注目の美肌食材はかぼちゃ!

栄養素と美肌効果
老化を促進させる要因のひとつに酸化ストレスがあげられます。つまり、酸化を防いでくれる抗酸化作用のある食材を摂ることが、エイジングケアには不可欠です。かぼちゃは抗酸化ビタミンA(β-カロテン)・C・Eを全て豊富に含んでいます。特に、β-カロテンは皮に豊富に含まれるので、皮は剥かずに切りましょう。また、油と一緒に摂ると効果も高まります。揚げ物や炒め物、マヨネーズやドレッシング和え等の調理方法がお勧めです。

注目の食材

バイオリズムグラフ

こんな時にオススメ
エストロゲンが減り、プロゲステロンの分泌が増加する黄体期は、紫外線の影響で細胞が酸化されやすい時期。この時期は抗酸化ビタミンA・C・Eが揃ったかぼちゃをオススメします。また、血行を良くし、体を温める作用のあるビタミンEを摂ることで、月経痛の予防にも繋がります。 1年のうちで紫外線の量が多い4~9月も積極的にとりいれましょう。

ピックアップレシピ

レシピ写真

かぼちゃのアンチョビソテー(2人分)

  • かぼちゃ

    150g

  • トマト

    1/2個

  • アンチョビフィレ

    10g

  • オリーブオイル

    小さじ2

作り方

  • 1かぼちゃは皮付きのまま約1.5cm角に切る。トマトは約1cm角、アンチョビは粗く刻んでおく。
  • 2フライパンにオリーブオイルとアンチョビを加えて弱火で熱し、アンチョビが溶けてきたらトマトを加え、トマトに火が通ったらかぼちゃを加えて炒める。
  • 3白ワインを加えてひと混ぜし、蓋をして約3分、弱火で温める。

この記事の監修者

管理栄養士・日本抗加齢医学会認定指導士篠原絵里佳 先生

同じ年齢でも若く見える人、老けて見える人がいますが、何が原因でこの差が生まれるのでしょうか。体の機能の老化が進めば、やがて見た目にも表れます。この老化の速度を緩やかにし、その歳で最高の健康を手に入れることができれば、見た目にも美しく若々しく歳を重ねる事が出来ます。これを「アンチエイジング」と言います。老化を決定しているものは、それまで送ってきたライフスタイル(環境)です。ライフスタイルの中でも、主に“食”を中心に、美しく歳を重ねるためのアンチエイジングの秘訣をお届けします。

ななつのしあわせミックスナッツ

Facebookもチェック

あなたのページを今すぐチェック

マイページ