肌年齢が加速する!?夏のダメージ肌をリセットしよう

過酷な夏に振り回され、元気をなくしている肌

蘇原しのぶ

監修:しのぶ皮膚科 院長蘇原しのぶ先生

外気が乾燥する冬に比べて、夏はつい保湿ケアをサボってしまう方も多いのではないでしょうか。「肌はうるおっているのに、なんとなく疲れてみえる」というときは、夏のダメージ肌を疑ってみましょう。しっかり対策することで、秋からの肌に差がつきます。

肌がベタつく…実は隠れ乾燥かも?

バリア機能の低下

高温多湿の日本の夏は、体にとっても肌にとっても過酷な環境。気づかぬうちに「夏のダメージ肌」になっていることがあります。

夏のダメージ肌とは、肌が「隠れ乾燥」を起こしている状態のこと。表面は汗や皮脂でうるおっているように見えても、内部は乾燥している肌をいいます。

夏のダメージ肌を引き起こす大きな要因は、なんといっても紫外線。すこやかな肌の角層は、角層細胞がレンガのように積み重なり、外部からの刺激をはねかえす「バリア機能」の役割を担っています。しかし、紫外線をくり返し浴びていると、角層がダメージを受けバリア機能が低下。肌内部の水分も逃げやすくなります。

また、厳しい暑さの中、体温調整のためにかく汗も要因のひとつ。汗が蒸発して体温を下げるとき、肌の水分も一緒に蒸発してしまうのです。

激しい気温差が、肌と体のバランスを乱す

屋外と屋内の温度差

屋内にいても油断は大敵。冷房が効いた部屋に長時間いると、肌は乾燥した空気にさらされ続けます。

また、屋外と屋内の激しい温度差も、体にとって大きなストレスに。自律神経が乱れ、女性ホルモン(エストロゲンとプロゲステロン)のバランスも乱れやすくなります。

エストロゲンは、コラーゲンを生成し、肌のうるおいを保つ美肌ホルモン。一方、プロゲステロンは、皮脂の分泌を促進させるホルモンです。女性ホルモンのバランスが乱れると、肌の水分と油分のバランスも悪くなり、隠れ乾燥を招くことに…。

皮脂や汗を気にして保湿ケアを怠ると、夏のダメージ肌が加速し、さらなるトラブルが現れはじめるので注意しましょう。

※ドクターによる監修は、このスペースのみとなり、この部分のみ広告ではありません。
また、他のスペースにおいてもドクターが掲載商品や特定商品への保証や購入等を推薦するものではありません。

夏のダメージ肌が引きよせるエイジングのサイン

きめが細かい肌、きめが粗い肌

余分な角層が透明感とはりを失わせる

隠れ乾燥が進むと、肌は急ピッチでターンオーバー(生まれ変わり)し、角層を厚くして外部刺激から肌を守ろうとします。

しかし、大急ぎでつくられた角層は、水分や保湿成分が十分につくられないまま押し上げられた状態。うるおいのない、未熟でもろい角層が積み重なっていき、肌のはりが失われます。

また、角層が厚くなったままの状態では、スキンケア化粧品の浸透が悪くなるうえ、肌のターンオーバーが乱れがちに。紫外線を浴び続けて増えた、シミのもとになるメラニンが蓄積しやすくなってしまうでしょう。

夏のダメージ肌を放置していると、やがてはシワやシミなどの肌老化へとつながっていきます。

きめの乱れが肌のくすみを招く

肌のうるおいバランスが乱れ、乾燥が進んだ肌は、きめが粗くなります。きめとは、肌の表面に走る無数の溝(皮溝)と、溝がクロスしてできた盛り上がり(皮丘)のこと。

きめが細かい肌は、皮溝が細く、皮丘の面積は小さくふっくらしています。肌表面はなめらかで、光をきれいに反射。そのため、肌にみずみずしい透明感が生まれます。一方、きめの粗い肌は皮溝が太く、皮丘は大きく不ぞろいで平らな状態。肌表面はごわつき、光の反射も弱く、どんよりとくすんだ印象になります。

このようなトラブルへと進行する前に、適切なスキンケアで肌をリセットしましょう。

角層ケアとバランスケアで、うるおいが湧き上がるような肌へ

うるおいバランスを整えるスキンケア

角層ケアで肌をリセット

まずは、厚くこわばった余分な角層を取り除くことからスタート。ただし、スクラブなどで強くこすると角層が傷つき、バリア機能がさらに低下することがあるので注意してください。角層ケア用のローションでうるおいを与えながらほぐし、上質なコットンでやさしくふきとるとよいでしょう。

無理なく厚くなった角層を除去できると、くすみがパッと晴れて肌が明るくみえます。また、ゴワつきがなくなって柔らかくなり、次に使う化粧品の浸透もアップ。夏のダメージ肌対策には欠かせないステップです。

バランスケアでうるおいを満たす

厚くなった角層をオフした後は、角層のうるおいバランスを整えます。うるおいバランスのとれた肌とは、角層の水分、油分、保湿成分のバランスが整っている肌。

水分が少ないと、肌のきめが乱れ、はりも低下してしまいます。油分が少ないと、紫外線などの外的刺激の影響を受けやすくなるでしょう。そして、保湿成分が少ないと、肌内部の水分をキープできず、蒸発してしまいます。

三つのうるおいバランスを整えることで、角層のすみずみまでうるおいに満ちた肌になり、はりが生まれるのです。

表面つるん、内側※もっちり。夏のダメージ肌をケアする2アイテム

スキンケア大学のおすすめ。アユーラのスキンケア

アユーラのスキンケアなら、夏のダメージ肌対策が2ステップでカンタンに。

『アユーラ クリアリファイナー(医薬部外品)』は、メラニンを含む不要な角層を解きほぐす化粧水。上質なコットンで軽くふきとると、きめの細かいクリアな肌が生まれ、次のステップで与える美容成分をしっかり引き込みます。

『アユーラ モイスチャライジングプライマー WA(医薬部外品)』は、角層のうるおいに近い「水分」「油分」「保湿成分」の組成バランスでつくられた化粧液。すばやく角層になじみ、うるおいバランスを整え、ふっくらとしたはりをもたらします。

どちらにも美白有効成分4MSK(※1)が配合されているから、シミ・ソバカスをブロックできるのもうれしいポイントですね。

アユーラの角層ケアとうるおいバランスケアで、乾燥しらずの肌へ導き、夏のダメージ肌から脱却!エイジングサインをよせつけない肌をはぐくみませんか?(スキンケア大学編集部)

※ 角層
※1 美白有効成分4MSK<4-メトキシサリチル酸カリウム塩>:メラニンの生成を抑え、シミ・ソバカスを防ぐ

アユーラのスキンケアで、みずみずしいはり肌へ

提供元:株式会社アユーラ ラボラトリーズ掲載日:2016/08/01