「ひりひり…」「かゆい…」 乾燥知らずの美肌は、バリアが決め手!

乾燥肌の「ひりひり・・・」「かゆかゆ・・・」は、なぜ起こる?

院長 山田美奈

監修:四谷三丁目皮膚科院長 山田美奈先生

乾燥肌の対策として、ただ化粧水をたっぷりつけるだけで終わらせていませんか?保湿のために大切なのは、基礎化粧品で足りない成分を補い、水分を保持できるような状態に肌を整えること。適切なケアを行って、肌トラブルの起きにくいすこやかな美肌を保ちましょう。

肌を乾燥から守る「バリア機能」とは?

肌のバリア機能

肌をすこやかに保ち、乾燥から守るには、本来肌が持っているバリア機能が正常に働いていることが大切です。

このバリア機能をになうのは、肌表面にある厚さわずか0.02㎜の角質層。

すこやかな肌の角質層は、角質細胞がきっちり積まれたレンガのように並んでいます。そして、細胞と細胞の間を埋めるように、肌がみずからつくりだした水分、セラミドなどの角質細胞間脂質、NMFなどの保湿成分が存在。

これが肌のバリアとなって、外的刺激から肌を保護し、肌内部の水分の蒸散を防いでいます。

バリア機能が損なわれると・・・

乾燥している肌の状態

逆に、バリア機能が低下した肌は、トラブルを起こしやすくなっています。

外気の乾燥やエアコンなどで、空気が乾燥すると、角質細胞のすき間を埋めるセラミドやNMFなどの保湿物質が減少、水分を保持する働きが損なわれます。さらに、きっちり並んでいた角質細胞がぐらついてしまい、肌表面が荒れた状態に。外的刺激にも弱くなって、乾燥やかゆみ、赤みなどの症状を引き起こします。

また、一度バリア機能が弱まると、角質細胞や保湿物質を新たにつくりだす肌の生まれ変わりのサイクルにも影響が。ますます刺激に弱くなり、肌の乾燥がどんどん進む悪循環におちいることがあります。

肌の不調を感じたら、バリア機能を整える適切なケアを意識してみましょう。

※ドクターによる監修は、このスペースのみとなり、この部分のみ広告ではありません。また、他のスペースにおいてもドクターが掲載商品や特定商品への保証や購入等を推薦するものではありません。

どうやって乾燥を防げばいいの?

肌に必要な成分を補う

水分だけ補っても意味がない!?

バリア機能をしっかりと働かせるためには、肌が水分をキープできる状態をつくってあげることが基本!

バリア機能の低下した肌は、角質層に水分をたくわえてくれる保湿成分が減少している状態です。うるおいを補給しようと水分だけを与えても、その水分をとどめておく力がありません。

こんなときには、水分と同時に、セラミドなどの角質細胞間脂質と同じような働きをもつ保湿成分を補い、乱れた角質層を整えます。 そして、保湿成分と水分で満たされた肌の上に適度な油分でヴェールをかけることで、水分を肌内に保持できるようになります。

基礎化粧品で肌に足りていない成分を補い、水分を保持できるような状態にすることで、低下した肌バリアをサポート。乾燥から肌を防ぐことができるのです。

そのスキンケアは保湿ではないかも…

しかし、多くの人が「化粧水たっぷり」=「保湿」と勘違いしているのも事実。

肌の乾燥には、「水分」を与えればいいと思っているなら、スキンケアを見直してみましょう。

化粧水をたっぷりつけたり、化粧水を浸したフェイスマスクやコットンパックを長時間おくことが保湿だと思っていませんか?化粧水は水分が主な成分なので、時間がたてば蒸発してしまいます。蒸発と同時に、肌の顔の水分まで奪いかねません。

化粧水で水分を補った後は、水分を保持してくれる保湿成分を凝縮したアイテムでケアを行うことが必須です。

では、どのような保湿成分を選べばいいのでしょうか。

肌のバリア機能をになう「セラミド」のチカラ

ラメラ構造

うるおいを逃がさないのは、セラミド!

肌がもともと持っている成分の一つセラミドを、詳しく紹介します。

セラミドは、美肌の土台ともいえる大切な成分で、水分をサンドイッチのようにはさみ込む性質が特長。角質層では、水分と交互に重なってラメラ構造と呼ばれる構造をつくり、水分をしっかりと保持してくれます。この性質があるため、角質細胞同士の隙間を満たしてぴったりと密着させてくれるのです。

肌の調子が気になったり、カサカサが気になるときには、ぜひセラミドを取り入れてみてください。外的刺激や外気の乾燥から肌を守り、低下したバリア機能を補ってくれます。

保湿力が高いのは〇〇セラミド!

ひと口にセラミドと言っても、「ヒト型」「合成」「天然」といったいくつかの種類があります。

(1)ヒト型セラミド
酵母から作ったセラミドで、人の肌のセラミドと同じ構造をしています。
(2)合成セラミド
セラミドに類似した物質を化学的に合成したものです。
(3)天然セラミド
自然由来なので、人の肌と親和性が高く、浸透しやすいのが特徴。使い続けることで肌のバリア機能をサポートし、すこやかな状態へと整えます。

セラミド配合の基礎化粧品を選ぶときには、配合されているセラミドの種類にも注目してみてください。

ひどい乾燥の人にも「セラミド」配合の保湿クリーム

スキンケア大学のおすすめ!『オウンセラ リペアフィルム』

自然由来で、高保湿が期待できる天然セラミドを配合した保湿クリーム「オウンセラ リペアフィルム」。

角質層のセラミドと同じラメラ構造を持つクリームだから、角質層の隙間をうめるようにぴったりと肌になじみ、保湿をサポート。さらに、ほどよい油分で肌の表面にヴェールをかけて保護し、しっかりとうるおいをキープします。

無香料、無着色料、無鉱物油、アルコールフリー、パラベンフリー、石油系界面活性剤フリーで低刺激なのもうれしいですよね。ヒリヒリ、カサカサの肌トラブルに悩むあなたも、ぜひお試しください♪

(スキンケア大学編集部)

オウンセラ リペアフィルムの詳細はこちら

提供元:ロゼット株式会社掲載日:2016/02/01