ビタミンCのチカラ

年齢とともにハリ・ツヤが失われる原因

吉井友季子

監修:吉井クリニック吉井友季子先生

肌のハリとツヤは、肌年齢の印象を左右する大切な要素。年齢による影響は避けられませんが、ハリ・ツヤの低下を加速させる要因に「酸化」があります。肌を酸化させる要因と対策を知って、若々しい肌を保ちましょう。

なぜ肌のハリ・ツヤが失われていくの?

コラーゲンの壊れた肌と、正常な肌

肌のハリやツヤが失われていく主な原因は、コラーゲンの減少と酸化によるダメージです。

真皮に存在する「コラーゲン」は、肌を支える弾力繊維。肌のハリとうるおいの元となっています。コラーゲンが減少したりもろくなったりすると、表皮を支えきることができません。その結果、しわやハリの低下を招くのです。

コラーゲンの生産量は、年齢とともに減少。コラーゲン自体も、次第に細くもろくなっていきます。年齢は誰もが平等に重ねていくものですが、人によって見た目年齢に違いがでるのはなぜしょうか。それは「活性酸素による酸化」が大きく関与しています。

コラーゲンにダメージを与える活性酸素とは?

活性酸素の量がSODを上まわる年齢!

肌や体に悪いと知られる「活性酸素」。本来は、ばい菌や細菌などから細胞を守る役割があります。

しかし、活性酸素が増えすぎてしまうと細胞を酸化(=サビ)させ、老化を早めることに。真皮ではコラーゲンが酸化してもろくなり、シワができやすくなります。

体内には、増えすぎた活性酸素を除去する酵素(SOD)が存在しますが、年齢とともに減少。さらに、乱れた生活習慣などによって、活性酸素は増えていきます。

健やかで美しい肌のためには、活性酸素を抑え、コラーゲンの生成を促すことを心がけましょう。

※ドクターによる監修は、このスペースのみとなり、この部分のみ広告ではありません。また、他のスペースにおいてもドクターが掲載商品や特定商品への保証や購入等を推薦するものではありません。

エイジング肌の要因を取り除き、ハリをはぐくむには

ビタミンCを含む果物

活性酸素対策、どうすればいい?

活性酸素を増やす要因の一つは、紫外線です。UV-Aは、パワーは弱いものの、真皮までジワジワと侵入する紫外線。秋冬でもふりそそいでいるため、一年を通してUV対策しましょう。

また、過度な飲酒、喫煙、ストレスも活性酸素を増やします。ストレスが飲酒や喫煙のきっかけにもなるため、趣味の時間を作ったり、リラックスタイムをとりいれたり、心に余裕をもたせることもポイントです。

活性酸素に立ち向かう食品を取り入れることも有用。抗酸化物質を含んだ食品をとるとよいでしょう。パプリカ、パセリなどの野菜や、キウイ、オレンジ、レモンなどの果物に含まれるビタミンCがおなじみです。

トマトやスイカに豊富なリコピン、赤ワインに含まれていることでおなじみのポリフェノールなども抗酸化におすすめ。これらを意識してとりいれてみてはいかがでしょうか?

コラーゲンのサポートに必要なビタミンC!

次に重要なのは、体内でコラーゲンをつくることです。ただし、コラーゲン食品は、そのまま摂取しても肌のコラーゲンにはなりません。肌のハリを出すためには、肌をつくるタンパク質や、コラーゲンの生成をサポートするビタミンCと一緒にとるとよいでしょう。

タンパク質は赤身の肉、鶏ささみ、貝類、海苔などに、ビタミンCは前述した野菜や果物に含まれています。ビタミンCは美容にうれしい栄養素ですが、食事でとると、肌以外の体の部分にもビタミンCがとりこまれます。肌にビタミンCが届くのは後回しになり、十分に肌に届かないことも…。肌にしっかりとビタミンCを届けたいなら、化粧品として外側から与えることをおすすめします。

エイジングケアの味方!ビタミンCをもっと奥まで届けるには

ビタミンCのタイプごとの特徴を知ろう!

健やか肌をサポートするビタミンCは、熱や空気で変化しやすい不安定な性質を持っています。そこでおすすめなのが、ビタミンC誘導体。これは、有用成分がきちんと肌(角層まで)に届けられるよう、ビタミンCに別の物質を結合させて安定させたものです。

ビタミンC誘導体の種類は3つ。安定性に優れ、主に肌表面で働く「水溶性ビタミンC誘導体」、角層の奥まで浸透する「油溶性ビタミンC誘導体」。そして、水溶性と油溶性の長所を掛け合わせたものが「APPS*」です。「APPS*」は肌のすみずみまでしっかり届き、うれしい変化をもたらすのです。

※エイジングケアとは年齢に応じたスキンケアのことです。

APPS*ってどんなもの?

皮膚の角層は、油溶性(角質細胞膜や角質細胞の隙間)と水溶性(角質細胞の中身)で構成されています。そのため、肌全体にビタミンCのパワーを届けるには、油・水両方にとけやすいものが適しているのです。

APPSは、油溶性・水溶性の両方の性質をあわせ持つ、いわば「いいとこどり」のビタミンC。角層の表面から奥まで、ビタミンCのパワーが深く入り込んでいきます。APPSなら、ハリ・ツヤのある肌へとしっかりサポートしてくれるでしょう。

※肌:角層
※APPS(保湿成分):パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na

APPSをおしみなく配合!押し返すようなハリ・弾力を実感したい方に

スキンケア大学のおすすめ!「VC100エッセンスローション」

「VC100エッセンスローション」は、肌のすみずみまでしっかり入り込むビタミンC「APPS(※1)」がたっぷり。自社従来品と比べ、APPSを高濃度200%配合しています。また、角質層まで100倍高浸透(※2)する処方だから、肌なじみのよさも◎。

3種のコラーゲン、ヒアルロン酸(※3)も配合し、もっちり肌をサポート。さらに、エイジングケア成分EGFとフラーレン(※4)がハリを後押しして、美しいなめらか肌に近づけます。つっぱり感がなく、なめらかなテクスチャーで、心地より使えるのもうれしいですね。

VC100エッセンスローションで毎日のスキンケアがスペシャルケアに。ハリのあるイキイキした肌をキープしましょう。

(スキンケア大学編集部)

※1保湿成分:パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na
※2自社従来品比
※3、4保湿成分

商品詳細はコチラ

提供元:株式会社ドクターシーラボ掲載日:2016/09/01