ヘルスケア大学TOP>

シーズン到来!飲みすぎてつらい…うっかりさんの二日目対策とは?

シーズン到来!飲みすぎてつらい…うっかりさんの二日目対策とは?

昨晩お酒を飲みすぎて二日酔いで苦しそうな男性 昨晩お酒を飲みすぎで二日酔いで苦しそうな男性

二日酔いの一因は、全身の脱水症状だった!?

ヘルスケア大学編集部

気をつけようと思っていたのに、ついついお酒を飲みすぎてしまった…。翌日、二日酔いになって激しく後悔した方は多いのではないでしょうか。つらい二日酔いを悪化させる一因と、その対策を知っておきましょう。また、二日酔いとともに陥りがちな「水あたり」にもご用心!

脱水症状が引き起こす二日酔いのメカニズム

人の身体の体液中の水分と電解質のバランスの図。通常の生活では、適度な水分補給で、電解質のバランスが保たれており健康な毎日が過ごせる。一方、アルコールを摂りすぎると、分解のために水分が失われ、電解質のバランスが乱れてしまう

二日酔いの原因といえば、お酒の飲みすぎですよね。そのメカニズムはまだよくわかっていませんが、症状が悪化する要因のひとつが「脱水症状」です。

アルコールには利尿作用があり、お酒を飲みすぎると、本来必要な身体の水分が過剰に排出されてしまいます。お酒の席でトイレが近くなるのは、この利尿作用によるものです。

水分が排出されすぎると、脱水症状を引き起こし、体内の電解質のバランスが乱れてしまいます。この「電解質」とは、塩素イオン、カリウム、カルシウム、マグネシウムなど、身体のさまざまな調整を行うために必要なミネラルのこと。特に塩素イオンは、身体の水分量の調整を行う重要なはたらきを担っています。

また、胃腸から吸収されたアルコールは、肝臓において、つらい二日酔いの症状を引き起こす代謝産物「アセトアルデヒド」に分解され、さらに「酢酸」へと分解されます。代謝効率は血液の水分量によって決まるため、脱水が起こっていると代謝力が低下。血液中の代謝産物の濃度が下がりにくくなってしまい、つらい二日酔いを招いているのです。

回復の早道は、水分補給と胃腸ケアのW対策!

人の身体の体液中の水分と電解質のバランスの図。通常の生活では、適度な水分補給で、電解質のバランスが保たれており健康な毎日が過ごせる。一方、アルコールを摂りすぎると、分解のために水分が失われ、電解質のバランスが乱れてしまう

頭痛や吐き気などの二日酔いの症状を緩和するには、体内の水分バランスを整えることが重要!

お酒をたくさん飲んだときに大切なのは「適度な水分補給」と「胃腸の消化機能を整える」こと。

この2つを心がけて早期回復を目指しましょう。

※このスペースにある記述は、学術的見解を含めた一般論であり、特定商品の効果を謳っているものではありません。

多く摂ればいいわけでない?!水分補給で意識すべきこと

【大幸薬品(正露丸)】シーズン到来!飲みすぎてつらい…うっかりさんの二日目対策とは?

まずは、正しい水分補給方法を知ろう!

人間は普段の生活で、汗や尿として水分を排出しています。のどの乾きを感じるときは、すでに脱水症状が起こり始めているサイン。すばやく対処しましょう。

まずは、前日に飲んだ量と同量、もしくはやや多めの水分量を摂取することがおすすめ。ただし、消化器管が敏感になっている場合、更なる下痢や身体のむくみにもつながるため、一気に大量の水を摂取するのはNG。

一度の水分摂取量は150~200ml程度のコップ1杯にとどめ、必要な量を数回に分けてこまめに摂取するのがポイントです。

胃腸に負担のない水分摂取を!

暴飲した後の水分摂取で気を付けたいのは、カフェインや冷たい飲み物。コーヒーなどに含まれるカフェインにも利尿作用があるため、胃腸が正常でない場合は避けましょう。

また、冷たい飲み物は、胃腸に負担をかけるので、飲み物の温度は常温か温かいものが適しています。カフェインの少ないほうじ茶や麦茶、温かい味噌汁、常温の経口補水液やスポーツドリンクがおすすめ。

とはいえ、胃腸はまだまだ正常には機能していないことも…。弱った胃腸がなりがちな「水あたり」を回避するためにも、水分補給と同時に胃腸を整えましょう。

腸内の水分量を正常に。早めに市販薬に頼るのも一つの手!

【大幸薬品(正露丸)】シーズン到来!飲みすぎてつらい…うっかりさんの二日目対策とは?

過剰な水分摂取による「水あたり」とは?

暴飲によっておなかに不調が出たり、タポタポする不快な感じを「水あたり」といいます。

「飲みすぎて、水あたりになってしまったかも…?」そんなときは、市販の医薬品を早めに服用してみてはいかがでしょうか。

水あたりには木クレオソートが有効!

「木(もく)クレオソート」は、水あたり、食あたり、下痢、軟便の治療に用いられている生薬のひとつです。

腸管内の過剰な水分分泌を抑制し、腸から体内への水分吸収を促進※1するはたらきが期待できます。

また、大腸の過剰な蠕動(ぜんどう)運動を止めずに正常化するはたらきを持っています。腸管運動を完全に止めるわけではないため、便秘になりにくいのがポイント。成分のほとんどが胃から吸収されるため、腸内細菌に影響を与えないのも特徴です。

早めのケアで解決しよう!頼れる「正露丸」は選べる3タイプ

ラッパのマーク大幸薬品の「正露丸」シリーズ

「正露丸」シリーズは、100年以上前から常備薬として活躍する胃腸薬(第2類医薬品)です。腸管内の過剰な水分分泌を抑制し、腸から体内への水分吸収を促進※1するはたらきが期待できる木クレオソートをはじめ、複数の生薬を配合※2

においがなく、飲みやすい「セイロガン糖衣A」もおなじみですね。

そして、2017年4月には、すばやく溶ける液体カプセルの「正露丸クイックC」も発売されました。

宴会の多い年末年始はもちろん、夏場のオンシーズンにも活躍!水あたりや食あたり、下痢、軟便、はき下しのほか、むし歯痛※3のときにも有効ですよ。

(ヘルスケア大学編集部)

※1 ラット対象の試験において、腸管における水分吸収の促進が認められました。【Ogata N, et al. Pharmacology 1993; 46(3): 173-180】
※2 正露丸クイックCは木クレオソートのみ
※3 セイロガン糖衣A、正露丸クイックCには、むし歯痛の効能はありません。

提供元:大幸薬品株式会社

掲載日:2017/12/20

アンケートにご協力、お願いいたします。

商品/サービスについて理解することはできましたか?

商品/サービスを利用したいと思いましたか?