女性から人気の高いアボカドは、サラダや揚げ物、パスタなど非常にたくさんの料理に使用されていますが、実は肝臓の疲れにもよいことをみなさんご存知でしょうか?今回は、肝臓の疲れに効くアボカドの効果についてご紹介したいと思います。

肝臓の疲れはなぜ起こるのか

肝臓は、アルコールや食べ物の過剰摂取をはじめ、運動不足や睡眠不足などでも疲労します。ただ、非常に再生能力の高い臓器であるため、肝臓の機能が低下していてもなかなか気づくことができません。

そのため、肝臓は「沈黙の臓器」とも呼ばれており、気づいた時には肝臓の機能低下によって老廃物や毒素が身体の中に溜まりやすくなるだけでなく、疲れやすくなったりするなど、さまざまな不調となって表れるため、日頃から定期的に休ませてあげる必要があります。

アボカドに含まれる「グルタチオン」とは?

肝臓を休ませるためには暴飲暴食を避け、規則正しい生活をすることはもちろん、肝臓の機能を高める栄養分を補給することも大切です。

そんな時に役立つのがアボカドです。アボカドは非常に栄養価が高く、ビタミンやミネラルなどが豊富に含まれていますが、なかでも肝臓にとって重要な「グルタチオン」という成分が含まれており、カテキンやポリフェノールの数倍もの強い抗酸化力があるのです。

暴飲暴食、紫外線からのダメージによって発生してしまう活性酸素の除去だけでなく、シワやシミ、たるみなどが気になる方へのエイジングケアとしても役立つことから、医薬品やサプリメントなどでも幅広く用いられています。

アボカドを食べて肝臓の疲れを取りましょう

グルタチオンは、加齢や人工的な食品添加物の摂取、紫外線の影響によって減少してしまいますが、アボカド約1/2個の量でその効果が期待できるといわれています。