ヨーグルト

ヨーグルトは一般的に身体によい食べ物として知られていますが、具体的にはどのような効果が期待できるのでしょうか?今回は、ヨーグルトの効果についてまとめてみました。

ヨーグルトの効果とは?

■風邪やインフルエンザなどの予防・改善
病原菌に対して抵抗力を高めるための免疫細胞は、約6割が腸に集中しています。ヨーグルトに含まれている乳酸菌は、病原菌に対して高い攻撃性を発揮するナチュラルキラー細胞を活性化させることによって、風邪やインフルエンザなどの病原菌やウイルスから身体を守ってくれます。

■美肌効果
いきいきとした肌を作るためにはビタミンやミネラルをはじめ、皮膚の新陳代謝をアップさせる乳酸菌は欠かせません。ヨーグルトには、新陳代謝を活発にしてニキビや吹き出物などの肌荒れを防ぐビタミンA、ビタミンB2や、便秘を解消して老廃物を排出してくれる乳酸菌が豊富に含まれています。

■ダイエット効果
普段から便秘気味な方は、腸内に有害物質や悪玉菌が発生しやすくなるだけでなく、代謝も滞ってしまうため、不要な栄養分まで吸収してしまい太りやすくなる傾向にあります。ヨーグルトに含まれる乳酸菌には、悪玉菌の発生を抑え、腸内環境を整える働きがあるため、ダイエット効果が期待できます。

最近では米国においてカルシウムを大量に摂取することによって、脂肪燃焼効果が期待できるとの研究結果が発表されています。ヨーグルトに含まれているカルシウムは体内に吸収されやすい性質があり、乳酸菌の働きでその他の栄養素の吸収率が大幅にアップすることがわかりました。

■便秘の改善
ヨーグルトに含まれている乳酸菌には、ブドウ糖や乳糖を分解して乳酸を産生する働きがありますが、この乳酸が大腸の蠕動運動を活発にして排便を促すため、日ごろから便秘がちな方は積極的に摂取するのがよいでしょう。

■骨粗しょう症の予防
ヨーグルトに含まれているカルシウムには、歯や骨を強くする働きがあり、体内に吸収されやすい特長があります。

もちろん、ヨーグルトだけを食べても意味はなく、それぞれ適度にバランスよく摂りいれること、他のものでお腹を満たすのならばヨーグルトに差し替えるなどの心掛けが大切です。