ウイルス・菌に夏休みなし!ママの心得「除菌習慣」

冬だけじゃない!夏も暗躍する風邪ウイルス

梶原由美

監修:ジェネラルクリニック福岡梶原由美先生

ウイルスや菌は、冬だけではなく1年中存在します。夏は、厳しい暑さで体力が落ち、夏風邪にかかると長引くことも。しっかり食べてよく眠り、免疫力をつけておくことはもちろん、ウイルスや菌の対策も重要です。うがいや手洗いに加えて、室内の空気にも気を配りましょう。

子どもが感染しやすい夏風邪ウイルス

感染症カレンダー

湿気があり気温も高い夏は、冬に比べて風邪対策がおろそかになりがちです。ところが、風邪ウイルスは、冬だけでなく1年通して存在するため油断禁物。特に、夏に活性化するウイルスは、子どもに感染しやすい種類があるので注意してください。代表的な夏風邪では、次のような症状が現れます。

手足口病
手のひらや足の裏、指の間に米粒ほどの水ぶくれができ、微熱がでるケースも多くみられます。
ヘルパンギーナ
高熱、食欲不振が主な症状。嘔吐をともなうこともあります。
咽頭結膜熱(プール熱)
寒気や高熱、のどの痛み、結膜炎などの症状が現れます。感染力が強いので、家族感染に注意しましょう。

体だけでなく室内の除菌も大切

風邪をひいて寝込む子ども

集団生活を送る時間が長い子どもは、外からウイルスや菌を連れてきやすいため、日頃からの予防が大切です。帰宅後のうがい、手洗いはもちろんのこと、冷房の使い方にも注意しましょう。

冷房で乾いた室内では、鼻やのどの粘膜が乾燥し、ウイルスや菌が付着しやすくなります。50~60%の湿度を保ち、適宜換気を心がけてください。

また、感染した家族のくしゃみ(飛沫)が家具やドアノブなどに付着することで、接触感染することもあります。居住空間の除菌も大切なポイントです。

※ドクターによる監修は、このスペースのみとなり、この部分のみ広告ではありません。
また、他のスペースにおいてもドクターが掲載商品や特定商品への保証や購入等を推薦するものではありません。

居住空間のウイルスと菌を除去するには

ウイルスや菌が浮遊しやすい場所

日常から清潔に保ちたい水周りと玄関を重点的に

空間を除菌する製品には、置き型タイプやスプレータイプなどがあります。初めて使うなら、持ち運べるスプレータイプがおすすめです。

とくに除菌に気を配りたい場所はトイレ。水を流すときに、ウイルスや菌を広げてしまうケースがあるためです。家族の食事をつくるキッチン周り、手洗い・うがいを行う洗面所周りも、日常から清潔な環境を保っておきましょう。ウイルスや菌の浸入口となる玄関も、しっかり除菌しておきたいですね。

そして、どんなスプレーを選ぶかも大事なポイントです。

ウイルス除去・除菌ができる二酸化塩素分子

二酸化塩素分子がウイルスと菌を除去するしくみ

一般的な除菌スプレーと空間除菌スプレーの違い

一般的な除菌スプレーは、物の除菌・消臭が目的で使われています。一方、空間除菌スプレーは、「物」だけでなく「空間」にもスプレーできるのが特徴。空間のウイルスや菌を、直接スプレーして除去することができます。

それを可能にするのが、二酸化塩素分子のはたらき。空間中のウイルスや菌に直接作用し、特定のアミノ酸を酸化して機能を低下させます。

二酸化塩素分子は、水道水の殺菌や小麦粉の漂白にも使用が認められている成分。空間除菌スプレーを選ぶときは、除菌力と安全面に配慮したスプレーを選びましょう!

うがい、手洗い、空間除菌で、1年中快適な空間を。

ヘルスケア大学のおすすめ!『クレベリン スプレー』

『クレベリン スプレー』は、製薬メーカーである大幸薬品が開発した空間除菌もできるスプレーです。特許技術により、二酸化塩素分子の濃度を長時間保つことに成功。空間に吹きかけると、二酸化塩素分子のチカラでウイルスや菌を除去します。もちろん、吐しゃ物や排泄物、物体にも直接スプレーして除菌することができます。

うがいと手洗いに加えて、空間除菌を毎日の習慣に。家族のために快適な空間をキープしましょう!

(ヘルスケア大学編集部)

※『クレベリン スプレー』『クレベリン ミニスプレー』:閉鎖空間でクレベリン スプレー噴霧により、空気中の二酸化塩素が特定の「浮遊ウイルス・浮遊菌」を除去できる濃度になることを確認。(大幸薬品調べ)
※ご使用になる広さ、使用条件により効果は異なります。すべてのウイルス・菌を除去できるものではありません。色物の繊維、皮革製品、毛皮等、色落ちの恐れがあるものにかからないように使用してください。(漂白する恐れがあります)

「クレベリン」について、もっと詳しく

提供元:大幸薬品株式会社掲載日:2017/06/23