イガイガ、ヒリヒリ……痛くてツライのどへの効率の良い対処法

菌とウイルスがツライのどの痛みを引き起こす

岡田昌子

監修:マオクリニック 院長岡田昌子先生

空調の効いた室内など乾燥した場所にいると、のどの乾燥を招き、体調不良の原因になりがち。違和感を感じたら早めにケアをして、悪化を食い止めることがポイントです。うがい薬やのど用のスプレーなど、殺菌作用のある商品がたくさんあるので、自分に合ったケア方法を見つけましょう。

のどの痛みや腫れが発症するメカニズム

のどが乾燥するメカニズム

「のどがイガイガ、ヒリヒリする」「唾さえ飲み込めない」「つらくて寝られない」……。

ツライのどの痛みや腫れの原因は、のどに付着した細菌やウイルスです。通常、のどに浸入した細菌やウイルスは、のどの粘液に付着。繊毛運動で粘液とともに外に押し出されます。

ところが、乾燥によってのどの粘液が減少すると、のどの繊毛運動も低下。細菌やウイルスに感染し、炎症を起こして腫れや痛みが生じるのです。

一年中のどは、菌やウイルスの感染リスクにさらされている

一年中蔓延する細菌とウイルス

生活環境の変化で、冬だけでなく一年中細菌やウイルスが蔓延しやすいのが現代。高気密・高断熱の住宅が増えたうえ、エアコンを稼働させる機会も多く、常に室内は乾燥ぎみです。夏はエアコンの使用により乾燥し、冬は気温と湿度が下がり乾燥。のども乾燥することによってバリア機能が低下し、菌が浸入してくる可能性があります。

のどを細菌やウイルスから守るためには、一年を通して乾燥を防ぐこと。乾燥したら、早めの対策が必要です。のどの違和感や痛みを感じたときは、がまんせずすぐに対策しましょう

※ドクターによる監修は、このスペースのみとなり、この部分のみ広告ではありません。また、他のスペースにおいてもドクターが掲載商品や特定商品への保証や購入等を推薦するものではありません。

のどの乾燥を防ぎ、細菌・ウイルスをブロックするには

のどの乾燥対策

湿度を保ちのどを守る予防策

室内では、加湿器で湿度を保つことを心がけましょう。外出先では、ぬれマスクがおすすめ。くしゃみによる飛沫感染を防ぐだけでなく、フィルターの水分が呼吸によって蒸気になり、のどを潤してくれます。また、のどあめで唾液の分泌を促すことも、のどの乾燥予防になります。

それでものどが痛くなったときの対処法

のどの乾燥を防ぎ、水うがいや手洗いをしっかり行っていても、完璧に細菌やウイルスを防ぐことはできません。のどのイガイガ、乾燥などの違和感をおぼえたら、医薬品ですぐに殺菌・消毒を心がけてください。

のどの細菌を殺菌する医薬品には、「うがい薬」「薬用のどあめ」「トローチ」「のどスプレー」などがありますが、効き目や使いやすさなど、それぞれ特徴があります。うがい薬や薬用のどあめは、のどの広範囲にいきわたり、おだやかに効いていきます。

のどのうがい薬やスプレーはどれも同じ?

のどが痛い女性

手軽なのどあめ?使い慣れたうがい薬?しっかり殺菌するには「スプレー薬」!

のどあめやうがい薬とは、まったく異なるアプローチをするのがスプレー薬。スプレー薬は、シュッと吹きつけるだけで、つらい痛みを感じる部分に直接当てやすい点がポイントです。水や唾液で薬液を薄めることがないので、細菌への殺菌力をしっかり発揮します。

また、うがい薬とは違い、水のない場所で使えるのもメリット。携帯しやすいサイズが多く、外出先でもこまめにケアできるのでおすすめです。

つらい痛みをともなうのどの症状には、スプレー薬が適しているといえるでしょう。

痛み対策するなら、配合成分の殺菌力に注目!

殺菌やウイルスに優れた効果を発揮するヨウ素

効果をしっかり見極めて、適切なのどのケアを

健やかなのどを保つためのうがい薬やスプレーは、それぞれ配合成分が異なります。代表的な有効成分は、「ヨウ素」「ポビドンヨード」「セチルピリジニウム塩化物水和物」「アズレンスルホン酸ナトリウム」の4つ。それぞれの特徴を知って、自分に適したものを選びましょう。

ヨウ素
優れた殺菌効果が特徴。人体に使える成分のなかでも、細菌やウイルスに対し、幅広く高い殺菌効果が期待できます。「殺菌作用が高い=刺激が強い」という印象がありますが、市販されている医薬品は、安全性が考慮された刺激の少ない処方になっています。
ポビドンヨード
ヨウ素約10%を含む化合物。比較的刺激性の少ない殺菌成分であるため、医療現場などでも広く使われています。
セチルピリジニウム塩化物水和物
殺菌効果は認められていますが、ヨウ素と比べるとウイルスへの効果は限定的。殺菌成分の中ではとくに刺激性が低く、中には妊婦さんでも使用できる製品があります。
アズレンスルホン酸ナトリウム
抗炎症効果があり、のどの腫れや痛みを抑える成分です。ただし、殺菌効果は認められていません。

それぞれの成分に特徴がありますが、殺菌やウイルスに対し幅広く優れた殺菌効果を発揮するのは、「ヨウ素」を含む製品といえるでしょう。効き目と低刺激性を両立させた「ヨウ素」は、今すぐどうにかしたいほどツライのどにも、ちょっとしたのどの違和感にも適しています。

のどがツライときは、直接ヨウ素で細菌・ウイルスを殺菌

ヘルスケア大学のおすすめ!「のどぬ~る」

小林製薬の『のどぬ~るスプレー』は、ヨウ素を配合したのどの殺菌・消毒薬。のどのツラさやイガイガの原因となる細菌とウイルスに直接はたらき、効果を発揮します。

スプレータイプだから、携帯していつでもどこでも使えるのがうれしいですね。また、5cmの長いノズルで、狙った患部に命中させやすい点も特長。薬液を誤って飲み込まないよう、薬液の飛び方までこだわっています。

「食事さえつらい」「声を出すのもツライ」……。日常生活に支障がでるほどのつらい症状にこそ『のどぬ~るスプレー』。高い殺菌力で、すばやくのど対策できます。早めの殺菌・消毒ケアで、忙しい毎日をすこやかに乗り切りましょう!

(ヘルスケア大学編集部)

のどの健康を守る「のどぬ~る」の詳細はこちら

提供元:小林製薬株式会社掲載日:2016/10/01