菌を増やす食事のポイント

悪玉菌を増やさないためには

腸内の悪玉菌を増やさないためには、偏った食事をやめてバランスよく食べることが大切です。取りすぎに注意したいのは、脂肪の多い霜降り肉や加工肉。消化されにくく、腐敗して悪玉菌のエサになりやすいためです。意識して取りたいのは、大豆、いんげん豆、きのこ、穀類など、水に溶けにくい不溶性の食物繊維。

食物繊維が不足すると、便が固まらずに腸にとどまり、便秘になってしまいがちです。ただし、取りすぎると硬いコロコロ便になるため、水分も一緒に多く取るように意識しましょう。また、日頃から適度な運動を心がけて、腸のぜん動運動を活性化させることも重要です。

善玉菌のエサと善玉菌の仲間を増やそう

善玉菌を増やすためには善玉菌のエサになる、水に溶けやすい水溶性の食物繊維も取りましょう。ゴボウ、アボカド、オクラ、海藻類、キウイなどに多く含まれ、便のカサ増しや、腸のぜん動運動の活性化に役立ちます。

さらに注目したいのは、善玉菌の仲間を増やす発酵食品。納豆ならナットウ菌、キムチなら乳酸菌、といった善玉菌を取ることができます。

乳酸菌が取れる発酵食品の代表格といえば、ヨーグルト。乳酸菌やビフィズス菌が取れる上に、朝食やおやつなど毎日の食事に取り入れやすく、離乳期の赤ちゃんでも食べられるのでおすすめです。赤ちゃんがたべるときは、砂糖を添加していないプレーンタイプのものが望ましいでしょう。

乳酸菌とは違う!ビフィズス菌BB536のはたらき

おなかにやさしく吸収がいいヨーグルト

ヨーグルトは、牛乳に乳酸菌などを入れて醗酵させたもので、乳たんぱく質やカルシウムを効率よく吸収できる優れた食品です。「牛乳を飲むとおなかがゴロゴロする」という方も、ヨーグルトならOKなのもうれしいポイント。

ヨーグルトといえば「乳酸菌」と「ビフィズス菌」ですが、この二つは、似ているようでまったく異なるものです。乳酸菌は、糖を分解して乳酸をつくる細菌の総称。乳酸には、腸内を酸性にし、悪玉菌の活性を抑えるはたらきがあります。

ビフィズス菌は、乳酸だけでなく、酢酸もつくりだせるのが大きな特長。酢酸には強い殺菌力があり、悪玉菌の増殖を抑えるのに役立つのです。毎日の食卓に、積極的に取り入れていきたいビフィズス菌。しかし、すべてのヨーグルトにビフィズス菌が含まれているわけではないので、注意してください。

腸内フローラを良好に!ビフィズス菌BB536のチカラ

ひとくちに「ビフィズス菌」といっても、その数は約50種類。人に棲みつくもの、動物に棲みつくものなど、さまざまな性質をもっています。そして、ほとんどのビフィズス菌には、酸や酸素に弱い、という弱点があるのです。

数あるビフィズス菌の中でも、「ビフィズス菌BB536」は、赤ちゃんから見つかったヒト由来のビフィズス菌。酸や酸素に強く、生きたまま腸に届いてはたらく特長をもっています。さらに、動物由来のビフィズス菌に比べ、ヒトの腸内と相性がいい、といった一面も。

ビフィズス菌BB536の入ったヨーグルトなら、腸内のビフィズス菌を増やして善玉菌を優勢にしてくれます。ビフィズス菌BB536が入ったヨーグルトを選んで、腸内フローラのバランスを良好にしましょう。

ビフィズス菌が生きて届く!すっぱくないヨーグルト

ヘルスケア大学のおすすめ!『ビヒダス プレーンヨーグルト』

『ビヒダス プレーンヨーグルト』は、ビフィズス菌BB536を含む特定保健用食品。腸内環境を良好にし、おなかの調子を整えるはたらきがあるので、腸内から健康と美しさを保ちたい方におすすめのヨーグルトです。

体にいいだけでなく、酸味をおさえたまろやかなおいしさもポイント。これは、ビフィズス菌BB536を含むからこそ出せる味わいです。欧米を中心に、赤ちゃんの粉ミルクにも利用されているほど、安全性が確認されているビフィズス菌。ヨーグルトの酸味が苦手な方もおいしく食べられ、赤ちゃんの離乳食にもぴったりですね。

毎日のヨーグルトで、家族みんなの健康を維持しましょう!

(ヘルスケア大学編集部)

森永ビヒダスヨーグルトをもっと知る

提供元:森永乳業株式会社掲載日:2016/7/1