二日酔い

25 記事

二日酔いとは、自身の代謝能力以上のアルコールを摂取した結果起こる、就寝した翌朝の頭痛や胸やけ、吐き気などの不快な症状を指します。自身の分解能力や許容範囲を超えた量のアルコールを摂取することで、肝細胞において有害物質アセトアルデヒドが十分に処理されず、アルコールとともに血液から全身にまわることで、頭痛や吐き気などが引き起こされます。また、お酒による胃腸の障害や脱水なども、二日酔いの原因となります。二日酔いがひどくなると、肝臓における脂肪の蓄積、アルコール性の急性胃炎の発症、自律神経のバランスの狂いによる動悸、また血中の水分や電解質のバランスの崩れなど、全身に影響を及ぼすこともあります。

  • 「二日酔い」のカテゴリを選択する