逆流性食道炎

7 記事

逆流性食道炎(ぎゃくりゅうせいしょくどうえん)は、強い酸性である胃酸や、十二指腸内の腸液が食道まで逆流することで起こる疾患です。主に、酸で食道の粘膜が刺激されることによる痛み(胸焼け)や、ムカつきなどの症状が出ます。重傷になると、潰瘍や腫瘍ができる場合があるため、普段から過食や、食後すぐに横になるなどの行為は避けて、消化のよいものを食べると良いとされています。また、過度のストレス、喫煙、飲酒なども原因のひとつと言われています。

  • 「逆流性食道炎」のカテゴリを選択する