サンデーロースト

ロースト料理で1週間の疲れをリセット

今回も「ロンドン」から。

東ロンドン「Livepool Street」駅や「Old Street」駅から徒歩圏のエリアであるハックニー地区。そこには「Huckney City Farm」という地域の農場があります。小動物と触れ合うこともできる憩いの場といった具合でしょうか。
そこに併設されているカフェで「サンデーロースト」が食べられるということで、訪れてみました。

「サンデーロースト」とは、文字通り、日曜日に食べるロースト料理です。イギリスの家庭では、今でも日曜に家族で伝統的なロースト料理を食べる習慣が残っており、レストランやパブの日曜限定メニューとしても存在しています。

ロースト料理なので、種類が限定されているわけではなく、チキン、ポーク、ビーフ、ラムなど、各家庭や店によってメニューは異なります。
この日は「Huckney City Farm」のカフェで「サンデーロースト」のチキンをセレクト。付け合わせは、チキンと一緒にローストしたオーガニックのキャベツ、ポテト、パースニップ。これらを自家製のグレービーソースで味わいます。

パースニップは日本ではなじみのない野菜ですが、欧米ではポピュラーな野菜のひとつで、ビジュアルは白いニンジン。食感もニンジンに近いですが、味はややほろ苦く、さっぱりしているので、グレービーとの相性は良。栄養面としては、免疫力アップのビタミンEなどが多く含まれているようです。

農場の中で食べるロースト料理というのは、ちょっとシュールですが、緑が多い、中庭で食べるランチは気持ちよかったです。

農場

次回もお楽しみに。