あんこう鍋

実は高級魚の「アンコウ」

冬場、茨城県の味覚としても有名な「アンコウ」は、高タンパクで低カロリーな身を持ち、「西のフグ、東のアンコウ」と言われるぐらい貴重な高級魚なんです。

「え、高級魚なの?」と思う方もいるかもしれませんが、実はアンコウは養殖ができない魚なのです。これは、アンコウが住んでいる深海を再現することが難しいこと、与えられた餌は食べないとことが原因だそうです。

漁をしても、なかなか網にかからないし、柔らかい身の鮮度を保つのが難しい。そんなことで高級魚と呼ばれるようになりました。

アンコウは、「吊るし切り」という独特の方法でさばきます。
その理由として、アンコウの身体のほとんどが水分とゼラチン質で出来ているため、まな板に載せて切る方法では、身が崩れて痛んでしまうからです。
また、雪をまな板にして切る「雪中切り」というさばき方もあるそうです。

アンコウは美容成分ぎっしり

見た目はグロテスクですが、味よし栄養よし、そして何よりも美容食としての効果が高いアンコウ。アンコウと言えば「アン肝」。魚版フォアグラですよね。

本物のフォアグラは、過剰に餌を投与して人工的に作り上げるのに対して、アン肝は天然です。脂肪分も不飽和脂肪酸なので、食べても身体の中に脂肪分が蓄積させることがなく、血液もサラサラになります。そしてDHA、EPA、ビタミンA、E、亜鉛も豊富なので皮膚トラブルを改善します。

アンコウは、頭の骨以外に捨てるところがない魚です。皮膚と軟骨にはコラーゲン、身は高たんぱくで低カロリー。美肌にもエイジングケアにもダイエットにも、全ての望みに対応するスーパー食材です。

アンコウは鍋かどぶ汁で

アンコウを食べるなら、鍋かどぶ汁がよいでしょう。アンコウの食べられる部分を全て鍋に入れ、野菜と一緒に味噌や醤油で弱火にして煮込みます。

水を一滴も使わず、アンコウと野菜の持つ水分のみで作るので、旨味と栄養が凝縮されます。焦げるのが心配な方はお水を少し足すとよいですよ。

締めは雑炊もよいですが、しょうゆ味の時は1日おいて煮こごり風にするのはいかがでしょう。汁をアクや具を取って少しキレイにし、ゆずの皮や三つ葉を入れてみてください。ゼラチンが多いのでキレイに固まります。個別で煮こごりを作るより簡単です。

アンコウは冬限定なので、お早めに試してみてくださいね。