ヘルスケア大学TOP>

食べすぎていないのに胃がしんどい…がんばりやさんは「ストレス胃」にご用心!

食べすぎていないのに胃がしんどい…がんばりやさんは「ストレス胃」にご用心!

食べすぎていないのに胃がしんどい…がんばりやさんは「ストレス胃」にご用心! ヘルスケア大学ドクタータイアップ記事 食べすぎていないのに胃がしんどい…がんばりやさんは「ストレス胃」にご用心! ヘルスケア大学ドクタータイアップ記事

胃に負担がかかりやすい新年度

監修ドクター
teacher_180x240

北山 大祐 院長

きたやま胃腸肛門クリニック

日差しが暖かくなり、卒業や就職、転勤による引っ越しなど、新しい環境で新生活が始まる人が多い春。そんな時期に、胃痛や胃もたれなどの不調を感じたら、ストレス胃を疑ってみましょう。

不安や緊張で胃の不調がおこる「ストレス胃」

胃の不調の原因にはストレスや食べすぎなどがあげられる

胃痛や胃もたれの症状が出たとき、一般的な原因として考えられるのは、食べすぎや飲みすぎですよね。刺激の強い食べ物やコーヒーの過剰摂取なども関係しています。

しかし特に食生活に問題がないのに、頻繁に胃痛や胃もたれがする場合は「ストレス胃」かもしれません。

胃の活動には、自律神経のはたらきが大きく関わっています。

ストレスを受け続けることで自律神経が乱れると、胃の運動や胃酸分泌が過剰になったり、逆に胃の動きが悪くなって飲食物が停滞してしまったりすることがあります。その結果、胃痛や胃もたれ、胸やけや吐き気、嘔吐の症状が現れることがあります。

働き盛りは誰もが「ストレス胃」予備群!?

胃の不調の原因にはストレスや食べすぎなどがあげられる

生活環境が変わったときなどは、ストレス胃になりやすいので注意しましょう。

新入社員として入社したときや転職したとき、引っ越しして知り合いがいないとき、また出産して初めて育児を行うときなどがあげられます。

心配事を抱えがちな人はもちろんのこと、多忙で睡眠時間が短く、日頃の疲れをためやすい人も注意してください。ストレスは精神的なものでだけではなく、寝不足や過労といった身体的ストレスもあるためです。

胃の不調の原因に関する調査※では、20~30代男女の第一位は「ストレス」という結果に。ストレス胃は、誰もが抱えやすい身近な問題と言えるでしょう。

「たいしたことない、大丈夫」と我慢していると、胃の不調が慢性化してしまうことがあります。ストレス胃かもしれないと思ったら、早めの対処が必要です。胃腸薬を飲むときは、胃の不調はもちろんのこと、ストレスからくる自律神経の乱れの両方に対応するものを選びましょう。

※株式会社ネオマーケティング調べ

※ドクターによる監修は、このスペースのみとなり、この部分のみ広告ではありません。また、他のスペースにおいてもドクターが掲載商品や特定商品への保証や購入等を推薦するものではありません。

ストレスはため込まずに早めの対策を!

【太田胃散(太田漢方胃腸薬Ⅱ)】食べすぎていないのに胃がしんどい…がんばりやさんは「ストレス胃」にご用心!

こまめに発散しよう!

ストレスをゼロにすることは難しいもの…。うまくつきあうためには、こまめな発散を心がけることが大切です。忙しいときでも、隙間時間に行える簡単な解消法をご紹介します。

(1)両肩の筋肉をほぐすストレッチ
左右の腕を肩と同じくらいの高さまで上げ、腕全体を付け根からぐるぐると、内回り、外回りで10回以上回しましょう。デスクワークが多い人におすすめです。
(2)ストレス解消に効くツボ
両耳と鼻の延長線が交わる頭頂部(頭のてっぺん)にあるのが「百会(ひゃくえ)」と呼ばれるツボです。ここに親指の腹を当てて、ゆっくりと呼吸に合わせて押していきます。

仕事中の飲み物は、胃に負担がかからないよう、カフェインを含むコーヒーやお茶を控えましょう。おすすめはハーブティー。中でもカモミールティーはリラックス効果があるだけでなく、胃の粘膜を保護する物質が含まれているので、ストレス胃にぴったりです。

ほかにも、趣味に没頭したり好きな音楽を聞いたり、自由な時間を過ごすこともストレス解消に役立ちます。

ストレス胃にぴったりの胃腸薬とは?

胃痛や胃もたれ、胸やけ吐き気などのつらい症状があるときには、早めに胃腸薬でケアしましょう。

薬局やドラッグストアにはたくさんの胃腸薬があります。その多くは「総合胃腸薬」という種類の胃腸薬です。総合胃腸薬はさまざまな胃の不調に対応できるため、悩んだときには総合胃腸薬を選ぶと良いでしょう。

ただしストレスが原因と考えられるときや、食べすぎたり飲みすぎたりしていないのに胃の不調があるときには、自律神経の乱れを整えたり、リラックス作用が期待できる「漢方胃腸薬」がおすすめです。

ストレス胃に効果的な漢方処方「安中散加茯苓」とは?

【太田胃散(太田漢方胃腸薬Ⅱ)】食べすぎていないのに胃がしんどい…がんばりやさんは「ストレス胃」にご用心!

「安中散」+「茯苓」がはたらく!

「安中散(アンチュウサン)」は胃を元気にする生薬(ケイヒ・シュクシャ・リョウキョウ・ウイキョウ)、痛みやけいれんを抑える生薬(カンゾウ・エンゴサク)、出すぎた胃酸を中和する生薬(ボレイ)によって、ストレスによる胃痛や胃もたれなどの症状を改善します。

この安中散に精神安定作用のある「茯苓(ブクリョウ)」が加わることで、ストレスによる胃腸症状の改善はもちろん、不安な気持ちも緩和。適切に服用することで、自律神経の乱れも徐々に整っていきます。まさにストレス胃のための胃腸薬と言えるでしょう。

今すぐに不快な症状をなんとかしたい人はもちろん、ストレス胃を改善していきたい人にもおすすめです。

がんばる人には、太田漢方胃腸薬Ⅱ

「太田漢方胃腸薬Ⅱ」は、創業130年以上という歴史を持つ胃腸薬メーカー『太田胃散』が、ストレス胃のために開発した胃腸薬。抽出エキスと粉末を合わせた独自の製法で「安中散加茯苓」の効果を十分に引き出し、神経性胃炎、慢性胃炎による胃痛、胃もたれ、吐き気や嘔吐などに効果を発揮します。

飲みすぎや食べすぎでもないのに胃の不調を抱えている人、普段から胃腸が弱いという人におすすめ。服用しやすい錠剤と香りの良い散剤の2タイプからお選びいただけます。

分包タイプなのでバッグや引き出しの中に常備して、いつでも気になったときに服用できます。

(ヘルスケア大学編集部)

提供元:株式会社太田胃散

掲載日:2018/03/15

アンケートにご協力、お願いいたします。

商品/サービスについて理解することはできましたか?

商品/サービスを利用したいと思いましたか?