ポッコリお腹にさようなら しつこい便秘に 「酸化マグネシウム」のチカラ

便秘の原因と、便秘がもたらすさまざまなトラブル

梶原由美

監修:ジェネラルクリニック福岡 院長梶原由美先生

便秘になると、さまざまな悪影響を身体にもたらします。まずは、便秘とはどういった症状をさすのか理解しましょう。そして、自然に便秘を解消するためには、生活習慣の改善がとても大切です。

便秘になりやすい人の特徴

一般的に、便秘とは「便が固くなり、排便が困難となること」を言います。3~4日以上便通がなかったり、排便してもすっきりしなかったりするのは、便秘の代表的な症状。腸の内容物が大腸に長時間停滞し、水分が腸に吸収され、便が硬くなることによって起こります。

ただし、便秘の症状には個人差があり、一概に「このような症状があるから、便秘」とは言い切れません。基準になるのは、苦痛・残便感があるかどうか。何日間か便が出ていなくても、本人がスッキリしている場合もあります。排便があっても、残便感があり本人が苦痛を感じるようなら、便秘と言ってよいでしょう。

女性や高齢者は、特に便秘になりやすい傾向があり、日本人女性の約2人に1人は便秘に悩んでいるといわれています。女性の場合は、排便のための筋力が少なく、トイレを我慢しがち。さらに、女性ホルモンのバランスの乱れも、便秘と深い関わりがあります。黄体ホルモンの分泌量が多くなる生理前は、体内に水分をためこみやすくなり、大腸が食物の水分を吸収するのを促進。そのため、大腸の中の便は水分が減り、硬くなりやすいのです。

高齢者の場合は、筋力・腸の働きの低下、便意を感じにくいなどの理由で、便秘になりやすくなります。

便秘によるカラダへの影響

便秘になると、身体にさまざまな悪影響をもたらします。

排泄されるはずの便が腸に残ると、腸内に悪玉菌が増加し、発がん物質や発がん促進物質、活性酸素などの有害物質が大量に発生。そのため、肌荒れや慢性疲労、長い年月の間には、大腸がんを引き起こす原因になることもあります。

また、骨盤内の血行が悪くなり、全身までおよぶと、だるさや疲労につながることもあります。さらに、自律神経の働きが乱れるため、ますますイライラや不快感がつのる悪循環にも……。放っておくと、心身の健康を大きく損ねることになるので、注意しましょう。

※ドクターによる監修は、このスペースのみとなり、この部分のみ広告ではありません。また、他のスペースにおいてもドクターが掲載商品や特定商品への保証や購入等を推薦するものではありません。

便秘を自然に解消するには…?

運動・食事・水分が便秘解消のキホン

便秘を自然に治すためには、「適度な運動」「食生活の改善」「十分な水分」の3つが大切です。以下のようなポイントを押さえて、生活習慣を見直してみましょう。

(1)適度な運動
運動をすることにより、血液循環が改善されます。また、腸の働きが向上し、腸管運動が活発になり、排便がスムーズになります。
(2)生活の改善
規則正しい食事を第一に、栄養バランスの取れた食生活を心がけましょう。朝食をしっかり食べて、その後排便する習慣を身に着けると◎。海藻類・こんにゃく・果物類などの水溶性食物繊維は、腸内で水分を吸着し、便を柔らかくしてくれるためおすすめです。
(3)十分な水分
水分不足になると便が一層固くなるので、水分補給は忘れずに。特に、朝起きてすぐ水を飲むと、腸が刺激され動きが活発になります。

すぐに便秘を治したいときは医薬品。その注意点とは

便秘を自然に解消するためには、毎日の生活習慣を整えて、それを続けることが欠かせません。しかし、成果が出るまでにはある程度の時間がかかるので、急に便秘になったときは困ってしまうこともあるでしょう。

今すぐ治したい急な便秘のとき頼りになるのは、やっぱり便秘薬。ただし、ひと口に便秘薬といっても、「刺激性」と「非刺激性」の2種類があります。

「刺激性」の便秘薬は、腸を直接刺激してお通じをよくします。ただし、薬になれて効き目を感じにくくなったり、徐々に効かなくなったり、服用をやめると排便が止まることもあります。使用にあたっては注意してください。

便秘を優しく改善してくれるのは、酸化マグネシウムを主成分とした「非刺激性」の便秘薬。酸化マグネシウムは、インスタントコーヒーや、アーモンドなどにも含まれている成分。しかし、食品中に含まれている量は、便秘に効果があるほどではありません。

そこで、「酸化マグネシウム」の便秘薬を上手に活用すれば、便秘に効果的なのはもちろん、やさしく症状を改善するため、自然で心地の良い排便が可能となります。

酸化マグネシウムが便秘には効果◎!その訳は…?

酸化マグネシウムはどのように作用するの?

酸化マグネシウムの便秘薬は、便をやわらかくすることで、排便をスムーズにします。

酸化マグネシウムを服用すると、腸内の浸透圧が上昇。すると、腸の外側と同じ濃度にするために、腸管内に水分が引き寄せられます。水分が便をやわらかくするとともに、便のカサを増して腸に刺激を与え、スムーズな排便を促してくれるのです。

効果が緩やかで身体にやさしい!

効果のおだやかさも、酸化マグネシウムをおすすめする重要なポイント。

腸を直接刺激する刺激性の下剤は、腹痛や吐き気などの副作用がでることがあります。酸化マグネシウムの便秘薬なら、腸を直接刺激しないため、腹痛などの副作用が起こりにくいのです。

また、自然なお通じを促すので、長期的に服用を続けても、刺激性便秘薬のような習慣性がありません。クセになりにくく、薬に頼りっきりにならなくてすむというメリットも。お腹に緩やかに効くため、妊婦・高齢者・小児も服用可能です。

酸化マグネシウムの便秘薬を上手に活用して、すっきり快適な毎日を送りましょう!

酸化マグネシウム便秘薬でスッキリした毎日を!

ヘルスケア大学のおすすめ!「酸化マグネシウムE便秘薬」

腸を直接刺激しない非刺激性で、お腹にやさしく、クセになりにくい『酸化マグネシウムE便秘薬』。医療機関で広く使われている「酸化マグネシウム」の便秘薬を、より手に取ってもらいやすいよう一般用医薬品として開発した商品です。

ほのかなレモン風味で苦みをマイルドにし、飲みやすさもを追求。口に入れると錠剤がすぐにほぐれ、細かい粒子になるため、錠剤が苦手な方でも服用が容易です。1日1回就寝前に服用するだけで、つらい便秘をやさしく解消。自然なお通じで、すっきり快適な毎日を送りたい方、ぜひお試しくださいね。

(ヘルスケア大学編集部)

「酸化マグネシウムE便秘薬」についてもっと知る!

提供元:健栄製薬株式会社掲載日:2016/10/01