ビタミンC教室

ハイブリッドビタミンCによる育毛ケアが注目されている理由

現在、薄毛の不安を抱える方が非常に多く、男女問わず若いうちから増えています。
そんな薄毛の原因として、主に「男性ホルモン」「血行」「酸化」「角栓」の4つがあげられます。

薄毛になる主な原因

■男性ホルモンによる影響
男性ホルモンの一種である「テストステロン」は、薄毛の原因となる物質(ヒドロテストステロン=DHT)を作りだします。男性ホルモンの影響による薄毛が「AGA(男性型脱毛症)」です。
■血行不良
毛髪の成長は「毛母細胞」に栄養が渡ることによって促されます。栄養は血液によって運ばれるので、血行不良が起こると成長が妨げられ、細く抜けやすい毛になってしまうのです。
■酸化による頭皮環境の悪化
酸化も、頭皮環境を悪化させる要因。ストレスや紫外線などの刺激は、活性酸素を発生させます。これにより毛髪の成長が妨げられるのです。
■角栓による毛髪への負担
角栓もまた、毛髪の成長を妨げます。角栓が毛穴をつまらせることで、頭皮ニキビを招いたり、育毛製品の浸透も邪魔するのです。頭皮が荒れやすい方は、特に注意すべき点と言えるでしょう。

なお、男性ホルモン抑制には「フィナステリド」(プロペシア)などの服用も一般的な方法です。しかし、これら治療薬には「性欲減退」「倦怠感」「勃起機能の低下」「うつ」「体のむくみ」「頭皮のかゆみ」などの副作用も指摘されています。また「フィナステリド」は妊娠中の女性は触れるだけで、胎児や乳幼児の発育にも悪影響を与えると言われているなど、副作用のリスクもしっかり把握する必要があります。一方、血管を拡張させるミノキシジルにも、個人差はありますが同様の頭痛や倦怠感などの副作用があると言われています。

「リスクの少ない育毛」を目指すなら、「男性ホルモン抑制」以外でしっかりケアしたいですね。「血行ケア」「酸化予防」「角栓予防」の3ポイントへアプローチすることが「リスクの心配なく効果的な育毛ケア」を目指す近道。そこで、それが可能な「ハイブリッドビタミンC」に、いま大きな注目が集まっているのです。

ハイブリッドビタミンCが持つ3つの育毛パワー

ハイブリッドビタミンCは「血行ケア」「酸化予防」「角栓予防」という3つの側面から、安全で効果的な育毛へアプローチします。ここからはそのポイントを詳しくご紹介します!
「ビタミンCの薄毛への効果」のページを見る

ポイント①:血管をイキイキさせ、血行促進をサポート

血管が毛髪に栄養を運ぶ仕組み

血行が悪くなると、毛髪へうまく栄養が運ばれず、薄毛や抜け毛の原因になります。血行において重要なのは血管。実はこの血管も年齢と共に老化するので、何もしないままでは血液の流れない「ゴースト血管」になってしまうのです。

血管は内側と外側で、それぞれ細胞の壁を備えた2重構造になっており、老化により外側の細胞壁がはがれると、内側のもろい細胞壁が破壊されやすい状態になります。このように血管がゴースト化すると元に戻ることはかなり難しくなります。頭皮にある毛細血管のゴースト化が進むことで、毛髪に栄養が届かず抜け毛が増えてしまいます。

また、肌にシワやたるみが出てくるのも、同じように血管の老化による影響です。だからこそ、ゴースト血管にならないように、日常から血行を促すこと、すなわち「血管自体」をサポートする必要があるのです。ゴースト血管が進むと、血管そのものがなくなってしまうので、何よりも優先したいケアといえるでしょう。

★ハイブリッドビタミンCによる育毛ケアをすると・・・

ハイブリッドビタミンCには「毛細血管の老化を防ぐ働き」があります。血管の材料である「コラーゲン」の生成をサポートし、血管をイキイキさせる効果が期待できるのです。これにより、血流が滞るゴースト血管をケア。充分な血行サポートが期待できます。また、過剰使用による副作用がないのもポイントです。長くとどまり、ジワジワと効いてくれるハイブリッドビタミンCを使用すれば、リスクの心配なく育毛ケアをおこなうことができます。

ポイント②:頭皮環境を細胞レベルからキープする抗酸化

すこやかな頭皮環境をキープする抗酸化

私たちの体は数十兆にもおよぶ細胞とその働きによって成り立っています。頭皮環境が悪化すると、頭皮を形成する細胞がダメージを受け、さまざまな症状として現れます。健やかな毛髪が育つために必要な頭皮環境の正常化は、頭皮を細胞レベルからケアするということなのです。

