なかなか出ない毎日の悩み…インナーサポートですっきりボディ

便秘は体内環境からのヘルプサイン!

黒田愛美

監修:クリントエグゼクリニック黒田愛美先生

便秘になると太りやすくなるばかりでなく、腸内環境が悪化し、必要な栄養素の吸収や、老廃物の排出にも支障をきたします。美しさと健康の大敵となる便秘をケアして、すっきり元気なカラダを目指しましょう。

便秘の理由は体質?

便秘になると太りやすいといわれていますが、それは便秘によって新陳代謝が落ちるためです。しかし便秘の影響はそれだけではありません。便秘になると、腸内環境が悪化し、自律神経の働きが乱れて、全身の血流が悪くなります。また、老廃物や毒物の排出がうまくいかなくなり、血中に溶け込んだ不要なものが全身を循環するため、イライラや食欲低下、疲労感、肩こり、肌荒れなどのさまざまなトラブルへとつながっていきます。

ひと言で便秘と言っても、実は便秘には4つの種類があります。もっとも多いのが、弛緩性(しかんせい)便秘。これは、運動不足や加齢、無理なダイエットなどにより筋肉が衰え、腸の運動が鈍くなることで起こる便秘です。その他にも、ストレスや睡眠不足により、便の通りが悪くなることで起こる便秘痙攣性(けいれんせい)便秘や、排便を我慢しすぎることによっておこる直腸性(ちょくちょうせい)便秘、大腸の形の異常や、傷を伴う病気がもとで起こる器質性(きしつせい)便秘があります。

便秘の原因は人それぞれです。その中で、代表的な原因は胃腸の消化機能の低下だとされています。消化機能をケアすることが、便秘を防ぐためのもっとも重要なポイントになるのです。

消化機能をケアするためには?

現代的な生活習慣や食生活は、体が持っている本来の消化機能を低下させがち。消化機能が低下していると、例え毎日、大量に野菜を摂取したとしても、胃での分解や腸での吸収がうまく行われず、栄養素をしっかりと吸収することができません。

その場しのぎのケアではなく、体の機能を整え、腸内環境を根本的にケアすることこそが、便秘をケアためにとても大切な視点です。例えば便秘のケアに、さんまと一緒に取るといいと言われる「大根おろし」はアミラーゼという消化を助ける成分が入っています。食べ合わせを考えた食生活・生活習慣の見直しを行い、体の内側からインナーケアをすることが重要です。



※ドクターによる監修は、このスペースのみとなり、この部分のみ広告ではありません。
また、他のスペースにおいてもドクターが掲載商品や特定商品への保証や購入等を推薦するものではありません。

カラダの機能をサポートするためには?

生活習慣の見直しで乱れサポート

体の機能を整えるためには、生活習慣の見直しが基本です。思い当たる生活習慣があれば、見直しを心がけましょう。

(1)運動不足
急な残業や天候の悪化、モチベーションの低下など、エクササイズをやめてしまう理由はさまざま。続けられないような特別なエクササイズではなく、日常生活のちょっとした工夫で、運動を習慣にしてみましょう。通勤時間に一駅分多く歩いてみたり、寝る前のストレッチを習慣にするなど、毎日の生活の中で行える無理のない運動習慣を取り入れてみるのことが良いでしょう。

(2)過度のストレス
仕事や家庭の問題が原因でストレスが溜まっていませんか?ストレスは、美容と健康の大敵。体の機能の乱れを助長しているかもしれません。ストレスを完全に排除することは難しいので、睡眠や運動など、自分に合ったストレス発散方法を見つけましょう!

(3)睡眠不足
しっかりとした睡眠リズムは、体のリズムをも整えてくれます。十分な睡眠を取って、なるべく決まった時間に寝起きし、リズムを整えるようにしましょう。

食生活の見直しで乱れサポート

ストレスがたまると、ついつい食べ物でストレスを発散させてしまったり、忙しいので手に入りやすいものを何となく食べたり。こういった食生活は体内環境を崩しがちです。

体内環境のためにおすすめしたいのが、野菜や発酵食品を中心とした伝統的な和食。ご飯と味噌汁、豆類や海藻類、キノコやこんにゃくなどの食物繊維や、漬物、味噌や納豆、醤油などの日本の伝統的な発酵食品です。食べる順番一つでも乱れをサポートすることができます。はじめに生野菜を食べ酵素、食物繊維を摂取し、次に魚や肉でタンパク質を取ります。最後にご飯や麺類などの炭水化物を摂取するとよいでしょう。

とはいっても、食生活を急激に変化させることは、とっても困難。普段の食生活からは、十分に摂取できそうもないという方は、サプリメントなどで身体に必要な栄養を摂取することもひとつの手段です

なぜ穀物の酵素が見直されているのか?

そもそも酵素とは?

酵素とは、人間の体のさまざまな働きや、めぐりをサポートする体の中の働き者です。

酵素は、「食べ物に作用する酵素」と、「体の働きめぐりをサポートする酵素」の2種類があり、人間が生きていく上でなくてはならないものです。身体で作られる量は限られており、加齢とともに減少するほか、日々の活動でも消費されてしまいます。また、酵素が少なくなれば、栄養素が十分に取り入れられないばかりか、さらなる酵素の減少を招くといわれています。

この酵素をサポートするためには、毎日の食事から酵素を摂ることが大切。食事から酵素を摂取することによって、身体にある酵素をサポートし、結果として体全体の働きやめぐりを整えることになるのです。

熱を加えない、発酵した活きた酵素とは?

酵素は、主に生野菜や生肉に多く含まれています。そのため普段の食生活では摂取することが困難という方が多いと思います。加えて酵素は熱に弱く、加工食品などからは摂取しにくいという難点があります。加熱した食品や精製加工した食品などの現代的な食生活の中では、この食物酵素の摂取が不足しがち。特に欧米型の食生活にはそうした傾向がみられ、不調の原因になります。

そんな時には、サプリメントなどで酵素をとり入れることも一つの手段です。サプリメントであれば、持ち運びが便利で飲みやすいため、継続して使用することが可能です。また発酵させた穀物から得られる酵素なら、熱処理を行わない活きた酵素の摂取ができる上穀物がそもそも持っている自然成分の食物繊維、マグネシウム、鉄、カリウム、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンE、ナイアシンなどの不足しがちな栄養素を摂取することが期待できます

8種類の穀物を無菌麹醗酵「こくもつ酵素」

スキンケア大学のおすすめ!「こくもつ酵素」

あわ、きび、ひえ、タカキビ、大麦、紫黒米、米、小麦などの穀物を、麹菌にて発酵させた酵素サプリメント「こくもつ酵素」。熱を加える必要がない「無菌発酵法」で製造しているので、活きた酵素を手軽に摂取することができます。

酵素だけではなく、ビタミン、ミネラル、食物繊維などの不足しがちな栄養素が豊富に含まれているのも、忙しさに食生活に気を配れない女性には嬉しいですよね。酵素を毎日の生活にプラスして、カラダの中から、すっきりキレイになっちゃいましょう♪(スキンケア大学編集部)

詳細はこちら

提供元:株式会社ふくや掲載日:2015/1/30