乾燥肌の改善に必要な栄養

この記事の監修者

管理栄養士北川みゆき

乾燥肌

肌がカサカサと乾燥して化粧ノリが悪い時、外出なんてしたくない…。そんな思いをしたことはありませんか?

今回は、乾燥肌を改善するために必要なことや、積極的に食べたい栄養についてご紹介します。

乾燥肌の改善に必要なのは?

■保湿力を高める
肌の乾燥を防ぐためには保湿が必要不可欠。ヒアルロン酸には1gに約6リットルの保水力があり、肌をみずみずしく保つ働きがあります。ヒアルロン酸を含む食べ物には、動物の軟骨や骨、フカヒレなどがあります。

■新陳代謝を促す
肌の新陳代謝が低下している状態だと、古い角質が肌に留まり続け、乾燥肌の原因になります。新陳代謝を活発にする作用のある亜鉛は、牛肉、牡蠣、ほたて、卵、納豆、米などに多く含まれています。

■肌荒れを予防する
ニキビや吹き出物などの肌荒れには、ビタミンB2やB6を摂るようにするとよいでしょう。ビタミンB2はモツ、海苔、アーモンド、卵類、牛乳などに、ビタミンB6はモツ、卵類、緑黄色野菜、魚類などに多く含まれています。

■血行を促す
肌に必要な栄養は、全身の血液が運ぶことにより行き届きます。血行が悪くなってしまうことで栄養不足による代謝の低下が生じます。乾燥肌の改善には、血行促進作用のある食べ物を摂るようにしましょう。野菜・果物類などのビタミンCや、かぼちゃ、アボカド、アーモンド、落花生などの種実類に含まれるビタミンEがオススメです。

■老化を抑制する
老化を抑制するためには抗酸化作用を持つ食べ物を食べましょう。ビタミンEは毛細血管を広げ、老化を遅らせてくれます。ビタミンEは、上記の他にもモロヘイヤ、いくらなどに多く含まれています。

■皮膚の健康を保つ
健やかな肌を保つためには、様々な栄養が働きかけています。肌の健康を維持するビタミンC、正常な皮膚を作りだすビタミンA、さらに、ビタミンB6が細胞の再生を助け、皮膚の健康維持に働きかけます。
また、ミネラルの一種である銅も、肌を紫外線から守るメラニン色素の合成に働いており、健康な肌を保つ役割を担っています。ビタミンAは人参、かぼちゃ、ブロッコリーに、ビタミンB6はさんま、かつお、まぐろ、卵などに含まれています。

早めに食生活の見直しを!

以上のように、乾燥肌の改善や予防には食べ物が必要不可欠です。毎日のスキンケアと併せて積極的に栄養を摂るようにしましょう。

いますぐ読みたい

ななつのしあわせミックスナッツ

Facebookもチェック

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

カテゴリー

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン