~自然の力を科学する~スーパーフードで全身パサつきしらず!つややかな美しさを手に入れよう

肌・髪・爪のパサつきは、タンパク質不足かも!?

馬渕知子

監修:マブチメディカルクリニック 院長馬渕知子先生

みずみずしくつややかな肌・髪・爪をキープするためには、毎日のケアが欠かせませんよね。でも、土台そのものがもろくなっていると、ケアしても手ごたえを感じにくく、ケアの結果も十分に発揮されないことがあります。肌・髪・爪をつくる材料となる栄養素の重要性と、上手な取り入れ方を知っておきましょう。

タンパク質が不足すると、土台からもろくなる

年齢を重ねるたびに、肌だけでなく、髪や爪など全身のパサつきが気になり始めることがありますよね。お手入れ不足や加齢などのほか、タンパク質不足も全身をパサつかせる要因のひとつになることがあり、要注意です。

タンパク質は、肉や魚、卵、大豆食品、乳製品などに多く含まれる栄養素。数ある栄養素の中でも、肌や髪、爪など、体をつくる重要な成分なのです。

タンパク質の摂取量が不足すると、肌の新陳代謝(細胞の生まれ変わり)が悪化し、新しい肌細胞ができにくくなります。さらに、新陳代謝の過程で生成される、水分や保湿物質の産生量が減少。すると、美肌の土台となる「水分を蓄える力」が弱くなり、保湿ケアしても乾燥しやすい肌になってしまいます。

また、髪や爪をつくる材料が不足するため、髪は細くスカスカになり、白髪や薄毛を招くことも。爪は乾燥し、割れやすくなります。

健康的な美しさの維持にタンパク質は欠かせませんが、単純に「摂取量を増やせばいい」というわけではありません。

20種のアミノ酸がタンパク質をつくる

食事から摂取したタンパク質は、一度体内でアミノ酸に分解された後、再合成してタンパク質になるものがほとんどです。ところが、約500種あるアミノ酸のうち、私たちの体をつくるタンパク質を合成できるアミノ酸はわずか20種。

そのため、ただタンパク質の摂取量を増やすだけでは、カロリーオーバーになってしまうことや、体が必要としている材料を過不足なくとれないことがあるのです。

ポイントは、20種のアミノ酸の含有バランスがいい食品をとること。余分な老廃物になることなく、効率よくタンパク質がつくられます。

過度な食事制限によるダイエット、栄養バランスが偏った食事をしていると、タンパク質を合成する良質なアミノ酸が不足してしまいます。タンパク質はもちろん、さまざまな栄養素を含む食材をバランスよく食べることが大切です。

※ドクターによる監修は、このスペースのみとなり、この部分のみ広告ではありません。
また、他のスペースにおいてもドクターが掲載商品や特定商品への保証や購入等を推薦するものではありません。

タンパク質のモトたっぷり!美人に愛されるスーパーフード

良質なアミノ酸がキレイの秘訣

芸能人やモデルなど、美意識が高い女性たちに人気のスーパーフード。スーパーフードは、一般の食品よりも良質なアミノ酸を多く含む、主に植物由来の食品を指します。

また、アミノ酸だけでなく、摂取した食べ物の分解や合成を助けるビタミンやミネラルもたっぷり。美と健康に役立つ栄養成分を、効率的に摂取することができるため注目されています。

スーパーフードをとるなら、単体で食べるだけではなく、数種類を組み合わせたサプリメントもおすすめ。良質なアミノ酸を、よりバランスよく摂取しやすくなります。

外側からも取り入れたいスーパーフード

アミノ酸のはたらきは、タンパク質を合成するだけではありません。肌の水分を保持する天然保湿因子(NMF)の大半を構成する成分でもあるのです。そのため、アミノ酸を豊富に含むスーパーフードを、スキンケアやヘアケアに利用している製品も登場しています。

スキンケアやヘアケア製品に含まれるアミノ酸は、保湿成分としてはたらき、肌や頭皮のうるおいをキープ。頭皮環境が整うと、髪がしっかり立ち上がり、ボリュームアップしやすくなります。また、傷ついた髪を補修し、しっとりつるつるにしてくれる役割も。

さらに、もっとみずみずしくすこやかな肌・髪・爪をはぐくむためにプラスしたいのが、アミノ酸と相性のいい「ビオチン」です。

スーパーフードのはたらきを引き出すビオチン

ビオチンがタンパク質の合成を体の内側からサポート!

ビオチンとは、ビタミンB群の一種「ビタミンB7」のこと。
・皮膚や粘膜をすこやかに保つ
・コラーゲンの生成を助ける
・ヒスタミンの産生を抑え、皮膚のかゆみ抑制する
などのはたらきが期待できます。卵黄や大豆類、果実類などに含まれており、髪にハリ・ツヤを与える成分として、シャンプーやトリートメントに配合されることも。

また、ビオチンは、アミノ酸代謝(タンパク質の分解から再合成)に関わる酵素・カルボキシラーゼのはたらきを助ける「補酵素」としてはたらきます。

ビオチンは、自然がもたらしたスーパーフードの力を後押しする頼もしい成分。スーパーフードと一緒に取り入れるのがおすすめです。

どれを選ぶ?いま注目のスーパーフード辞典

みずみずしく、つややかな美しさのために

さまざまな種類があるスーパーフード。中でも、女性にとってうれしい成分を含む3種類に注目してみました。

●ザクロ
タンパク質の分解・合成を助けるビタミンB1、B2が豊富。ビタミンC、エラグ酸も含むので、ハリのある若々しい美しさの維持にも役立ってくれます。スキンケアやヘアケアの保湿成分としては、頭皮や毛髪をすこやかに整えます。
●アサイー
ブラジル原産のヤシ科の果実で、抗酸化作用があるため、肌や頭皮をすこやかに整え、エイジングケアに役立ちます。ポリフェノール、ビタミンCが豊富で、ビタミンB群、食物繊維が一度にとれるのもうれしいですね。
●スピルリナ
海藻類の一種で、50種以上の栄養素を含んでいます。体内で合成できない必須アミノ酸もたっぷり。保湿成分として、外側から頭皮と毛髪にうるおいを与えるはたらきもあります。

「スーパーフード」と「ビオチン」で、キレイの土台づくりを。体の内側・外側から、生命力に満ちた、みずみずしい美しさを目指しましょう!

(ヘルスケア大学編集部)

スーパーフードとビオチンを効率よく取り入れるなら?

提供元:株式会社スーパーフードラボ掲載日:2017/06/01