さくらんぼ

意外かもしれませんが、さくらんぼには虫歯を予防する成分が含まれています。今回はさくらんぼに含まれている虫歯予防効果ついてご紹介します。

虫歯を予防する成分とは?

砂糖不使用のガムや飲料水でも積極的に使用されているのが「キシリトール」や「ソルビトール」という成分。ソルビトールとは、ブドウ糖が変換されたことによって生成される糖アルコールと呼ばれる成分一種で、口の中に入れると何となく冷たい食感があるのが特徴です。

主な虫歯の原因は、口の中にいる細菌が糖質をもとに酸を作り出し、歯を徐々に溶かしていくことで起こります。ソルビトールには、口内にある酸への代謝をしにくくする性質があるため、虫歯になりにくい成分として歯磨き粉やうがい薬などさまざまな用途として使われています。

そしてさくらんぼにも、このソルビトールが豊富に含まれているのです。

ソルビトールを使うことでリスクも

虫歯の予防には万能のようにみえるソルビトールですが、実は近年の研究では砂糖を使っていないガムにも虫歯のリスクがあることが指摘され始めています。

確かに虫歯を減らす働きがありますが、そのまま口の中に入れた状態でいると、逆に歯のエナメル質にダメージを与えてしまう可能性があることも指摘されており、なかでもフルーツ味のものは避けるのがよいと言われています。

エナメル質へのダメージが起こる

歯の表面にあるエナメル質、正常な場合は硬いのですが、食べ物に含まれている酸が口の中にいつまでもとどまっていると、一時的にエナメル質が柔らかくなる性質を持っています。この状態のまま強いブラッシングや硬い物を噛み続けているとエナメル質が少しずつ削られていき、歯がもろくなってしまいます。

忙しい時はガムを噛んだり、うがいで済ませるだけでも予防になりますが、しっかりとした虫歯予防をするためには、日頃から正しい歯磨きの習慣を身につけることが重要です。