ごくごく飲んでスクスク育つ「のび活」のススメ

大きくなるメカニズムと大事な3要素とは

黒田愛美

監修:クリントエグゼクリニック黒田愛美先生

身長の伸びる成長期を最大限に活かすためのカギになるのが「成長ホルモン」。成長期をどう過ごすかは、この成長ホルモンの分泌に大きな影響を与えます。「運動」「睡眠」「食事」の3要素をおさえた規則正しい生活を心がけて、お子さんの丈夫ですこやかな体を育みましょう。

子供の背が伸びるメカニズム

子供の背が伸びるメカニズム

お父さん、お母さんにとって、子供の成長は気になるもの。大きくなるのが楽しみな反面、背の順を前から数えたほうが早かったり、ほかの子より成長が遅く感じたり…。不安になることもあるでしょう。子供の身長は、どのように伸びるのでしょうか。

身長は、関節付近にある「骨端線(こつたんせん)」という軟骨が伸びることによって高くなります。骨端線は、成長ホルモンの指令を受け、栄養素を取り込むことで増殖していきます。そして、増えた骨端線が少しずつ硬い骨へと変化していくことで、身長が伸びていくのです。

成長期が終わり骨端線が硬い骨へ完全に変化してしまうと、それ以降、身長は伸びなくなってしまいます。成長期に最大限に身長を伸ばすカギは、「成長ホルモン」。

この成長ホルモンを味方につけるには、毎日の過ごし方が大きなポイントです。これからあげる3つの要素を意識して、お子さんの生活リズムに取り入れましょう。

すくすく伸ばそう!成長の3要素

成長ホルモンの分泌に欠かせない3つの要素が、「運動」「睡眠」「食事」です。

① 運動:骨への刺激が成長ホルモンの分泌を促します。また、体を動かすことによる適度な疲れが、深い睡眠へと導いてくれます。

② 睡眠:成長ホルモンの多くは、寝ている間に分泌されます。21時までに就寝すると、より多くの成長ホルモンがつくられます。

③ 食事:骨や筋肉をはじめ、体を構成する要素の材料になります。食事に含まれる栄養素をもとに、成長ホルモンが生成されます。

よく体を動かし、睡眠をたっぷりとり、栄養バランスのいい食事をする。このような規則正しい生活が子供の未来を伸ばすのです。

※このスペースにある記述や解説は、学術的見解を含めた一般論であり、この部分のみ広告ではありません。
また、他のスペースにおいてもドクターなどが掲載商品や特定商品への保証や購入等を推薦するものではありません。

大事な子供の未来を大きくしてあげるために

よく遊んでよく眠ろう

では、具体的には、どのようなことをすれば身長が伸びやすくなるのでしょうか。

運動

遊びや好きなスポーツを毎日たっぷりさせてあげましょう。適度に日光を浴びるとカルシウムも生成され、骨を作る助けにもなります。ただし、マラソンや重量トレーニングなどはNG。体の一部分に過度な負担がかかり、骨の伸びしろである軟骨を損傷するおそれがあります。成長期のうちは、避けた方が無難でしょう。

睡眠

子供がぐっすり眠れるような環境を整えるのが大切です。おすすめは、就寝の1時間前に、39度程度のお湯に入浴すること。眠るころにはお風呂で暖まった体温が適度に下がり、血行も促進されているためよく眠れます。また、食事は就寝の2時間前には済ませましょう。消化にエネルギーを使ってしまうと、眠りが浅くなってしまいます。

栄養をしっかり取って未来を伸ばそう

食事

戦後から現在までの間に、男女ともに平均身長が10cm以上高くなっています。その間、成長の3要素の中で大きく変わったものが食事といわれています。だから、「どんな栄養を取り入れるか」も成長には大事なポイント。

三食しっかり食べるのはもちろん、下に挙げるような栄養を重点的に摂取してあげましょう。

すくすく育つために!押さえたい食事のポイント

成長のカギ!四つの栄養素

成長に大切なのが、体を構成する材料になってくれる「カルシウム」「マグネシウム」「ビタミンD」「タンパク質」の4つの栄養素です。

体を作るのに欠かせない「カルシウム」は、「マグネシウム」と相互に補いながら働きます。丈夫な体を作るには、カルシウムを2、マグネシウムを1のバランスで摂取するのがおすすめです。

「ビタミンD」は、骨がカルシウムを吸収する手助けをしてくれます。

これらの4つの栄養素に加えてとっておきたい成分が水溶性の食物繊維「難消化デキストリン」。カルシウムとマグネシウムの吸収をサポートしてくれます。

タンパク質を構成する「アミノ酸」は、すこやかな成長を促進。特に、体内で合成できない必須アミノ酸は、食事で補うことが欠かせません。

栄養が凝縮されたスーパーフードも

効率的に栄養を摂取するためには、最近話題のスーパーフードを活用するのもよいでしょう。

中でも、「スピルリナ」はアミノ酸、ビタミン、ミネラルなど、50種類の栄養成分が豊富に含まれています。そのため、スプーン1杯で1日分の野菜の栄養を摂ることができるのです。

子供にたっぷりの栄養を摂らせたいと思っても、毎日バランスのいい食事を作り続けるのはとても大変。せっかく作った料理を、好き嫌いで食べてもらうのに苦労することもあるでしょう。

そんな時には、栄養補助食品を普段の食事にプラス!子供の成長に必要な栄養素がバランスよく配合されているから、お子さんがすくすく成長する環境を作ってあげられます!

大きな未来をこれ一杯で。「のび活」始めませんか

ヘルスケア大学のおすすめ!フィジカルB

栄養補助食品「フィジカルB」は、子供の成長に必要な栄養をバランスよく配合しています。

9種のアミノ酸だけでなく、話題のスーパーフード、スピルリナを採用。50種類の栄養成分が、野菜の約3倍含まれています。

また、骨焼成カルシウムと酸化マグネシウムを、ベストバランスの2:1で配合。さらに、カルシウムの働きを助けるビタミンDもプラスしました。コップ一杯の水に混ぜるだけで簡単に栄養補給ができ、丈夫でたくましい体を育んでくれます。

さわやかなグレープフルーツ味は、お子さんが飲みつづけたくなる、うれしいポイント!一日1杯、成長期に必要な栄養をギュッと凝縮したフィジカルBで、成長をサポートする「のび活」を始めましょう!!

ごくごく飲んでスクスク育つ!フィジカルBをもっと知る

提供元:株式会社ランフォルセ掲載日:2016/08/01