鼻炎・鼻づまりの原因洗い流して速攻スッキリ!痛くない「鼻うがい」を始めよう

過剰な免疫反応が引き起こす、アレルギー性鼻炎

稲葉岳也

監修:いなばクリニック 院長稲葉岳也先生

アレルギー性鼻炎によるくしゃみ、鼻水、鼻づまりは、仕事や家事などの日常生活に支障をきたすやっかいなもの。なぜアレルギーが起こるのか、免疫のメカニズムを知り、自分に合った対策を実践していきましょう。

免疫は、生体に備わる防御システム

アレルゲンの種類

私たちの体には、外敵から身を守るための免疫があります。免疫とは、体内に菌やウイルスなどの異物が侵入した場合に、抗体をつくって排除しようとするしくみのこと。

一度体の中にできた抗体は、皮膚や粘膜にある細胞の表面に存在し続け、再び外敵が浸入すると、結合して攻撃します。 アレルギーとは、この免疫が過剰反応している状態。本来は体に害のない花粉やホコリ、食べ物などを敵とみなし、かゆみや湿疹などを引き起こす化学物質を放出します。

こうしたアレルギーを引き起こす物質を「アレルゲン」といいます。

アレルギー性鼻炎は1年中起こりやすい

鼻腔内図版

通常、鼻に入った異物やアレルゲンは、鼻毛や粘膜によって外に押し出されます。

ところが、鼻が乾燥したり、異物やアレルゲンの量が増加したりすると、排出しきれず粘膜に浸入。アレルゲンと抗体が結合して、くしゃみ、鼻水、鼻づまりなどの症状が起こるのです。近年、住宅の高気密化によるハウスダストの増加や、複数種の花粉の飛散によって、鼻づまりやアレルギー性鼻炎は1年中起こりやすい環境になっています。

日常生活に支障をきたす鼻づまりやアレルギー性鼻炎は、早めの対処を心がけましょう。

※ドクターによる監修は、このスペースのみとなり、この部分のみ広告ではありません。また、他のスペースにおいてもドクターが掲載商品や特定商品への保証や購入等を推薦するものではありません。

手を洗うのと同じように、鼻の中も洗い流そう

ムズムズ予防法

接触したアレルゲンはしっかり洗い流す!

鼻づまりを防ぐには、マスクでアレルゲンや異物をブロックすることが基本です。ただし、どんなに気をつけていても、完璧にブロックすることはできません。そのため「洗い流す」ことも大事な対策です。

風邪が流行するシーズンに、こまめにうがいや手洗いを行うのは、菌やウイルスを洗い流すためですよね。目を洗うとスッキリするのも、異物やアレルギー物質が洗い流されるためです。同様に「鼻の中も洗い流す」ことを習慣づけましょう。

鼻の中を洗う「鼻うがい」

鼻の穴から食塩水などの洗浄液を注入し、鼻の中の異物やアレルギー物質などを洗い流すことを「鼻うがい」といいます。鼻は喉とつながっているため、鼻うがいをすることで、ただのうがいでは届かない喉の奥まで洗い流すことができます。

鼻がつらくなったときは、痛くない洗浄液で鼻うがい!

鼻うがいイメージ図

ちょっとの勇気でメリットいっぱいの鼻うがい

鼻づまりを放っておくと、鼻の中に膿(うみ)がたまって息がつまったり、臭いが発生することがあります。鼻の中をまるごと洗い流す「鼻うがい」を行い、つらい鼻づまりやムズムズ感の原因となる鼻水や異物を取り除くことによって、スッキリ爽快に!息もしやすくなるでしょう。

また、鼻のかみすぎで皮むけしたり、皮膚が赤くなったりするのも防げます。鼻がスーッとするので、眠りの質の改善も期待できます。

鼻うがいする上での注意点

ただし、「鼻の中を洗い流すなんて痛そう…」「しみるのでは?」という不安を持つ人も多いのではないでしょうか。痛くない、しみない鼻うがいのポイントは、体液に近い液体で洗浄することです。真水での鼻うがいは、痛くなったりしみたりするため行わないでください。

自分で生理食塩水をつくって鼻うがいすることもできますが、つくるのが面倒なうえ、濃度しだいでは痛みをともなう可能性もあります。鼻うがいは、適切な濃度に調整された「鼻うがい専用洗浄液」で行うことが重要です。

体液に近いから痛くない!『ハナノア』で手軽に鼻まるごとスッキリ!

ヘルスケア大学のおすすめ!「ハナノア」

『ハナノア』は、鼻うがい専用の洗浄液。体液に近い成分だから、鼻の奥がツンとしたり、しみたりすることがありません。鼻にノズルを入れるだけで、たっぷりの洗浄液でラク~にスッキリ洗い流せます。スーッと爽やかなミントの香りで、リフレッシュできるのも魅力!

鼻うがいが初めての方はシャワータイプ、しっかり洗い流したい人はレギュラータイプと、使い分けられるのもうれしいですね。使用者アンケート※では、「スッキリ感がよい」「痛くない」というレビューが目立ち、「使い続けたい」と答えた人はなんと89%以上!ムズムズが気になる毎日に、スッキリ気持ちいい鼻うがい習慣を始めませんか?
※小林製薬調べ

(ヘルスケア大学編集部)

鼻うがいについてもっと知りたい方はコチラ

提供元:小林製薬株式会社掲載日:2017/03/08