「空間除菌」で賢くウイルス・菌対策!大切な家族のために冬の猛威に備えよう

時期と感染経路をおさえて、今年の流行に備えよう

梶原由美

監修:ジェネラルクリニック福岡梶原由美先生

冬は、インフルエンザウイルスやノロウイルスが蔓延しやすい季節。手洗いやうがいなど、基本的な対策をしていても、家庭内で感染が拡大してしまうことも…。流行る時期と感染経路をおさえて、賢く対策しましょう。

今年はいつ来る?流行る時期をおさえよう!

感染時期

冬に大流行するインフルエンザやノロウイルス感染症。子どもや家族が感染しないか、心配なママも多いのではないでしょうか?

インフルエンザにかかると、1週間ほど学校や会社を休まなければならず、大変ですよね。また、家族の誰かが持ち帰ったウイルス・菌によって、家庭内で感染が拡大してしまうことも。家族の看病をしながら家事をするのは、ママにとってもつらい状況ですよね。

年末の12月には、ノロウイルスなどが原因の感染性胃腸炎がピークに。また、年明け1月になると、インフルエンザの感染者数が一気に増加する傾向があります。寒くなって冬を迎えたら、流行のピークはもう目の前!ピークが来る前に、しっかりと備えておくことが肝心ですよ。

どこからやって来る?3つの感染経路をおさえよう!

感染経路

ウイルス・菌の感染経路は3つ。以下の感染経路を通して流行が広がっていきます。

飛沫感染

感染している人が咳やくしゃみをしたときに排出する、ウイルス・菌を含んだ小さな水滴(=飛沫)を吸い込むことで感染します。子どもは学校で、大人は通勤電車や会社など、人が多く集まる場所で感染する機会が増えます。

接触感染

感染した人の手指や、ウイルス・菌が付着した物を介して感染します。家族が持ち込んだウイルス・菌が、ドアノブやタオルなどに付着していることがあるので注意しましょう。

空気感染

飛沫の水分が蒸発して乾燥すると、ウイルス・菌が小さな粒子(飛沫核)となって空気中を漂います。これを吸い込むことによって感染するのが「空気感染」です。リビングや玄関、トイレなどの密閉された居住空間には、ウイルス・菌が浮遊していることも。

冬を元気に過ごすには、感染経路を意識したウイルス・菌の対策を心がけましょう。

※ドクターによる監修は、このスペースのみとなり、この部分のみ広告ではありません。また、他のスペースにおいてもドクターが掲載商品や特定商品への保証や購入等を推薦するものではありません。

賢いママは始めている!居住空間のウイルス・菌対策

賢いママの対策法とは?

ウイルス・菌対策は、基礎的なものから上級者向けのものまでさまざま。特に小さい子どものいる家庭では、対策法を上手に組み合わせるとよいでしょう。

基礎編

日中はマスクをつけ、帰宅後は手洗い・うがいでウイルス・菌を遠ざけましょう。マスクは、隙間ができないように、サイズの合ったものをつけることが大切。手洗いは、爪や指の間、手首までしっかり洗いましょう。うがいは、口の中を2~3回ゆすいだ後、10~15秒のうがいを数回繰り返します。

中級編

十分な栄養摂取と休養で、ウイルス・菌に負けないカラダ作りを心がけましょう。冬野菜の小松菜は、抵抗力を高めるビタミンAやビタミンCを多く含むのでおすすめですよ。

上級編

居住空間に漂う空気中のウイルス・菌を減らしましょう。換気は、2箇所の窓を開けて、空気の通り道をつくると効果的。定期的に行いましょう

また、居住空間を清潔に保つなら「空間除菌」が◎。長時間過ごす場所や、ウイルス・菌が潜みやすい場所を除菌して、快適な空間づくりを心がけましょう。

居住空間の空間除菌なら「二酸化塩素分子」に注目!

「二酸化塩素分子」は、物だけでなく空間中のウイルス・菌に直接作用。特定のアミノ酸を酸化させ、その機能を低下させる働きがあります。この作用を利用して、水道水など身近なものの除菌にも使用が認められています。

一般的な除菌スプレーの中には、布類などの物を除菌・消臭することが目的で、空間除菌には向かないものもあります。空間除菌には、「二酸化塩素分子」を用いた除菌グッズを取り入れましょう!

使い勝手も大事!製品タイプと使用シーンをチェック!

二酸化塩素分子を用いた除菌グッズには、スプレータイプと置き型タイプがあります。目的に応じて使い分けましょう。

置き型タイプは、家族がよく過ごすスペースに

家族が集まって長時間一緒に過ごすリビングや、睡眠時にのど・鼻の粘膜が乾燥しやすい寝室に置くのがおすすめ。二酸化塩素分子は空気より重い成分なので、本棚の上などの少し高い位置に置きましょう。

スプレータイプは、気になる空間を除菌※したいときに

ウイルスや菌の侵入口となる玄関や、水を流すときにウイルス・菌が広がりやすいトイレの空間に使用するのがおすすめ。吐しゃ物や排泄物に、直接スプレーし、ウイルスを除去・除菌することもできます。
(吐しゃ物などは、紙タオルで被い、その上からスプレーしてください。)

二酸化塩素分子を用いた除菌グッズのなかでも、さまざまな商品ラインナップがあって使い勝手のよい「クレベリン」がおすすめです。

家族みんなで楽しい冬を過ごそう!

大幸薬品「クレベリン」

製薬メーカーである大幸薬品が開発した「クレベリン」。二酸化塩素分子のチカラがウイルス・菌、ニオイを除去※してくれます。また、特許技術により、二酸化塩素分子の濃度を長時間保つことが可能に。

クレベリン ゲル

気になる空間中のウイルス・菌を除去※したいときに役立つ、置き型タイプのゲル。部屋に置くと二酸化塩素分子が広がり、お手軽に空間除菌※ができます。

クレベリン スプレー

気になる空間中のウイルス・菌を除去※したいときに役立つスプレー。物にも直接スプレーして、ウイルス・菌を除去することが可能です。子どもの嘔吐など、いざという時のためにも常備してみては?

空間除菌でウイルス・菌対策!大切な家族のために快適な空間をつくりましょう。

(ヘルスケア大学編集部)

※「クレベリン ゲル」:閉鎖空間で二酸化塩素により特定の「浮遊ウイルス・浮遊菌」の除去を確認。
 「クレベリン スプレー」「クレベリン ミニスプレー」:閉鎖空間でクレベリン スプレー噴霧により、空気中の二酸化塩素が特定の「浮遊ウイルス・浮遊菌」を除去できる濃度になることを確認。(大幸薬品調べ)

ご利用環境により成分の広がりは異なります。また、ウイルス・菌・ニオイには除去できないものがあります。

クレベリンをもっと詳しく知る

提供元:大幸薬品株式会社掲載日:2017/12/01