認知症

1 記事

認知症は、脳の細胞が死んでしまったり、働きが悪くなってしまうことで、記憶障害、見当識障害、理解・判断力の低下、そして実行機能の低下など様々な障害が起こり、生活するうえで支障が出ている状態を指します。認知症のタイプは複数あり、「アルツハイマー型認知症」「脳血管性認知症」「前頭側頭型認知症」「レビー小体型認知症」「パーキンソン病」などが代表的です。その中でも、アルツハイマー型認知症と脳血管性認知症で全体の約80%を占めます。認知症の治療は薬物療法とリハビリテーションがメインです。しかし、現在完治する治療法は存在せず、進行速度を遅めたり、症状を軽減させる内容の治療が行われています。

  • 「認知症」のカテゴリを選択する