いろいろ試したけど治らなかった方へ 漢方薬で根本ケア

ストレスや聴覚過敏からくる不快な症状

院長 西條朋行

監修:西條クリニック院長 西條朋行先生

突然のふらつきやキーンという音が聞こえるなどの症状が起こったとき、体のどこに支障をきたしているのでしょうか?実は、どちらの症状も「耳」から起こる場合があります。耳は音を感じる聴覚だけでなく、平衡感覚および回転覚をつかさどっているためです。そして、その原因としてあげられるのが「聴覚過敏」と「精神的なストレス」です。

2つの共通する原因

耳鳴り・めまい・突発性難聴の原因

このような状態を引き起こす原因としてあげられているのが、「聴覚過敏」「精神的なストレス」です。

(1)聴覚過敏
実は、耳と脳は神経によって密接な関係で繋がっています。耳と脳をつなぐ「聴神経」は、音を伝える重要な役割をしていて、聴覚機能の安定を保っています。しかし、神経伝達が興奮状態になると「聴覚過敏」が起こってしまう場合があります。 たとえば、テレビの音量がいつもより大きくしていたり、聞き返してしまうことが増えてはいないでしょうか?このように、聴覚過敏によって以前より音がこもって聞こえたり、正しく聞こえなくなったりすることがあります。ひどい状態になると、人との会話もままならない状況に陥ることもあります。 また、個人差はありますが「ジージー」や「キーン」といった、周囲には鳴っていない雑音が、耳から聞こえたりします。そういった雑音のせいで、周囲の音が聞きとりにくくなってしまいます。

(2)精神的なストレス
上記の例は、高齢者に起こりがちな症状ともとれますが、その他にも精神面の状態によって引き起こされる場合があります。私たちは、精神的なストレスにより自律神経が乱れてしまうことがあります。これにより、耳の内側(内耳)のリンパ液のバランスが崩れてしまいます。そのために、耳から雑音が聞こえるなどの症状が現れるケースがあります。
また、それだけでなく、急に立ち上がったり動いた際に、ふらついたり、目がまわるような症状も起こりやすくなります。その他、聞きたくない・考えたくない・関わり合いたくないといった心理によって、聴覚や平衡覚に影響を与えることも考えられます。

最初は一過性でも、このことがきっかけで症状に対して不安を抱くことで、さらに多くの症状を引き起こしてしまいます。精神的なストレスと知覚(聴覚)過敏はお互いに関係しあっていると言えるでしょう。

※ドクターによる監修は、このスペースのみとなり、この部分のみ広告ではありません。
また、他のスペースにおいてもドクターが掲載商品や特定商品への保証や購入等を推薦するものではありません。

耳から聞こえる音をスッキリさせるためにやるべきこと

生薬の力で根本改善をめざす

ストレスフリーな生活を

耳鳴り、めまい、難聴などのケアとして、規則正しい生活習慣を心がけてストレスをため込まないことが大切です。

ストレスが多いと感じたら、散歩や森林浴をして副交感神経を働かせるようにしてみましょう。自律神経のバランスが整えられ、末端までめぐりがよくなってきます。めぐりをよくするために、入浴や適度な運動、良質な睡眠も大切です。また、栄養バランスのとれた食生活も心がけるとよいでしょう。

生薬の力で根本改善をめざす

実際に症状が現われている人は、症状を改善するための生薬、いわゆる「医薬品」が必要です。

西洋医学で使われる一般の医薬品は、特定の症状を治すことを目的にして次々に新薬が開発されています。このため、薬による効果が期待されますが、副作用のリスクが大きくなります。また、症状の数だけ薬が必要なので、一度に多種類の薬を服用する必要があります。さらに、一時的に症状が抑えられるだけの場合があることなどのデメリットがあります。

これに対し、東洋医学はからだ全体の調子を整えて、自己治癒力や免疫力を強化し、病に打ち勝つという考え方です。これは、ストレスなど複数の不調が原因で引き起こされる耳の不快症状のケアにも適しています

