美肌もはぐくむセルフ脱毛とは

自宅でのムダ毛ケアは肌ダメージに注意!

黒田愛美

監修:クリントエグゼクリニック  医師黒田愛美先生

女性にとって悩みの種のムダ毛処理。セルフケアしている人は多いものの、自己流でのケアにはトラブルがつきものです。ムダ毛の正しいセルフケア方法を身につけて、つるつるすべすべの素肌を目指しましょう。

処理するたびに肌に負担が・・・

自分の都合に合わせていつでも処理できて、料金もそれほどかからないのがセルフケアの魅力。ただし、やり方次第では肌トラブルを招くことがあるので注意が必要です。セルフケアとして人気の「そる」「溶かす」「抜く」の3つの方法について詳しく見ていくことにしましょう。

① そる
カミソリや電気シェーバーで表面の毛をそる方法。安価に手軽にできるメリットもありますが、健康な角質を傷つけて肌にダメージを与えがちです。乾燥やかみそり負け、炎症による色素沈着などを起こすことも。必ずシェービングクリームなどで肌を保護してからそりましょう。刃こぼれした古いカミソリの使用も厳禁です。

② 溶かす
除毛剤で毛を溶かして取り除く方法。手間はかかりますが、毛の断面が目立たずきれいに除毛することが可能です。ただし、除毛剤の成分が肌に合わないと、かぶれや炎症などのトラブルを起こすことも。使用前にパッチテストを行って、自分の肌に合うものを選びましょう。

「そる」方法や「溶かす」方法は、どちらも肌の表面に見えている毛を取り除いているだけなので、すぐに新しい毛が生えてきてしまうのが難点。頻繁なケアが必要です。

埋没毛や鳥肌の原因にも!?

「そる」方法や「溶かす」方法よりも、新しい毛が生えてくるまでの期間が長く持ちがよいのは、「抜く」方法です。

③ 抜く
毛抜き、脱毛器、脱毛ワックスなどで、毛根から引き抜く方法。「そる」「溶かす」よりも、新しい毛が生えてくるまでの期間が長いのが特徴です。ただし、毛とともに皮膚までひっぱってしまうので、肌への負担は大。毛穴が開いて鳥肌のようになったり、毛穴から雑菌が入って炎症や化膿を引き起こすことがあります。また、皮膚の下に毛が埋もれてしまう「埋没毛」の原因にも。処理頻度は比較的少なくて済みますが、肌トラブルを招きやすい方法といえます。

どんな方法でも、「頻繁に処理をする」ということは、肌を傷めることにつながります。ケアの頻度はなるべく減らし、処理後はしっかり肌を保湿しましょう。

※ドクターによる監修は、このスペースのみとなり、この部分のみ広告ではありません。
また、他のスペースにおいてもドクターが掲載商品や特定商品への保証や購入等を推薦するものではありません。

セルフでもきちんとケアできる脱毛法とは?

熱エネルギーでムダ毛にアタック

処理の頻度を少なくできる方法としておすすめなのが、光を利用した脱毛法。毛の黒色(メラニン)に反応する光を照射し、熱エネルギーで毛にダメージを与え、脱毛させます。

毛には、生え代わりのサイクルである毛周期(成長期→退行期→休止期)があり、光が一番反応するのは成長期の毛。照射を一定期間続けることにより、成長期の毛が脱毛し、次第に毛が目立たなくなっていきます。

家庭用の光脱毛器には、レーザー方式とフラッシュ方式がありますが、両者の違いは光の波長の強さ。脱毛の仕組みはどちらも同じです。

レーザーとフラッシュは何が違う?