頭皮環境を悪化させる原因として注意したいのが、紫外線やストレスを受けることで発生する活性酸素。活性酸素は細胞膜にある脂質や皮脂を酸化させ、「過酸化脂質」とい物質を作ります。この過酸化脂質は細胞にダメージを与え、美容面でいえばシミやシワなどの肌を老化させる存在。頭皮おいても同じように老化によって乾燥・フケ・炎症・血行不良が起こり、衰えた細胞からは健康的な毛髪が育たなくなります。

このように、活性酸素による酸化で頭皮環境が悪化すると、薄毛や抜け毛を引き起こします。だからこそ、酸化に対抗するための「抗酸化」は、細胞レベルからのケアとして育毛における重要なポイントなのです。

★ハイブリッドビタミンCによる育毛ケアをすると・・・

ハイブリッドビタミンCは高い抗酸化パワーを持っているのが特徴。ストレスや紫外線など、あらゆる原因で発生する活性酸素と、それによる酸化から頭皮環境を守ることが期待できます。最近の研究ではビタミンCを皮膚に塗布することで炎症を抑え、血行サポートや若々しい頭皮へと導くことがわかっており、育毛や薄毛の予防に期待があつまっています。

しかし、通常のビタミンCや誘導体といわれる改良型のビタミンC「APPS」には、塗布直後の効果はみられるものの効果が継続しないという問題がありました。そんな中、ハイブリッドビタミンCは塗布後にも効果が持続する新しいビタミンCとして誕生し、常に発生し続ける活性酸素への効果的なアプローチが可能になりました。「ビタミンCがもつ高い抗酸化力&長時間キープ」が実現しているからこそ、薄毛や抜け毛ケアとなる健やかな頭皮環境へ導いてくれるのです。
「活性酸素」のページを見る

ポイント③:角栓の予防

ハイブリッドビタミンCを塗布した際の角栓量の変化比較

皮脂腺の多い頭皮では、皮脂が毛穴につまり「角栓」ができやすくなります。角栓は、頭皮ニキビなどを引き起こし、頭皮環境を悪化させる要因となります。

毛穴につまった角栓は、洗髪で簡単に洗い流せるイメージがあるかもしれません。しかし、実際にはセルフケアでは限界があります。そのとりきれない角栓を除去するために、専用の施術を行う発毛クリニックも多くあるのです。

また、毛穴につまった角栓は「育毛剤などの浸透を妨げる」ことも、毛髪の成長を阻害する大きな要因としてあげられます。

できてしまった角栓を除去するのももちろん大切ですが、何よりも角栓ができない頭皮環境をつくることが大切です。

★ハイブリッドビタミンCによる育毛ケアをすると・・

皮脂はストレスなどでも分泌量が増加します。皮脂分泌は、ストレスによって交感神経(活動するために働く神経)の働きが優位になったときの、反応の一つなのです。上のグラフを見ると、ハイブリッドビタミンCには、使用直後から角栓の除去効果が見られるだけでなく、ストレスを和らげる効果により過剰な皮脂分泌を抑えることも期待できます。また、ハイブリッドビタミンCのように、長時間肌にとどまってくれる抗酸化物質は、角栓予防を目指す上でも最適な成分と言えるでしょう。
「ハイブリッドビタミンCの美容パワー」のページを見る

育毛ケア製品は、"自分に適切な方法"を選ぶのが正解

育毛ケア製品を選ぶとき、「医薬品」「医薬部外品(薬用化粧品)」「化粧品」の中から、どれを選べばいいのか?を理解しておくことは重要です。

「医薬品」は有効成分を含んだ、いわゆる「お薬」のこと。副作用が出る場合もあるので、使用には特に注意が必要です。「医薬部外品(薬用化粧品)」は、医薬品よりも効果が緩和なもので、医薬品と化粧品の中間に位置しています。そして「化粧品」は、医薬部外品よりも効果が緩和なもので、清潔で健やかなスキンケアが行える製品のことを指します。

では、化粧品は医薬部外品よりも効果が劣るのか?というと、一概にそうとは言いきれません。たとえば、薄毛の原因として頭皮が乾燥しているが一番の原因なのに、頭皮にうるおいを与える化粧品ではなく、血行をサポートする医薬部外品の方を選ぶのは最適な手段とは言えません。大切なのは今ある原因に対し、どんなケアが必要なのか?そのうえで正しく育毛ケア製品を選択することです。

血行ケア、酸化予防、角栓予防は、育毛ケアにおける重要なポイントです。これらのアプローチによる育毛ケアを考えている方は、スキンケア大学も注目の成分「ハイブリッドビタミンC」を、試してみてはいかがでしょうか。

Googleの検索結果で上しく調べてみる|ハイブリットビタミンC

ページTOPへ

提供元:株式会社ビタブリッドジャパン掲載日:2014/08/01