グルテンフリー

欧米は食に対する意識が高く、健康に関しての流行に非常に敏感であり、これまでさまざまな食事法や健康法がブームとなってきました。野菜や果物を加熱せずに生のまま食べるローフードや、玄米菜食を中心としたマクロビオテックなど、その種類も多種多様です。そんな中、最近では“グルテンフリー”という方法がアメリカで話題になっています。今回は、グルテンフリーとはどんなものかについてご説明します。

グルテンフリーとは?

日本においても食や健康に対しての興味がある方にとっては、すでにおなじみかもしれませんが、グルテンフリーとは、グルテンを使わない食事療法のことをいいます。グルテンとは、小麦や大麦あるいはライ麦、オート麦などの麦類に含まれているたんぱく質の一種です。例えば、パンやうどん、パスタ、クラッカー、シリアルなどに含まれています。グルテンは食物に弾力や粘り気を出す働きがありますが、うどんにコシや膨らみがあるのも、このグルテンの作用によるものなのです。

現在、自然食品などを取り扱っている日本でもグルテンフリーと書かれた表示のある食品が置いてある店が増えてきていますが、特にアメリカの場合はグルテンフリーの食品が積極的に製造されており、認知度も非常に高いようです。それではなぜ、グルテンフリーが注目されているのでしょうか?

グルテンフリーが注目されている理由

グルテンは、食べるとアレルギーを引き起こす可能性があり、人によっては腸の疾患などを引き起こす恐れがあるといわれています。また、重篤になると小腸に炎症が起こり、体に必要な食べ物の栄養分を吸収することができなくなるセリアック病という病気が起こる危険性もあります。

元々、グルテンフリーはセリアック病や腸の疾患を予防することや、改善を図るために生み出された食事療法でした。しかし、特にアレルギー体質ではない健康な人々が、この療法を取り入れたところ、体の調子がよくなったとの口コミが広まりました。そのことにより、美や健康に対しての意識が高い人々にも注目され、流行したものとされています。