OTC医薬品
の購入で
税金が戻る?

セルフメディケーション税制とは

2017年1月から、特例の医療費控除制度
「セルフメディケーション税制」がスタートします。

軽度の不調を早めにセルフケアすることで、
病気の悪化予防と節税が期待できる新制度。
この機会に、 医療費控除制度のしくみを知っておきましょう。

新しい医療費控除制度
セルフメディケーション税制とは

従来の医療費控除制度は、1年間(1月1日~12月31日)に本人や生計を一にする家族が負担した医療費を合計し、10万円を超えた場合に適用されます。確定申告により、所得税の一部が還付され、翌年の住民税が減税されるというしくみです。
2017年1月から新たに始まる特例の制度「セルフメディケーション税制」では、特定の成分が含まれているOTC医薬品の購入額が、年間1万2千円を超えた場合に適用されます。上限金額は8万8千円で、購入した本人だけでなく、生計を一にする家族の購入額も含まれます。

セルフメディケーション税制の対象となる
OTC医薬品を知ろう

OTC医薬品とは、薬局、薬店、ドラッグストアで購入できる市販薬をいいます。
対象となるのは、医師によって処方される医療用医薬品から、市販のOTC医薬品に転用したスイッチOTC医薬品です。
スイッチOTC医薬品は、すでに使用実績があり、比較的副作用が少なく安全性が高い、とされている成分を配合しています。

セルフメディケーション税制の
適用対象となる人

セルフメディケーション税制を利用するには、購入金額以外にも条件があります。
  1. 健康の維持増進や疾病予防を目的として、特定健康診査、予防接種、定期健康診断、健康診断、がん検診を受けている人
  2. セルフメディケーション税制の対象として認められているOTC医薬品を購入した人
この2点を満たすことが条件です。

どのくらいの税金が、どうやって戻る?

対象となるOTC医薬品の年間購入額(1月1日~12月31日)が、1万2千円を超えた場合に限り、「超えた分の金額×所得税率」が還付され、「超えた分の金額×個人住民税率」が減税されます。
ただし、超えた分の金額の上限は8万8千円で、生計を一にする家族の購入額も含まれます。
確定申告をする必要がありますので、OTC医薬品購入時にレシートや領収書を必ず受け取って保管しておきましょう。確定申告書は国税庁のホームページで作成することができます。

医療費控除を受けるときの注意点

従来の医療費控除制度と、特例のセルフメディケーション税制は、同時に利用できません。
どちらの制度を適用するかは、自己選択です。じっくりと考えたうえで申告しましょう。
また、すべてのOTC医薬品が控除の対象となるわけではありません。対象となるOTC医薬品のパッケージには識別マークが表示されます。購入時にチェックするとよいでしょう。

掲載日:2016/11/29