ひときわ輝く透明感を手に入れる!くすみケアの2大ポイントとは

なんとなく肌がゴワついてきたら、ご用心!

黒田愛美

監修:クリントエグゼクリニック 医師黒田愛美先生

肌がくすんだり、明るさがなくなってきたと感じたら、自分の肌の状態をしっかり観察し、日常生活やケア方法を見直してみましょう。特に肌のゴワつきを感じる方は要注意。くすみの原因を知って、適切なケア方法を選ぶことが大切です。

くすみの原因①:メラニン色素

ターンオーバーのサイクル

多くの女性が悩んでいる「肌のくすみ」。肌がくすんでしまう原因は複数ありますが、主に「メラニン」と「不要な角層」が挙げられます。

メラニンとは、紫外線を吸収し、肌を守るために表皮に存在する色素のこと。基底層にある「メラノサイト」で生成され、通常は肌のターンオーバーとともに排出されていきます。

しかし、多くの紫外線を浴びると、メラノサイトが過剰にメラニンを生成。ターンオーバーが追いつかず排出しきれなかったメラニンが皮膚に残り、茶ぐすみの原因になってしまうのです。

くすみの原因②:不要な角層

不要な角層

くすみの原因として二つめに挙げられるのは、「不要な角層」です。
ターンオーバーが乱れると、不要な角層が肌に蓄積。さらに、水分や保湿成分が角層にいきわたらなくなり、肌が乾燥しやすくなります。このため、みずみずしさや透明感が失われ、くすんで見えるのです。

また、不要な角層は毛穴を詰まらせ、肌のザラつきやニキビを引き起こすことも。健やかな角層を保つことは、美しい肌の基本です。

「なんとなく肌がゴワゴワしている気がする」というときは、不要な角層がたまっているサインかもしれません。ターンオーバーの乱れを疑ってみましょう。

※ドクターによる監修は、このスペースのみとなり、この部分のみ広告ではありません。
また、他のスペースにおいてもドクターが掲載商品や特定商品への保証や購入等を推薦するものではありません。

メラニン対策はシンプルに、角層ケアはていねいに

気になる紫外線

「守り」と「攻め」で白い肌を保つ

肌に刺激を与える紫外線は、時期によって量に変動があるものの、年中降り注いでいます。「ちょっと洗濯物を干すだけだから」「曇り空だから」といってUVケアをサボってしまうのはNG。ちょっとした油断のつみかさねが、メラニンを増やす原因となってしまいます。

明るい肌を保つためには、年間を通したこまめなUVケアが何よりも大切なポイント。それでもうっかり紫外線を浴びてしまったときは、早めのケアが肝心です。メラニンに対して美白有効成分が入った化粧品で対策しましょう。

すこやかな角層のためにできること

不要な角層をため込まないためには、肌のターンオーバーを乱さないことが重要。ふだんから、睡眠をしっかりとる、ストレスをためないことを意識して生活することが、規則正しいターンオーバーをサポートします。

さらに気をつけたいのは、乾燥、紫外線、摩擦。いずれも健やかな角層の大敵です。特に、不要な角層を取り除くためにと、ゴシゴシこすって洗顔するのは厳禁。角層が傷つき、うるおいが逃げやすくなります。角層ケアをするときは、角層ケア専用のアイテムでやさしく取り除きましょう。

とはいえ、石けん・ゴマージュ・ピーリングなど、角層ケアできるアイテムはさまざま。一体どんなアイテムが美しい肌をサポートしてくれるのでしょうか?

角層ケアで、肌に明るさを呼び込む!

うるおい補給

不要な角層を解きほぐして、やさしくオフ

不要な角層をオフするのにおすすめなのは、固くなった角層をやわらげ、力を入れず無理なく落とせる「角層ケア化粧水」です。さらに、美白有効成分をプラスしたものなら、より透明感のある肌をサポートしてくれるでしょう。

角層ケアを行うときのコツは二つ。ひとつは、肌にやさしいコットンを使用することです。繊維が粗いものは、肌を傷めやすいので避けましょう。二つめは、化粧水の量はたっぷりと使うこと。量が少ないと、コットンの繊維で摩擦を起こしてしまう場合があります。

※透明感とはつややかさ、滑らかさを指します。

肌をクリアにした後は、保湿をしっかりと!

不要な角層を取り除いた直後の肌は、保湿成分を受け入れる準備ができています。すばやくうるおいを与えて、肌を整えてあげましょう。温かい手のひらで、顔全体を包み込むようになじませると、角層にうるおいが浸透しやすくなります。

また「保湿=水分を与えること」ではありません。水分だけでは、時間が経つと蒸発し、肌が乾燥してしまいます。保湿をするなら、肌の組成バランスに近い、水分・油分・保湿成分を含んだ化粧液を選びましょう。

角層ケア&きっちり保湿でみずみずしい肌に!

スキンケア大学のおすすめ!『アユーラ』

『アユーラ クリアリファイナー(医薬部外品)』は、メラニンを含む不要な角層をやわらげて取り除き、くすみ※1のない、なめらかな肌へとサポート。
さらに美白有効成分「4MSK」が、メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすをブロック。Wアプローチで透明感※2のある肌へ導きます。

繊維が細かくやわらかな『アユーラ リファイナーコットン』(別売)を使えば、肌に負担をかけにくく、やさしくケアできますよ。

その後は『アユーラ モイスチャライジングプライマー コンビネーションドライW(医薬部外品)』でしっかり保湿。
肌に近い水分・油分・保湿成分の組成バランスですばやく肌と一体化し、角層のすみずみにじんわりとなじみます。
和漢植物循環水配合で、うるおいに満ちたしなやかな肌環境に整えながら、「m-トラネキサム酸※2」が美白をサポートしてくれるのも嬉しいですね。

ふたつのステップで、輝く透明感※3のある肌を目指しましょう!(スキンケア大学編集部)

※1 汚れや古い角層による。
※2 メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐ、トラネキサム酸。
※3 透明感とはつややかさ、滑らかさを指します。

~"アユーラ"をもっと詳しく知る~

提供元:株式会社アユーラ ラボラトリーズ掲載日:2016/03/01