睡眠時無呼吸症候群

11 記事

睡眠時無呼吸症候群とは眠っている間に呼吸が止まる病気です。医学的には10秒以上呼吸が止まった状態を「無呼吸」とよび、無呼吸が一晩(7時間の睡眠中)に30回以上、もしくは、睡眠1時間あたり平均5回以上起これば、睡眠時無呼吸症候群とされます。睡眠中に呼吸が止まることで、眠りが浅くなり日中に居眠りをしたり、集中力が欠けて思わぬ事故を起こしてしまうこともあります。それ以外にも狭心症や心筋梗塞、脳出血、脳梗塞などを引き起こす可能性もあるので注意しましょう。

  • 「睡眠時無呼吸症候群」のカテゴリを選択する