シャコ

冷凍食品も多く販売されるトスカーナの魚屋

今回も「イタリア Firenze」から。

「Mercato Sant Ambrogio(サンタンブロージョ市場)」の魚屋で、おどろいたのは生きたシャコが売っていたことでした。

日本の魚屋でもなかなか生のシャコはお見かけしないのですけど、イタリア人はどうやって食べるのかと思ったら、白ワインで蒸し焼きにし、殻を外して、トマトソースと合わせ、パスタソースにするのだそう。シャコのダシが出て、絶品なのだとか。

残念ながら、今回の滞在で食べる機会はなかったのですが、とても興味がわきました。いつか自分で作ってみたいと思います。

タコ

塩ダラ

その他にはタコやシーフードミックスなどの冷凍食品、イタリアやスペイン、ポルトガルでよく用いられる食材「塩ダラ」を水で戻し、すぐ使えるようにして販売していました。

シャコには元気をチャージするビタミンB1、抗酸化作用が高いビタミンE、肝機能を高めるタウリンも含まれているので、お酒をよく飲まれる方にはおすすめの食材です。

次回もお楽しみに。