純炭で糖質制限ダイエット

糖質をおさえるだけでOK!糖質制限ダイエットとは

黒田愛美

監修:クリントエグゼクリニック黒田愛美先生

糖質制限ダイエットとは普段の食事で、糖質を制限してダイエットする方法のことを言います。糖質を抑えるだけという手軽さがメリットです。 また、糖質を過剰に摂取しないということは体の老化を促進する「糖化」という現象を予防することにもつながるため、美容と健康のためにも実践してみてもよいでしょう。 ただし、まちがえた方法は体調をくずすなどのリスクもあるのでしっかりと正しい方法を学びましょう。

手軽さが魅力 だれでもできる糖質ダイエットについて!

糖質の多い少ない

糖質制限ダイエットは糖質が多く含まれている食べ物をできるだけ避け、糖質を含まない、あるいは少ない食事をするだけというシンプルなダイエット方法です。

お菓子類はもちろんのこと、主食となるごはんパン、うどんなどの炭水化物は、体内に入ると糖質に変わるので、主食を抑えることがポイントになります。 具体的には一日の総糖質量を約60gまでに抑えることがうまくいくコツです。 あくまで目安ですが、糖質を含む食品が食事内の10%以内がいいでしょう。 朝食で15g前後、昼食・夕食でそれぞれ20g前後の糖質量が目安です。(ご飯でいえば茶碗半分が糖質約20gです。)

糖質となる炭水化物の主食を制限し、それ以外の糖質の低いタンパク質 などは食べられるため、空腹感が少なく、多少ですがワインなどの糖質の低いアルコールを飲むこともできるなど、比較的ムリなくダイエットができるとあって、現代人に広まりつつあります。 簡単でシンプルなダイエット法ですが、注意点もあります。極度な糖質の制限は体調の悪化につながるので、1日約60gを目安に実践していきましょう。

糖質ダイエットのメカニズムを知ろう!

糖質ダイエットのメカニズム

糖質は体内に入るとブドウ糖となり、血液に入って血糖値を上げます。すると、今度は血糖値を下げようとインスリンという物質が分泌され、血糖値を下げる際に、ブドウ糖を脂肪細胞に送りこみ脂肪として蓄積されます。 つまり、糖質をたくさん摂取してしまうと太る原因になるのです。

まとめると、糖質となる炭水化物を食べ続けると、インスリンは大量分泌し続けます。糖質の量が減れば、脂肪として細胞内に蓄積される量が減り、体重が落ちるというのが糖質ダイエットのメカニズムです。

糖質の過剰摂取は太るだけではありません。美容面においても影響を与えます。

糖質は老化の原因もつくるやっかいな存在

ダイエット中の女性

糖質をとりすぎるとこんな怖いことが!

パンケーキのこんがりとした焼き色は、私たちの食欲をそそります。これは、タンパク質と糖質が加熱により黄褐色になるのですが、それは私たちの体でも同じように「糖化」という老化現象として起こります。人間の体内のいたるところには、タンパク質が存在しています。これが、体内の過剰な糖質と結合してAGEという物質を発生させ、さまざまな老化ダメージを誘発します。

特にAGEによって大ダメージを受けるのは血管。糖化によって硬化が進み、悪化すると動脈硬化を招きます。 さらに、AGEが及ぼす影響には、シワやたるみ、肌のくすみ、メタボリックシンドローム、白内障、骨粗しょう症、アルツハイマー型認知症などもあります。 その後の人生を左右するような大きな病気の原因を予防するためにも、糖質の過剰摂取は控えることがポイントとなります。

糖質制限ダイエットでここだけはおさえてほしい 3つのポイント

腸内環境と糖質制限

まずは2週間、続けてみることが大事

糖質制限ダイエットのポイントは3つ!

・2週間は継続する

・主食である、ごはん、パン、パスタなど、体内で糖質となる炭水化物を制限する

・タンパク質、脂質の摂りすぎには十分注意する

まず重要なことは、継続することです。 今までの習慣を変更すると、最初は大変なことも多いでしょう。ですが、まず2週間は頑張ってみてください。 また、炭水化物を抜くことで、タンパク質や脂質が増えることが考えられます。肉類中心になることで、腸内の善玉菌と悪玉菌のバランスが乱れる要因となります。

すると、悪玉菌が増殖し、便秘などさまざまな症状を招くため、注意が必要です。そこで、腸内環境の悪化を改善するために、デトックス効果のある食べ物も一緒に摂ることがオススメです。例えば、ヨーグルト、ゴボウ、そして最近、注目されているのが…「炭」です。

注目のデトックス成分は、なんと炭!

竹炭と純炭の違い

どうして今炭なのか

炭といえば、火をおこしたり冷蔵庫のニオイをとるなどのイメージを持つ人も多いと思いますが、実は今、デトックス食品として注目を集めているのです。

とはいえ、あの真っ黒な物体を食べるイメージはつかないですよね。

しかし!

現在では、パン、ロールケーキ、パスタなどのほか、チーズケーキやプリンなどスイーツなどさまざまな炭入り商品が開発されています。 炭は体内でのデトックス効果が期待できるとあり、今、炭を食べるという文化が広まりつつあります。

そんな炭の効能はずばり、「体内の不要物を吸着し排泄をサポート」してくれることです。 炭は体内の、余分な糖分や脂肪分、体内に蓄積されたAGEを吸着除去が期待できます。さらに、整腸作用があり糖質制限ダイエットで肉類の食べ過ぎもおなかの環境の悪化なども、炭に悪玉菌のだす物質をつかまえて、排出をサポートしてくれるのです。

スキンケア大学のオススメ「純炭」


炭の中でも「純炭」がオススメなワケ!

「炭なんてどれも同じ」と思うかもしれませんが、実は炭にもさまざまな種類があります。
木炭由来の炭、竹炭、身近なものを燃やして炭にするなどがあります。
一般的とされる竹炭でも、産地や年度によって成分が変化したり、
不純物が混じっているなど必ずしも品質が安定しているわけではありません。

天然素材を原料として作られた炭には品質を安定させ安全性を維持するのは難しいのです。とは言っても、体内に入れるものは鉛や重金属などの不純物は避けたい。
そこで最近話題になっているのが「純炭」です。

「純炭」は、医薬品や食品に使用されている高純度結晶セルロース(植物細胞の細胞壁および線維の主成分)を特殊な方法で焼いた炭で安全性の高いものです。
不純物の少ない純炭は糖質制限ダイエットサポート成分としてオススメです。

提供元:株式会社ダステック掲載日:2014/10/31