肌悩み

ある日突然、顔にできたニキビ。ばっちりメイクを決めても、何だかテンションが下がりますよね…。

ニキビができた時は洗顔を工夫することも大切ですが、適切な食べ物を摂ることによって、ニキビが改善する場合もありますし、その逆で、ニキビが悪化する可能性もあります。今回は、ニキビができた時に、意識したい食べ物についてご紹介します。

食べるのを控えたい食べ物

■糖分や脂肪分の多い食べ物
糖分や脂肪分の多いものを食べ過ぎると、皮脂の分泌が増加し、ニキビが悪化することがあります。スナック菓子やケーキなどのお菓子類、バターやクリームの摂取は避けるようにしましょう。

■刺激のある飲み物
コーヒーは遅い時間に飲んだり、飲み過ぎると寝つきが悪くなったり、生活リズムが狂ってニキビが悪化する可能性があります。さらに皮脂の分泌を調整するビタミンやミネラルを体外に排出させる働きがあるため、皮脂の分泌が増えてしまう場合もあります。胃腸の調子が悪くてニキビができている方は、内臓にも負担がかかるので注意しましょう。

また、アルコールも糖分が多く、皮脂腺を刺激するため控えましょう。

積極的に摂りたい食べ物

■ビタミン・ミネラルを多く含む食べ物
ビタミンB群の中でもビタミンB2、B6は、ニキビの原因となる脂質の代謝を促し、皮脂の分泌を抑制する働きがあります。特に卵や魚類、大豆やチーズなどがオススメです。さらに、抗酸化作用やコラーゲンの生成を促すビタミンCと一緒に摂ると、さらに効果はアップします。ビタミンCはいちごやレモンなど、果物類や緑黄色野菜に多く含まれています。

肌の新陳代謝を活発にする亜鉛も、ニキビを治すのに大切なミネラルです。亜鉛は牡蠣や玄米などに多く含まれています。こちらもビタミンCと一緒に摂ると吸収率がアップしますので、ニキビの撃退には、ビタミンB群や亜鉛などのミネラル類を意識した食生活を送るようにしましょう。