更年期障害

6 記事

更年期障害とは、卵巣の機能低下に伴うエストロゲンの減少が原因で、ホルモンバランスが崩れることによって起こります。女性の場合、閉経(50歳前後)を境に発生することが多いです。男性の場合は、40歳以降、加齢やストレスなどにより、男性ホルモンのテストステロンが低下することで発生します。また、更年期障害の主な症状は女性の場合、「動悸」、「血圧の激しい上下」、「ホットフラッシュ」、「頭痛」、「めまい」、「うつ病」などが見られる。男性の場合、「性欲の低下」、「勃起不全(ED)」、「うつ病」、「睡眠障害」などの症状が見られる。

  • 「更年期障害」のカテゴリを選択する