メイン画像

風邪のひき始めにのどが痛くなる理由

森本 雅太

監修:森本耳鼻咽喉科 院長森本 雅太先生

冬は風邪をひきやすい季節。風邪のひき始めのサイン「のどの痛み」を感じたら、はやめに対策することが肝心です。正しい知識をもって、風邪を長引かせないように心がけましょう!

口と鼻からウイルスが侵入、のどの痛みに

のどが痛くなる理由

「なんだか、のどがイガイガする…」冬にのどの痛みを感じたら、それは風邪のひき始めのサインかもしれません。

風邪の主な感染経路は、飛沫(ひまつ)感染と接触感染です。飛沫感染とは、風邪をひいた人のくしゃみやせきの飛沫に含まれるウイルスを吸い込んで感染すること。接触感染とは、ドアノブや手すりなどの物を介してウイルスに接触し、感染することです。

飛沫感染は口と鼻からウイルスを吸い込むので、のどの粘膜から炎症が起きやすくなります。そのため、風邪のひき始めには「のどの痛み」を感じることが多いのです。

また、のどの粘膜は乾燥に弱く、冬はインフルエンザにもかかりやすいので要注意。さらに、のどから気管、気管支へと二次感染して悪化することもあります。

悪化するとつらい風邪。毎日うがい・手洗いをしていても、風邪をひいた経験をしたことはあるのではないでしょうか。

気をつけていてもひきやすい冬の風邪

のどの痛み

冬は気温の低下と空気の乾燥により、風邪の原因となるウイルスが活性化します。その上、くしゃみやせきに含まれるウイルスが一度地面に落ちても、冬の乾燥した空気の中では、再び舞い上がりやすくなっています。

また、何かと忙しい年末。無理をして体力が低下したところに、忘年会など人が多い場所に出かける機会も増え、風邪をひきやすくなります。風邪のひき始めのサイン「のどの痛み」を感じたら、はやめの対策が肝心ですよ。

※ドクターによる監修は、このスペースのみとなり、この部分のみ広告ではありません。
また、他のスペースにおいてもドクターが掲載商品や特定商品への保証や購入等を推薦するものではありません。

冬の風邪対策!基本をおさらい

冬の風邪対策

まずは体をいたわって!

「風邪かな?」と感じたら、まずは安静・保温・栄養摂取の3つを意識しましょう。

安静

一日中布団で寝ている必要はありませんが、長時間の労働や運動は禁物。ゆったり過ごし、早めに寝ることが大切です。

保温

体を冷やさないように、部屋全体を暖かくし、重ね着をしましょう。加湿器で適度な湿度に保つのも必須。冬の場合、温度は20~23度、湿度は50~60%がベストです。

栄養摂取

抵抗力を高めるために、人参・大根・ブロッコリーなど、ビタミンAやビタミンCを多く含む食材を食べましょう。ビタミンCを含み、体を温めてくれるホットレモネードを飲むのも◎。

上記を心がけて体をいたわるのはもちろんのこと、市販の風邪薬やのどあめを活用して、風邪の症状に対処しましょう。

市販薬を上手に利用しよう

のどあめやトローチは、一時的にのどの痛みを和らげるのに役立ちます。炎症を抑えるはたらきがある医薬品や医薬部外品がおすすめです。

また、症状が軽い風邪のひき始めには、ドラッグストアなどで手軽に買える市販の風邪薬を取り入れるのもよいでしょう。ただ、風邪薬はどれも同じだと思っていませんか?

風邪薬はどれも同じじゃない!ひき始めの正しい選択とは

葛根湯と銀翹散

症状に合わせて薬を選ぼう

さまざまな種類がある風邪薬。値段やイメージだけで「なんとなく」買っていると、自分の症状に合わない薬を選択をしてしまう可能性もあります。

たとえば、風邪をひいたときには「葛根湯(かっこんとう)」を服用する人が多いですよね。自然由来の漢方薬で、体にやさしいイメージがあり親しまれています。頭痛、鼻水、肩こりなど、ゾクゾクと寒気がする風邪には、葛根湯がおすすめです。

のどの痛みには、炎症を抑える銀翹散

風邪のひき始めに多いのどの痛みや、のどの炎症に効果を発揮するのが「銀翹散(ぎんぎょうさん)」。風邪によるせきやのどの乾き、頭痛にも効能・効果があります。

銀翹散は、10種の生薬からなり、そのうち抗炎症の作用を持つ生薬を6種も含んでいます。主薬として「金銀花」「連翹」を配合しており、のどの痛みの早期回復を助けます。

「のどからくる風邪」には銀翹散!

「大鵬かぜ内服液銀翹散(ぎんぎょうさん)」

「大鵬かぜ内服液銀翹散(ぎんぎょうさん)」は、のどの痛みを鎮め、せき、頭痛にも効く、すぐ飲める液体タイプの風邪薬。清涼感のあるメントール風味で、のどが痛いときでもさらっと飲めます。

また、10種の生薬配合で、体質を選ばない処方。眠くなる成分「抗ヒスタミン剤」は入っていないので、仕事中や運転前にもおすすめですよ。

冬の繁忙期や楽しいシーズンの「のどからくる風邪」は、銀翹散で乗り切りましょう!

大鵬かぜ内服液銀翹散(ぎんぎょうさん)
効能・効果:かぜによるのどの痛み・せき・口(のど)の渇き・頭痛

(ヘルスケア大学編集部)

「のどからくる風邪」には銀翹散!詳しくはこちら

提供元:大鵬薬品工業株式会社掲載日:2017/11/01