ミョウガ

ミョウガを食べるとバカになる?

「ミョウガを食べるとバカになる」という言い伝え、昔からありますよね。なぜバカになるのか?色々な説がありますが“お釈迦様の弟子に物忘れがひどい僧侶がいて、その僧侶の死後、お墓からミョウガが生えてきた”が有力な説のようです。

また、“宿の主人が旅人にミョウガを食べさせ財布を忘れさせて帰そうとしたが、逆に宿の勘定を忘れられてしまった”というオチの古典落語もあるとか。

このようにミョウガはバカになるイメージが付きまといますが、実はその逆!頭がスッキリする働きがあるのです。

香り成分アルファピネンで頭スッキリ

頭がスッキリするのは、ミョウガに含まれるアルファピネンという香り成分の働き。このアルファピネンはヒノキの香りにも含まれおり、リラックスしながら血の巡りを良くするという効果があります。

また、アルファピネンには食欲増進や身体を温めながら、溜まった熱を排出するデトックス効果もあると言われており、冷房で冷え過ぎた身体にピッタリの食材と言えそうです。

ホルモンバランスを整える

中医学では、ミョウガは「血の巡りを良くし経路を整える」作用があると言われています。経路とは、ツボとツボを結ぶ線路のようなもので、経路が乱れるとホルモンバランスが乱れ、婦人科系のトラブルが起こりやすくなってしまいます。

そんな女性の悩みにも効果を発揮するのがミョウガ。食べるだけではなく、菖蒲湯のようにお風呂に入れるのも血管が拡がり、身体が芯から温まるのでオススメですよ。

良いミョウガの選び方

ミョウガは「色ツヤが良く、丸みがあり、先端が開いていないもの」を選びます。小さいものや先端が開きっているものはNGです。

薬味やハーブをプランターで育てる方が最近増えていますね。ミョウガはプランターでもOKで、あまり手をかけなくてもしっかり育ち収穫できますよ!ぜひチャレンジしてみて下さい。