家庭用光脱毛器のレーザー方式とフラッシュ方式には、それぞれにメリットと注意点があります。

① レーザー方式
黒い色素に反応する単一の波長のレーザーを、肌に集中的に照射することで、毛根にダメージを与えます。短期間で毛が目立たなくなりますが、強い痛みとやけどの恐れがあるので、取扱いには注意が必要。メーカーによっては、照射部位が限られるものもあります。

② フラッシュ方式
レーザー方式と同じように、黒い色素に反応する光で、毛根にダメージを与えます。複数の波長を含んだ光で、広範囲に照射が可能。レーザー方式よりも照射する期間は長くなりますが、肌への作用がおだやかで痛みを感じにくいのが特徴です。

どちらの方式にも一長一短があるので、扱いやすさやケア頻度など、自分の好みとライフスタイルに合ったものを選ぶとよいでしょう。

脱毛だけじゃない!フラッシュでキメ美肌

おだやかなのに、しっかり脱毛

扱いやすさやで選ぶなら、フラッシュ方式の脱毛器がおすすめです。フラッシュはもともと、フォトフェイシャルから生まれた方式。毛穴の引き締めや、肌を明るくする目的で使用されていた機器に、毛が薄くなる副次効果が発見され、脱毛器具として改良されたという経緯があります。
肌にダメージを与えにくく、自分の好きなときに手軽にできることも大きなメリット。サロンのようにわざわざ予約を取って、スケジュールを調整する必要がありません。

また、照射レベルを細かく設定できるものなら、肌への負担もより軽減できます。機種やアタッチメントによっては、顔への照射が可能なものあるので、自己処理による肌への負担を不安に感じている人にもピッタリです。

「美肌」効果で全身なめらか

フラッシュ脱毛器を選ぶなら、+αの機能にもこだわりましょう。以下のような特徴を持った製品に注目です。

① 広範囲に照射できるもの
照射面積が小さいものや精度が悪いものだと、処理に時間がかかります。照射範囲が広いものなら、処理が短時間で済み、お手入れの頻度を減らすことができます。また、背中などの広範囲の処理もラクにできます。

① フェイスケアもできるものを
ムダ毛ケアと美肌ケアの両方ができるのは、フラッシュ方式だからこそ。肌のひきしめやハリ感のアップ、毛穴を目立たなくするなどの効果があります。

広範囲に照射でき、なおかつ家庭でもサロンレベルのケアができるフラッシュ脱毛器なら、ムダ毛のセルフケアを簡単に快適に行うことができます。

美容家電のパイオニア・ヤーマンの本格ムダ毛ケア

スキンケア大学のおすすめ!『レイボーテシリーズ』

美肌ケアができる波長まで含む独自の「レイボーテフラッシュ」を採用した『レイボーテシリーズ』。レイボーテフラッシュは、日本人の肌に合わせてヤーマンが開発した光。紫外線は取り除き、肌にいい波長だけを使用しているので、ムダ毛ケアしながらキメを整えて、すべすべ美肌をめざせます。

さらに、クール機能の搭載により、「フラッシュ照射から即冷却」という、エステと同じ工程のケアが可能。フラッシュとクール機能の併用で、脱毛後の毛穴をキュッと引き締めます。

スピード連射が可能な『レイボーテII』、パワー・照射回数・照射スピードの全てにおいて高い性能を誇る『レイボーテIII』は、脱毛の威力と扱いやすさはもちろん、コストパフォーマンスもバッチリ。細い毛・太い毛どちらも対応できるパワーと、すきま時間にお手入れを完了できるスピードは、忙しい毎日を送る女性にとって、うれしいポイントといえそうです。また、照射可能な回数も多いため、長く使用でき、家族間でのシェアも可能。サロンに通う方の自宅ケア用としてもおすすめです。

まるでサロンエステを受けたかのような、全身美肌が目指せる「レイボーテシリーズ」をぜひ試してみてくださいね。

写真左:レイボーテ II: 46,000円(税抜)
写真右:レイボーテ III:69,000円(税抜)

(スキンケア大学編集部)

レイボーテシリーズをもっと知る

提供元:ヤーマン株式会社掲載日:2016/05/01