その乾燥肌保湿ケアが間違っていない?  「保水」から始めよう!

乾燥のメカニズムと危険性

松本歩

監修:サッポロファクトリー皮フ科・スキンケアクリニック松本歩先生

年齢を重ねるにつれて、肌の乾燥が気になります。第1の原因は肌表面の皮脂量の低下で肌バリアが弱まること、第2の原因は角質層の水分を保持できなくなることにあります。まず水分を補い、すぐに油分でふたをすることで乾燥から肌を守れます。しっかりとした手順で乾燥肌ケアをしていきましょう。

なぜ肌が乾燥するのか

乾燥肌の原因は何?

保湿ケアをしてもすぐカサカサになってしまったり、肌あれを繰り返してしまうなど、乾燥肌の原因は肌が水分をキープできなくなるためです。
その要因のひとつに肌表面の皮脂量の低下があげられます。皮脂量が低下すると、肌表面を覆って乾燥や外部からの刺激を防いでいる皮脂膜が薄くなり、角質層の水分が減少していきます。角質層の水分は、主にNMFと呼ばれる天然保湿因子に蓄えられています。天然保湿因子は、角質層の中にあり、肌の柔軟性と弾力性を保つ役割を担っています。

この水分が失われることによって、角質は内部からしぼんできます。さらに角質と角質をつなぎ合わせている細胞間脂質にもたっぷりと水分が含まれていますが、この細胞間脂質の水分も乾燥により蒸散してしまいます。肌が乾燥するということは、角質内部と外側の水分を失って、カサカサ傷ついた状態なのです。

乾燥肌が受けるダメージ

正常な肌と乾燥している肌

私たちの肌には、外部からの刺激や有害物質に対して防御するバリア機能がもともと備わっています。胃や腸が食べものを消化するのと同様に、意識をしなくても働いている機能のひとつです。
しかし、肌が乾燥し、肌のバリア機能が低下するとさまざまなダメージを受けやすくなります。特に、シワやたるみなどの老化ダメージとして気をつけなくてはならない紫外線が、真皮まで侵入しやすくなります。

紫外線は角質細胞(表皮細胞)を生み出す基底層にまで到達すると、真皮を形成するコラーゲン線維やヒアルロン酸線維を壊してしまうため、肌は弾力を失い、真皮に深刻な影響を受けます。
それ以外にも、加齢やストレス、喫煙、暴飲暴食による生活習慣の乱れなど、身体の内部から起こる原因が重なると、表皮細胞を造る基底層の働きに狂いが生じ、肌荒れを引き起こしてしまいます。

※ドクターによる監修は、このスペースのみとなり、この部分のみ広告ではありません。
また、他のスペースにおいてもドクターが掲載商品や特定商品への保証や購入等を推薦するものではありません。

間違ったケアをしていませんか?

油分だけを補うのは、保湿ケアの“落とし穴”です

きちんと保湿ケアしているのに、なぜか乾燥しやすい、肌トラブルをくりかえすという方がいます。ひょっとすると、化粧水や美容液を使わないで、乳液・クリ-ム・オイルなどの油性の化粧品だけでスキンケアをしていませんか?
実はそこが大きな盲点なのです。

洗顔後、顔がカサカサに乾燥してから油分を補えばいいと思っている方が意外に多いものですが、これが保湿ケアの落とし穴。実際には、蓄えた水分を逃さないようにフタをして皮膚をカバーするのが油分なのです。
よって、見た目に皮脂不足と思って水分を補わずに油分だけを補ってしまうと、肌は水分不足のままフタをされたことになってしまいます。これでは正しい保湿ケアとは呼べません。乾燥による肌トラブルの可能性がとても高い状態になります。

正しい保湿ケアとは?

正しい保湿ケアって?

大切なのは「保水」とカバー

乾燥した肌はどのようにして保湿したらよいでしょうか。まず、洗顔のあと肌が最初に欲しがっているのは「水分」です。なので、水分をたっぷりと与える必要があります。しかし、水分を肌に与えたあと、そのままにしておくと、せっかく補った水分が蒸発してしまいます。

肌に化粧水などの水分をつけたまま油分でフタをせずにいると、せっかく補った水分が失われてしまうということです。よって、水分をたっぷりと補ったなら、すぐに肌表面に油分を補ってフタをすることが必要なのです。

保水とカバーをワンステップで!

洗顔のあとの定番は、化粧水⇒乳液・クリームのケアですね。なぜこの順番が大切なのでしょうか。
洗顔により、皮脂や汚れが落ちるとともに、保持していた水分も失われます。そこでまず、化粧水でたっぷりと水分を補います。次に乳液が必要なのは、化粧水に水分と親和性のよい乳液を使うことで、肌表面についた水分で油分が滑らないようにするためです。

でも、毎日のお手入れでそんなに時間が取れない、手間がかかる…という方は、化粧水の代わりに水分を補い、クリームの代わりにフタができるという、オールインワンの手軽さが魅力です!

家族で使える!水のクリームで簡単保湿ケア

スキンケア大学のおすすめ!「エバメールゲルクリーム」

洗顔のあと、クリームだけでお手入れOK、オールインワンで保湿ケアができます。約80%が水分というエバメールゲルクリーム。角層の奥のすみずみまで、ひたひたとした水分感覚が楽しめます。
高粘度のゲルクリームがフタの代わりになり、長時間のうるおいキープをサポートします。子どもの肌にもやさしいので、家族全員でたっぷりと使うことができます。

界面活性剤、香料、鉱物油、エタノールなど、肌の負担になりやすい添加物は不使用。自社工場の一貫生産も魅力です。高品質実現のノウハウのひとつは、ドイツ製乳化釜を使用した真空状態の撹拌(かくはん)技術です。ゲルクリームの滑らかな感触を生み出しています。

お手入れはこれひとつのオールインワンタイプなので、たっぷりと使える大容量のポンプタイプも用意されています。

商品詳細はこちら

提供元:株式会社エバメール化粧品掲載日:2014/10/01