かかと・足裏・指・爪

4 記事

「足の裏」は、血液循環や新陳代謝に深く関係があり第2の心臓と言われています。そして、足の裏の一番後ろ側が「かかと」で、歩行するうえで大切な役割を果たしています。「指」は、手や足の末端部分にあり、関節のある骨格も含みます。その指の先端にあるのが「爪」で、指先の保護をはじめ、力を加える、上手く歩いたりするために大切な働きをしています。ここでは、立つ、歩く、掴む、書くなど、人間の基本行動で不可欠な「かかと」「足裏」「指」「爪」に発生する症状、病気、トラブルの原因、そして治療法について解説しています。

  • 「かかと・足裏・指・爪」のカテゴリを選択する