急に肌がガクッ。化粧水が入っていかない?肌の更年期とのつき合い方

密接に関係している女性ホルモンと肌の更年期

馬渕知子

監修:マブチメディカルクリニック 院長馬渕知子先生

40歳をすぎた頃から現れる肌の変化は、女性ホルモンの減少が関わっています。女性の体が大きく変化するこの時期は、生活習慣とともにスキンケアを見直すタイミング。更年期世代に適したスキンケアにシフトして、美しくすこやかな肌を保ちましょう。

肌の調子が悪い…女性ホルモン低下のサインかも?こんな症状、感じたことありませんか?

女性ホルモンの増減

「急に肌がガクッとなる」「化粧水でうるおしても、浸透している感じがしない」「肌がごわつく」「化粧ノリが悪くなった」

40歳をすぎた頃から、このような肌変化を感じることがあれば「肌の更年期」 かもしれません。これは、季節や体調などによる、今までの肌変化とはまったく違うもの。加齢による肌の変化には「女性ホルモン」が大きく関わっているといわれています。

女性ホルモンには、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の2つのホルモンがあります。月経のリズムをつくるのと同時に、女性の美しさや女性らしさを担う大切なホルモンです。

エストロゲンは、月経後から排卵までに多く分泌されるホルモン。肌においては、真皮層のコラーゲンやヒアルロン酸の生成を促し、みずみずしいハリのある肌に関与します。排卵後から次の月経前までに多く分泌されるのはプロゲステロン。適度な皮脂の分泌を促進し、肌を乾燥から守ります。

女性ホルモンの分泌量は、卵巣機能が活発な20代をピークに徐々に減少。そして、更年期を迎える45歳ごろか急激に減少し、肌のコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸、皮脂の分泌量も減少していくのです。

若々しいハリ肌に備わる皮脂とヒアルロン酸

ヒアルロン酸と皮脂量の低下

美しい肌の条件のひとつは、うるおいとなめらかさ、ハリに満ちていることです。真皮層のヒアルロン酸は、このような美しい肌をつくるための土台となるもの。弾力線維であるコラーゲンとエラスチンがベッドのバネのように表皮を支え、その間を保湿成分であるヒアルロン酸が満たすことで、ハリとうるおいが保たれます。

また、適度な皮脂は汗と混ざり合い、天然のクリームとなって肌を保護。乾燥やチリ・ホコリ、紫外線などの外的刺激から肌を守る「バリア機能」を担います。

逆に、ヒアルロン酸や皮脂が減少した肌は、ハリがなく乾燥しやすい状態。乾燥により、ターンオーバー(肌の生まれ変わり)のサイクルも遅れがちになります。そのため、余分な角質が厚く積み重なり、肌のゴワつきやくすみなどを自覚するように。化粧水も浸透しにくくなるため、さらに乾燥が進む悪循環にも陥ります。

このように、肌の深部からハリとうるおいを保つ「ヒアルロン酸」と、肌表面を保護する「皮脂」は、肌の更年期にとって重要なもののひとつなのです。急な肌の変化に気づいたら、スキンケアの見直しどきといえるでしょう。

※ドクターによる監修は、このスペースのみとなり、この部分のみ広告ではありません。
また、他のスペースにおいてもドクターが掲載商品や特定商品への保証や購入等を推薦するものではありません。

年齢は止まらない。でも、肌の更年期のおとろえはゆるやかにできる

ホルモンバランスを乱さない生活習慣

日々の心がけで、ホルモンバランスを乱さない

加齢による女性ホルモンの減少を止めることはできませんが、そのスピードをゆるやかにすることは可能です。ストレスやダイエット、不規則な生活などは、女性ホルモンのバランスを乱す原因。若いころのような無理は避け、以下のようなポイントを抑えた生活を心がけましょう。

(1)睡眠
肌のゴールデンタイムと呼ばれる夜の10時から2時の間に、熟睡できることが大切。ついついやりがちな、寝る前のスマホやパソコンは、眠りを浅くするのでNGです。間接照明などの落ち着いた光のもと、軽いストレッチをしたり、文字の少ない読みなれた雑誌や写真集を眺めたりしてすごしましょう。
(2)ストレス
ストレスを感じたら、その日のうちに少しずつ発散。ラベンダーやゼラニウムなどのアロマオイルには、心を落ち着かせるはたらきが期待できます。効能ではなく、香りの好み選んでもよいでしょう。
香りのよい入浴剤を入れて半身浴をしたり、興奮をしずめ、ゆったりとした気持ちにさせてくれる「腹式呼吸」などもおすすめ。大げさではなく、毎日無理なくできるものがいいですね。
(3)食事
野菜や果物を意識して食べている女性は多いはず。しかし、年齢とともに、肉や魚の摂取量が減りがちです。タンパク質は、ホルモンや体の材料になる大切なもの。大豆製品などの植物性タンパク質だけでなく、動物性タンパク質もバランスよくとることがポイントです。

肌の更年期に必要なスキンケアのポイント

肌の更年期の変化スピードをゆるやかにするためには、乱れた肌バランスを整えることが大切。

・皮脂の減少によって低下したバリア機能を整えること
・ヒアルロン酸の減少によって低下したハリを与えること

に焦点を絞ったケアを意識しましょう。また、角質層を柔軟に保ち、肌のターンオーバーを乱さないことも、忘れてはいけないポイントです。外からうるおいを与えるだけではなく、肌がみずからうるおいを生み出し保持できるような、すこやかな肌を目指しましょう。

皮脂やヒアルロン酸を生み出す力の低下に着目!

新発想!更年期世代の肌を考え抜いた「命の母化粧品」

40代をすぎて現れる、さまざまな肌の不調。女性の肌バランスに着目して開発されたシリーズが、「命の母化粧品」です。

センキュウ・ソウジュツをはじめ、古来より美容と健康のために親しまれている、8種の豊潤和漢エキス※配合。自然の中で育まれた生命力でめぐりをサポートし、いきいきしたふっくら肌へ導きます。

命の母化粧品は、土台をすこやかにしながら、肌本来の力に働きかける新発想のスキンケアシリーズです。

(スキンケア大学編集部)

※保湿成分

肌バランスに着目した「命の母化粧品」はこちら

提供元:小林製薬株式会社掲載日:2016/09/01