耳の不快症状を根本改善するための漢方薬

耳鳴りやめまいなどを改善する漢方薬

耳鳴りやめまいに期待できる漢方の処方

耳鳴りやめまいがあっても、原因がはっきりしない症状は、「水毒(すいどく)」という体内の水分が排出されないことで起こるとされています。水分のバランスを整えるために用いる漢方として、特によく使われる材料を紹介します。

●茯苓(ブクリョウ)
体内の水分のめぐりを調節します。
●白朮(ビャクジュツ)
水分のめぐりの働きを整えます。また、「腎」の働きが低下することによるさまざまな悩みにも使われます。
●桂皮(ケイヒ)
シナモンのことです。温熱作用でめぐりをよくし、体の不快感を緩和させる際に使われます。
●甘草(カンゾウ)
中国ではとてもよく使われており、不快感を和らげるのによいとされます。
●蒼朮(ソウジュツ)
水分のバランスを整えます。白朮(ビャクジュツ)と同じものとして扱われることもあります。

自分の体全体と向き合おう

漢方薬は、飲み始めて早ければ1か月、たいていは半年くらいで、すっきりとした気分を味わえるようになるなど、変化はゆるやかです。そのため、半年から1年かけて健康になることを目標に、継続することが大切です。 また、飲み始めには一時的に「合わないかな」と思う場合は、「好転反応」の可能性がありますので、薬剤師に相談してみましょう。

スキンケア大学おすすめ!「静命漢方堂」

静命漢方堂は、耳鳴りやめまいの症状を根本から考えます

静命漢方堂は、水分バランスを整えるための4種の生薬、茯苓(ブクリョウ)、白朮(ビャクジュツ)、桂皮(ケイヒ)、甘草(カンゾウ)を調合した、耳鳴り、めまいのための漢方薬です。漢方の原典である「傷寒論(しょうかんろん)」「金匱要略(きんきようりゃく)」に記載されている伝統のある処方です。

耳鳴りやめまいのほか、頭痛、動悸、息切れ、神経症、神経過敏にも効果があります。これらの症状でお悩みの方も試していただくとよいでしょう。また、漢方薬は継続的に続けることが大切ですので、品質に対する信頼がもっとも重要です。静命漢方堂は、安全性試験をクリアした国内の工場で製造し、徹底した品質管理にこだわり続けており、20年以上の実績を誇っています

なかなか症状が改善しない方や、不安や疑問を感じている方は、まず電話サポート(健康相談)を利用してみましょう。気軽に専門スタッフのアドバイスが受けられます。(スキンケア大学編集部)

この医薬品は薬剤師から説明を受け、「使用上の注意」をよく読んでお使いください。
【効果・効能】
体力中等度以下で、めまい、ふらつきがあり、ときにのぼせや動悸があるものの次の諸症:立ちくらみ、めまい、頭痛、耳鳴り、動悸、息切れ、神経症、神経過敏
【用法・容量】
次の量を食前又は食間に服用して下さい。(食間とは,食後2~3時間を指します。)
【年齢:1回量:1日服用回数】
成人(15歳以上):4錠:3回/15歳未満7歳以上:3錠:3回/7歳未満5歳以上:2錠:3回/5歳未満:服用しないで下さい。

■ご利用者様の声 千葉県 63歳 女性
「夫との会話が増えて、家庭円満に」
数年前から「ジージー」という音が耳元で鳴りはじめ、夫の声も聞き逃してしまうことが増えてきました。病院でいくつかの薬をもらいましたが、最終的には「慣れるしかないですね」といわれてしまいショックで…。そんなとき、友人にすすめられたのが静命漢方堂の漢方薬です。静命漢方堂の薬剤師さんに相談にのってもらったら、耳によい食事や生活指導までしてくれて「もしかしたらよくなるかも」と思えるようになりました。今は飲み続けて1年くらい経ちますが、夫との会話も増えてよかったです。

※上記のコメントは、あくまで個人の感想であり、製品の効果を保証するものではありません。

耳鳴り・めまいにお悩みのアナタはコチラ

提供元:株式会社メディカルリーチ掲載日:2014/11/28