チック症(トゥーレット症候群)

4 記事

チック症とは、乳幼児期から学童期の子どもに見られる病気で、一種のクセのようなものとされています。まばたきや首振りをくりかえす運動性チックと、咳払いや奇声をくりかえす音声チックとがあり、併発することも多く見られます。ほとんどの場合は大人になっていくまでに症状が消失するとされていますが、まれに大人のチック症もあります。

  • 「チック症(トゥーレット症候群)」のカテゴリを選択する