日本で古くから親しまれ使われている“天然の植物”のちから

天然の植物にはどんな力があるの?

昔から民間療法で使われてきた天然の植物

日本では医療が発達していなかった時代、医薬品などなかったため、民間療法として天然の植物を病気やケガの治療に使ってきました。肌トラブルのケアやケガの治療、体の不調を整えたり、解毒として使われるなど、様々な方法で使われています。

そんな植物の中には、現在の医療でも原料として使用されているものも多く、有効性が証明されているといえます。

日本だけじゃない!世界中で使われている天然の植物

日本以外のアジア圏、西洋でも古くから民間療法に使われてきた天然の植物。中国では和漢植物、インドネシアではジャムウ、西洋ではハーブと呼ばれ、活用されてきました。
また、インドでも治療やリラクゼーションのために植物の力を取り入れています。

呼び名や活用の仕方に若干の違いはあるものの、世界中で天然の植物が私たちの健康や美容のために何千年も昔から使われてきたのです。その目的は同じで、健康の維持、体調不良のサポート、ケガをした患部のケアなどです。

※このスペースにある記述や解説は、学術的見解を含めた一般論であり、この部分のみ広告ではありません。
また、他のスペースにおいてもドクターなどが掲載商品や特定商品への保証や購入等を推薦するものではありません。

日本にある天然の植物ってどんなもの?

化粧品やお茶などに使われている代表的な天然の植物たち

日本で昔から親しまれている、代表的な植物をいくつか紹介します。

ヨモギ

食べる、飲む、つける、匂いをかぐ、燃やすなど、使い勝手が幅広いため様々なシーンで活用されてきました。食物繊維も豊富で、その量はほうれん草の約10倍といわれています。

ドクダミ

そのまま食べたり、お茶にして摂取することで、健康サポートが期待できるといわれています。また、葉には肌トラブルのケアにも期待できる成分が含まれています。

その他、女性の健康サポートとして今でも使われる「タンポポ」を原料にした成分、水分のバランスサポートが期待できる「オオバコ」、疲れには「イチョウ」、スキンケアとして「竹」や「月桃」なども活用されてきました。このような暮らしをサポートする植物成分は、ここでは紹介しきれない程たくさんあります。草花だけでなく「みかん、びわ、桃、柿、ゆず」などの果実なども含まれます。

乾燥や肌荒れのケア、肌にハリのサポートが期待できる植物のちから

数ある植物の中でも、身近な「ヨモギ」は、各地に自生しており、道端でもよく見かけることができます。香りが高いヨモギから抽出したエキスには、肌のうるおいや肌荒れのサポートが期待できるといわれています。さらに、食用としては食物繊維が豊富で、健康食としても注目されています。

独特の香りと白い花を咲かせる「ドクダミ」には、利尿作用をはじめ飲料として活用されますが、抽出したエキスは肌トラブルのサポートが期待できます。

果物では「みかん」にビタミンA、ビタミンC、クエン酸、食物繊維が豊富に含まれています。スキンケアとしては、βクリプトキサンチンという成分が注目されています。

昔から日本人の生活に身近な存在の植物

ヨモギ

お灸のもぐさの原料。お茶やヨモギ餅など食用としても使われている。最近では、韓国で大人気のヨモギ蒸しが日本でも注目され、肌トラブルや女性特有の悩みに活用されることもあるそうです。

ドクダミ

山菜として天ぷらにして食べられる他、乾燥させてドクダミ茶として飲用されている。肌荒れサポートとして化粧水や入浴剤、石けんの原料として使われている。

タンポポ

日本食の飾りつけや、お茶やコーヒーとして飲用されている。

ゆず

薬味として料理に使われたり、昔から日本では冬至の日に柚子湯として使う習慣がある。

このように身近にある植物が、今でもあらゆるシーンで使われています。すべての方に効果が期待できるわけではなく、科学的に証明されていない部分もありますが、古くから日本人の暮らしを支えてきた存在といえるでしょう。

スキンケア大学オススメ!自然の力がぎゅ〜っとつまった“飲める化粧水”

ひょうたん水の商品写真

ひょうたん水

ひょうたん水は天然の植物を煮出して作られている清涼飲料水ですが、材料の特質から化粧水として使用されている方も多いようです。
原料の植物は、大分県佐伯市で自然栽培され、葉の一枚一枚を手作業で収穫し、洗浄した後に煎じ出しています。アルコール抽出を含む一切の化学処理を施していません。
よもぎ、びわの葉、桃の葉、柿の葉、みかんの葉、どくだみの体を元気にする植物を使用。ミネラルたっぷりの、深層海塩も入っています。

天然の植物のチカラを借りて、肌をすこやかに保ち、肌荒れやトラブルを防ぎたい方、すっぴん肌を目指したい方におすすめです。

⇒こちらもオススメ ! ツヤツヤ・サラサラの黒髪になる「ひょうたんしゃんぷぅ」

商品詳細はこちらボタン

提供元:有限会社オフィス神河掲載日:2015/02/01