年齢肌をうるおして、若々しい肌へ。気分上向くエイジングケア

年齢とともに肌がたるむメカニズム

コッツフォード 良枝

監修:クリントエグゼクリニックコッツフォード 良枝先生

加齢とともに肌はハリを失い、たるんできます。その原因はさまざまで、日常生活での習慣を見直してみることも大切です。肌のメカニズムを知って、年齢を重ねてもハリのある肌を保てるよう、自分に合ったケアをみつけましょう。

なぜ年齢を重ねると肌がたるんでしまうの?

引きしまってハリのある肌とたるんでいる肌

「最近、肌がたるんできた…」「ハリが失われてきた…」そう感じたとき、肌の奥にも変化があります。肌にたるみができる主な原因は、真皮のコラーゲンとエラスチンの減少です。

引き締まってハリのある肌は、真皮に支えられています。真皮の約70%以上を占めるのはコラーゲン。弾力性のあるネット構造を密につくり、肌の弾力をキープしています。伸縮性をもったエラスチンは、コラーゲンをつなぎとめる役割です。加齢とともにコラーゲンとエラスチンの生産量が減少することで、真皮のネット構造が弱体化。表皮を支えきれずに、肌がたるんでくるのです。

さらに、肌にはもともとバリア機能があり、うるおいを蓄えて乾燥と外部刺激から守っていますが、その機能が低下すると、紫外線のダメージを受けやすくなります。紫外線によってコラーゲンとエラスチンがダメージを受ける「光老化」につながるため、注意が必要です。

コラーゲン、エラスチンが分解されてしまう「光老化」とは?

光老化の肌図

「光老化」とは、紫外線や可視光線などによって真皮のコラーゲンとエラスチンがダメージを受け、シワ・たるみができてしまうこと。紫外線や可視光線はコラーゲンやエラスチンを生産する繊維芽細胞にもダメージを与え、生産量も減ってしまうのです。

紫外線に含まれるUV-Aは、UV-Bと違い、ゆっくりジワジワ肌の奥の真皮層まで到達します。くもり空の日の外出や、「短時間だから」と洗濯物を干したりしている間にも、私たちは気づかないうちにUV-Aを浴びてダメージを受けているのです。

また、PCやスマホから浴びるブルーライトも可視光線。外出時だけUVケアをしていても、知らず知らずのうちに、ダメージを受けている可能性があります。肌にハリのなさを感じたら、光老化のサインかも?すぐに弾力ケアをはじめましょう。

※ドクターによる監修は、このスペースのみとなり、この部分のみ広告ではありません。
また、他のスペースにおいてもドクターが掲載商品や特定商品への保証や購入等を推薦するものではありません。

押し返すような弾力のために、できること!

肌にダメージを与える要因

守るケアで、肌のハリ・弾力キープ!

肌のハリを保ち、押し返すような弾力をキープするためには、肌ダメージにつながる原因をできるだけブロックすることが重要です。そのためには以下の4つのポイントに注目しましょう。

①紫外線や可視光線を防ぐ
紫外線や可視光線は肌に百害あって一利なし。1年中、室内でも日焼け止めを使用し、UV-Aを避けましょう。
②ストレスを溜めない
ストレスは肌にダメージを与えます。ウォーキングなどの軽い運動をしたり、湯船にゆっくり浸かるなど、リフレッシュする時間をつくりましょう。
③たっぷり睡眠をとる
肌のハリや弾力には、良質な睡眠時間を確保することが大切です。寝る1時間前にはスマートフォンやTVを見ない、夜食はとらないなど、気をつけてみてください。
④タバコや糖分のとりすぎを控える
喫煙や糖質のとりすぎは、肌のたんぱく質が固まる現象を引き起こし、肌ダメージにつながりますので気をつけましょう。

今ある肌のハリ・弾力を減らさないよう守り、キープしていきたいものです。

攻めるケアで、肌のハリを育む!

続いて、簡単にできるフェイササイズやリンパマッサージで顔の表情筋を鍛えて、ハリを育みましょう。

・フェイササイズ
大きな口を開けて「あ・い・う・え・お」と発音します。その際、「あーー」と声を発した状態で5秒キープ。1日10回程度行うのが効果的です。
・リンパマッサージ
耳を揉んだり、あごの下から耳の下に向かって3本指で流すようになぞるマッサージも、めぐりのサポートとなります。

これらのフェイササイズは、スキンケアのついでに行えればラクに続けられます。その際、肌をこするのは摩擦が生じるためNG!スキンケア用品は、すべりの良いテクスチャーにこだわりたいものです。加えて、効率よく肌のハリも育める化粧品を選びたいですね。では、ハリとうるおいを両立する、おすすめの美容成分には、どのようなものがあるのでしょうか。

擬似ネットでグッ!と引き締まった肌へ

擬似ネットでグッと引き締める、3Dファスシアバンド

肌表面に働きかけて引き締める

肌に塗った瞬間からハリをサポートするには、角層の表面と奥へのアプローチがポイントです。

「3Dファスシアバンド」は、立体構造をもつ「3Dコラーゲン」と「3Dヒアルロン酸」「加水分解エラスチン」などの複合成分。肌表面に働きかけてハリを保ちます。まるで擬似ネットのように肌を支え、見えないヴェールで肌を引き締めてキープ。

肌をうるおしてキメを整えながら、若々しい肌に整えていきます。

角層の内側から押し返すようなハリ感

肌表面へ働きかける一方で、角層の奥へうるおい成分を届けて、ハリをサポートするケアも大切です。最新のナノテクノロジーを駆使した「金のコラーゲンEX」は、角層の奥すみずみにまで届いてうるおいで満たし、肌のバリア機能を整えて健やかに保ちます。

金、白金、加水分解コラーゲン、加水分解エラスチン、加水分解ヒアルロン酸などの複合成分が肌にうるおいをとどめ、柔軟性をサポート。内側から押し返すようなハリで美肌に導きます。 これらの成分をおしみなく凝縮したアイテムで、健やか肌を目指しましょう。

これひとつで全方位スキなし!豊潤ゲルでピンッ

スキンケア大学のおすすめ!「アクアコラーゲンゲル エンリッチリフトEX」

『アクアコラーゲンゲル エンリッチリフトEX』は、これまでにない“擬似ネット”で肌をグッと引き締める「3Dファスシアバンド」を配合。肌の表面からアプローチしてハリのある肌に整えます。

また、肌をすばやくうるおし、角層の内側からふっくらとしたハリを与える「金のコラーゲンEX」に加え、35種の美容成分をぜいたくに凝縮。うるおって若々しくハリのある肌へ。これひとつで、多角的・全方位型の気分上向くエイジングケア※が叶います。

ピンッとしたハリを与えて肌をグッと引き締める『アクアコラーゲンゲル エンリッチリフトEX』で、うるおいに満ちた若々しい肌を目指しましょう。

(スキンケア大学編集部)

※エイジングケアとは年齢に応じたスキンケアのことです。

ピンッ!とハリが満ちる豊潤ゲルはコチラから

提供元:株式会社ドクターシーラボ掲載日:2016/11/01