医療費控除ってなに?

医療費控除とは、1年間(1月1日〜12月31日)に本人または本人と生計を一にする家族のために合計10万円以上の医療費を支払った場合、一定金額の所得控除を受けることができる制度のことです。税務署へ確定申告することで、所得税の一部が還付され、翌年の住民税が減額されます。

ドラッグストアで買える薬も対象に

「あまり病院にはいかないから、医療費控除は関係ない」と思っていませんか?実は、病院で処方してもらった薬だけではなく「一般用医薬品」も医療費控除の対象になります。

一般用医薬品とは、薬局やドラッグストアで購入できる医薬品のこと。OTC医薬品や市販薬とも呼ばれています。また、家庭薬も一般用医薬品に含まれます。

家庭薬とは、一般用医薬品のなかでも長い伝統を持つ薬のこと。家庭に常備され、風邪や胃痛、すり傷や切り傷などに用いられることが多い医薬品です。

通院にかかる交通費なども対象に

医療費控除の対象になるのは、医薬品の購入費だけではありません。医療機関での診察料や、医療機関に通うために乗ったバスや電車、タクシーなどの交通費なども医療費控除の対象になります。

ただし、タクシーについては、夜間の診療や高熱時など、タクシーで通院せざるを得ない合理的な事情が必要となります。また、電車やバスと異なり、領収書が必要となる場合があります。

医療費控除の対象例
○ 対象になるもの × 対象にならないもの
医薬品 ●医師の処方箋により購入した医薬品
●治療のために購入した市販の医薬品
●病気の予防や疲労回復、健康増進のために用いられる医薬品(ビタミン剤など)
治療・療養 ●医師又は歯科医師による診療又は治療にかかった費用
●治療のためのあん摩マッサージ指圧師、 はり師、きゅう師、柔道整復師の施術費用
●異常が見つかり、治療を受けることになった場合の健康診断の費用
●診断書の作成費用
●予防接種の費用
●疲れを取るためのあん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師、柔道整復師の施術費用
●異常が見つからない場合の健康診断の費用
入院・通院 ●入院の際の部屋代や食事代
●通院や入院のための交通費(公共交通機関やタクシー)
●入院の際、自己都合で希望する差額ベッド代
●入院用に購入した洗面具や寝巻きの費用
●通院や入院のための自家用車の燃料費
その他 ●医師の証明がある場合のおむつの費用
●医師の証明がある場合のケアハウス使用料
●レーシック手術の費用
●通常の眼鏡、コンタクトの購入費
●転地療養のための費用

セルフメディケーション税制とは

セルフメディケーション(自分自身の健康に責任を持ち、軽度な身体の不調は自分で手当てすること)を推進するため、2017年1月1日に始まった医療費控除の特例がセルフメディケーション税制です。

税制の対象となる一般用医薬品の購入額が、1年間で1万2千円を超える場合に適用されます。また、控除を受けるための取り組みとして、特定健康検査、予防接種、定期健康診断、健康診断、がん診断のいずれかを受けている必要があります。

対象となるのは一般用医薬品の一部

セルフメディケーション税制の対象になるのは、一般用医薬品の中でも「スイッチOTC医薬品」に限られます。

スイッチOTC医薬品とは、医師が処方する医療用医薬品からドラッグストアなどで購入できる一般用医薬品に切り替えられた薬のことです。医療用医薬品としての使用実績があり、比較的副作用が少ないとされている成分を配合しています。

控除額に応じて制度を選ぼう

医療費控除とセルフメディケーション税制は、併用ができません。1年間の医療費の内訳に応じて試算し、控除額が大きいほうを選びましょう。

なお、医療費控除で申請する場合は、セルフメディケーション税制対象のスイッチOTC医薬品を含めることができます。

レシートや領収書は捨てずに保管しておこう

医療費控除、セルフメディケーション税制のいずれを選ぶにしても、控除を受けるためには確定申告を行う必要があります。確定申告書は国税庁のホームページで作成できます。

病院で発行された領収書や、薬局やドラッグストアで医薬品を購入した際のレシートは、捨てずに保管しておきましょう。

医薬品の用途や使用状況によっては、控除の対象にならない場合があります。控除の対象になるかどうかは、お近くの税務署にご確認ください。

医療費控除を賢く利用することで、自分や家族の健康を見直し、いきいきとした毎日を過ごしたいですね。

監修:社会保険労務士 山本慎一郎
参照:厚生労働省ホームページ

こんな家庭薬も医療費控除の対象製品[PR]

  • ※家庭薬であっても、用途や使用状況(治療目的以外の用途など)によっては、医療費控除の対象とならない場合があります。
  • ※掲載製品は、セルフメディケーション税制の対象ではありません。