口内炎

26 記事

口内炎は、口腔内にできた潰瘍や水泡のことを指し、特定の部位にできる炎症(口角炎、口唇炎、舌炎、歯肉炎など)ではないものを総称して呼んでいます。口内炎を発症する原因は様々で、免疫力低下による「アフタ性口内炎」、噛んでしまった刺激などが原因で起こる「カタル性口内炎」、食べ物や薬物のアレルギー反応による「アレルギー性口内炎」、喫煙によって熱にさらされてできる「ニコチン性口内炎」、最近やウイルスによる「ウイルス性口内炎(ヘルペス性、カンジダ性)」などがあります。いずれも、口腔内の粘膜を維持するために必要なビタミンなどの栄養が不足したり、疲れによって免疫力が低下したりすることで炎症を引き起こします。

  • 「口内炎」のカテゴリを選択する