老化のもととなるAGEs(終末糖化産物)を溜めない生活

この記事の監修者

管理栄養士北川みゆき

AGEs(終末糖化産物)を溜めない生活とは

シワやたるみなどお肌の表面的な変化は、体内の老化が非常に密接に関係しており、この原因と言われている物質を「AGEs(エイジス、エイジズ)=終末糖化産物」と呼んでいます。この「AGEs」とは、一体どのようなものなのでしょうか?

AGEs(終末糖化産物)とは

AGEsはタンパク質と糖が加熱されるとできる物質で、肌の老化や脳の老化に伴う認知症をはじめ、AGEsの蓄積場所によっては脳梗塞や心筋梗塞などの脳血管障害、白内障、骨粗鬆症など、身体のあちこちで悪影響を及ぼす毒性のある物質と言われています。

AGEsを含む食べ物は私たちの周りに数多く存在しており、特に動物性脂肪食品を焼いたり揚げたような、唐揚げ、フライドポテト、ホットケーキなどに多く含まれています。

摂り込まれたAGEsは、身体の中である程度分解されますが、約7%は蓄積されてしまうそうです。

血糖値が高い状態が長期間続くと、糖尿病の危険があるだけでなく、AEGsの蓄積量が増えていきます。血液中のブドウ糖が過剰に溜まり、身体の組織を合成するタンパク質と結合することによってAGEsが生成されるのです。

AGEs(終末糖化産物)を溜めない生活とは

■清涼飲料水やお菓子類の過剰摂取を避ける
人工甘味料の入った飲料水やお菓子は、急速にAGEsを生成するため、過剰な摂取は避けましょう。特に「果糖ブドウ糖液糖」「果糖液糖」「異性化糖」の表示成分がある場合は注意が必要です。どうしても甘いものが食べたい場合は、食後のデザートとして軽く食べることをオススメします。

■食事を食べる順番を工夫する
サラダやきのこ、海藻類などの食物繊維を含んだ食品から食べて、最後にご飯類などの炭水化物を摂取することによって糖質の吸収を抑制する効果が期待できます。

■食事はよく噛んで腹八分目を心がける
早食いをすると急激に血糖値が上昇し、食べ過ぎも過剰な体内血糖が溜まる原因となります。それによってAGEsが作られやすい状態となるため、食事はゆっくりとよく噛んで食べ、腹八分目を心がけるようにしましょう。

■食後に軽い運動を行う
食事をしてから約30分後に20分から30分程度のウォーキングやストレッチなどの軽い運動をすることも、血糖の上昇を防ぐことができます。

いますぐ読みたい

ななつのしあわせミックスナッツ

Facebookもチェック

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

カテゴリー

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン