新型ビタミンを試して満足している女性

加齢による肌の変化。その原因は??

堀内祐紀

監修:秋葉原スキンクリニック堀内祐紀先生

ホクロ・イボ除去手術・ワキガなどの皮膚疾患をはじめ、スキントラブル治療、医療レーザー脱毛・医療痩身・男性型脱毛症など幅広い治療を行っています。IPL機器やレーザー機器をはじめとした最新の医療設備を積極的に取り入れ、患者様ひとりひとりに最適な治療法を提案させていただきます。

肌の衰えがシミ・くすみの原因?

肌の構造図

肌が衰える理由はさまざまな要因があり、それらが重なりあって症状として肌に出ます。しかも私たちの周りには常にリスクがあるのです。

主に肌の衰えは、内的要因の「年齢」「乱れた生活習慣」、外的要因の「紫外線」「乾燥」「過剰に発生した活性酸素」などがあります。

具体的には、紫外線によるメラニンの増加やシワ、毛穴の開き、抗酸化(還元作用)機能の低下などあり、肌のターンオーバーも遅れてしまいます。特に、角質層が乱れることによって症状として出るシミ、くすみ、真皮層のコラーゲンやエラスチンが不足し、肌のハリが無くなってできるシワ、たるみなど多くの女性が悩んでいることでしょう。では、これら肌の衰えに対向する手段はあるのでしょうか…。

肌に元気を与えるための重要な要素とは

肌を元気にするにはどうすればいいか?要素はシンプルで、「正しい知識」と「適切なケア」で防ぐことです。

まず、内的要因である年齢や、乱れた生活習慣は、日々のお手入れと規則正しい生活習慣にすることである程度食い止めることができ、外的要因の紫外線、乾燥、活性酸素などその症状にあった適切な対応策を実施することで防ぐことができます。重要なのは「肌を守る」ことと「肌に力を与える」ことを意識することなのです。

※ドクターによる監修は、このスペースのみとなり、この部分のみ広告ではありません。
また、他のスペースにおいてもドクターが掲載商品や特定商品への保証や購入等を推薦するものではありません。

誰もが知るビタミンCは、やっぱりスゴイ!

喜んでいる女性

ビタミンCには、さまざまなサポートが期待できる

美容成分にはいろいろありますが、肌にチカラを与えてくれることで注目されているのがビタミンC。実は、ビタミンCは美容に欠かせない成分といわれるほど、体の活動において重要な役割を果たし、その力は、加齢の変化を感じている大人の肌サポートしてくれます。誰もが知っている超有名な成分ですが、意外に正確には知らない人も多いはず。

では、1日のビタミンC摂取量を増やせばいいのか?と言われると答えは、「ノー」です。なぜならビタミンCは、水溶性ビタミンなので必要以上の量は、すぐ体の外に出てしまうからです。

しかし、ビタミンCを効率よく体にとり込むことができれば肌においても、還元力を発揮するので、皮膚にダメージを与えて肌の若々しさを阻む原因からサポートしてくれます。さらに、日焼けによるシミを防ぎ、明るく健康的な肌を保ち、アナタが望む理想の肌に近づきます。

美容においても欠かせない存在

ビタミンCは、丈夫なカラダ、肌のハリもサポートしてくれる欠かせない物質です。体を構成するタンパク質の約30%を占めるコラーゲンですが体内で合成されるときに食事によるビタミンCの摂取が必要になります。では、肌にしっかりととり込むにはどのようにしたら良いのでしょうか?

ビタミンCの効果を肌に届けるには?

「美容が期待できるのに、使えない」という壁

美容面、健康面に、大きな力となってくれるビタミンCですが、水に溶けやすく、熱に弱く、壊れやすいという特徴があります。まるでシャボン玉のような繊細なビタミンC。実は、肌への作用を期待するのなら、食事から摂取しても届きにくい成分なのです。だからと言って、肌に直接ビタミンCを塗っても、角質層のバリアを突破することができず、浸透することはできません。

また非常に不安定なため、外気に触れたり、化粧品に配合されるなど、他の物質と混ぜることで損なわれやすく、スキンケア泣かせの成分でもあります。ですが、技術の進歩によりビタミンCのパワーを届ける方法があるのです。

ビタミンC誘導体やAPPS、さらに新型の?

ビタミンCの効果を肌に届けやすい形にしたものとして、最近では化粧品にも含まれているものもあり、一般的に知られている成分がビタミンC誘導体です。簡単に言うとビタミンCを肌へしっかりと取り込む素晴らしい技術なのです。
ビタミンC誘導体は、元々壊れやすく分解されやすいビタミンCを、角質層への浸透サポートが期待できるように改良されたもので、皮膚内にある酵素と反応することによってビタミンCに変化します。ただし、ビタミンC誘導体の濃度は実際のビタミンCの濃度より低いという欠点があります。
また、APPS(パルミチン酸アスコルビル林酸3Na)という水溶性と油溶性の性質をもち、ビタミンC誘導体のメリット、デメリットを補いつつも、肌へのサポートを重視させたビタミンC誘導体があります。ただし、APPSはその効果のある状態を維持する技術が難しく、化粧品開発に時間がかかるため、どうしても高価になってしまいます。

しかし最近では、ビタミンC誘導体・APPSだけでなく、改良された新型ビタミンCもでてきました。

体に必要な「ビタミンC」を補って、新型ビタミンCで肌本来のハリを

スキンケア大学のおすすめ!「ビタブリッドC FACE」

年齢を感じる肌に大きな力となってくれるビタミンC。
壊れやすく肌に届きにくいのが弱点だったビタミンCを従来の化粧品に使われてきたビタミンC誘導体とは異なる、バイオ技術によって安定化した新型ハイブリットビタミンCが登場しました!
それによりじっくりと着実に角質層へ浸透し長時間効果を継続させることに成功しました。

いつものスキンケアの前に、水で溶いたビタブリッドCパウダーを塗るだけで、気になり始めた肌にハリとツヤやかさ、滑らかさをサポートし、日焼けによるシミ・ソバカスを防いでくれるなど、大人の肌悩みに力を発揮してくれます!
(スキンケア大学編集部)

商品詳細はこちら