5181名の医師が参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook

医学博士 市田祐之 - プロフィール

市田祐之

この先生をフォロー

クリニック訪問

医療法人きびたき会

福島県 郡山市駅前2-3-10
セントラルビル6階
024-934-1222
http://www.keisei.ne.jp/

日本美容外科学会 認定専門医
日本形成外科学会 認定専門医
日本臨床皮膚外科学会 認定専門医
日本抗加齢医学会 認定専門医
順天堂大学医学部大学院卒業

経歴

■ 平成09年 順天堂大学医学部卒業
■ 平成09年 順天堂大学形成外科形成外科入局 
■ 平成14年 加曾利病院形成外科勤務
■ 平成15年 石井病院形成外科勤務
■ 平成19年 順天堂大学医学部大学院卒業
■ 平成22年 順天堂大学医学部形成外科非常勤講師

学会発表など

 主な学会発表(日本形成外科学会)
■ 2005年|「端側神経交叉移植による再神経支配後の二重神経支配メカニズム」
■ 2006年|「遠位端側神経縫合部における二重神経支配のメカニズム〜縫合時期を変えたモデル群の比較検討〜」
■ 2007年|「バルーンカテーテルを用いた頬骨骨折の整復法」(形成外科手術手技研究会)

 主な医学論文(日本形成外科学会誌)
■ 1999年|「刺毒魚エイの刺傷による下腿潰瘍の1例」
■ 2003年|「二つの上口唇小帯をもつ正中部口唇裂の1例」
■ 2007年|「小指による鼻骨骨折整復術」
■ 2009年|「上口唇小帯に着目した、真と偽の正中唇裂の特徴」

 主な医学論文(雑誌 形成外科)
■ 2002年|「先天性鼻孔部瘻孔の1例」
■ 2008年|「バルーンカテーテルを用いた頬骨骨折における頬骨体部の整復法」
■ 2009年|「血腫除去に有用なシリンジ陰圧法の考案」

 主な医学論文(英語論文 J. Craniofac. Surg.)
■ 2002年|「Surgical treatment of aplasia cutis congenita of the scalp associated with bilateral
coronal synostosis」 
■ 2008年|「A repositioning technique for nasal fracture using the little finger」

【市田先生からのご挨拶】

「私は大学病院等の形成外科で11年勤め、その後6年間大手美容外科に勤務し都内の主要分院で院長を歴任させて頂きました。大学病院の形成外科では教員の立場でもあり、研修医や学生の指導も仕事です。医師として常に心がけ、また教員として後進に伝えてきた事は、「責任感を持った術者であれ」という事です。
実は、手術は医師にとっても大きなプレッシャーです。プレッシャーを感じる責任感と、それを突き抜ける勇気がなくてはならないと思っています。その勇気と自信は、今までたくさんの患者様の笑顔から頂きました。あなたの笑顔を見るために、私は医師として常に学び、常に前に進み続けます。まだ逢った事のない、大切なあなたの笑顔のために。」

気になる先生の情報を確認!フォロー機能を活用しよう。

フォロー機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの先生をフォロー

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

スキンケア大学へのご意見・ご感想

このページはお役に立ちましたか?
皆様のご意見・ご感想をお聞かせ下さい。

※いただいたご意見・ご感想に対してのお返事は差し上げておりません。

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート