オリーブオイル

料理に使うだけでなく、スキンケア製品やサプリメントなどにも用いられているオリーブオイル。嬉しい効能がたくさんありますのでご紹介したいと思います。

オリーブオイルの働きとは

■コレステロールの低下作用
乳製品や動物性脂肪など、コレステロールを多く含む食品を長期間摂り続けていると肥満や動脈硬化、糖尿病、高血圧など生活習慣病の原因となる悪玉コレステロールが血液中に増加してしまいます。オリーブオイルに含まれているオレイン酸には、悪玉コレステロールを減少させ、善玉コレステロールを増加させる作用があるといわれています。

■抗酸化作用
脂肪は酸化すると、さまざまな病気の原因となる活性酸素と結合して遺伝子の本体であるDNAを傷つけ、がんや脳血管障害、心臓病、糖尿病などの原因となります。オレイン酸は酸化しにくい脂肪なので、がんや生活習慣病などを予防する効果が期待できます。また、オレイン酸以外にもビタミンEやポリフェノールなど活性酸素を抑制する栄養が豊富に含まれています。

■ダイエット効果
オリーブオイルの約7割を占めているオレイン酸は、脳の視床下部にある満腹中枢に働きかける作用があります。食事の1時間前にオリーブオイルをとることで、満腹感が起こりやすく無理せず食事の量を減らすことができるそうです。

■整腸作用
オレイン酸は小腸で消化吸収されにくい性質を持ち、腸に刺激を与えて動きを活発にし、便秘を解消する効果が期待できます。便秘がちな方は毎食前にスプーン1~2杯程度のオリーブ油をとると良いといわれています。

■美肌効果
オリーブオイルの色素成分であるクロロフィルは、体内の毒素を排泄するデトックス作用を持っており、ニキビや吹き出物などの炎症を鎮める働きがあります。

日常生活にオリーブオイルを

オリーブオイルは、その他にも白髪の予防、リウマチの予防などさまざまな働きがある非常に優秀なオイルです。毎日積極的に取り入れてみてはいかがでしょうか。