1450名の医師が参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook

スキンケア大学タイアップ企画 [PR] 提供:パナソニック株式会社

日差しに負けない夏美肌へ!スキンケアの質を上げる4つの方法

更新日:2017/04/18

『夏美容はじめ』は日差しケア。タイミングは、4月!

日傘をさす女性

日差しが暖かくなり、活動的になるシーズン。紫外線対策は万全ですか?紫外線対策は夏だけではなく、4月からのケアがカギ!紫外線には「UV-A」と「UV-B」の2種類があります。日焼けによって肌が赤くなる原因となる「UV-B」は、4~9月の間に1年の70~80%分が降りそそぐといわれています。4月中旬には夏レベルの紫外線の強さになることも・・・。

そして、特に注意したいのが、晴れている日よりも「雲が多い日」。雲の合間から太陽の光が差し込んでいる時は、紫外線が雲の粒子に散乱されます。そのため、晴れの日よりも多い紫外線量が地上に届くことがあるのです!過酷な夏を乗り切るためにも、4月から本格的な日差しケアを始めましょう。

日差しケアのポイントは、“お肌そのもの”にあり!

鏡を見る女性

日焼け止めを塗ったり、日傘を差したりと、紫外線をカットすることは大切です。しかし、それだけでは不十分。ベストな日差しケアは、肌のバリア機能を働かせることです。バリア機能とは、紫外線などの外部刺激から肌を守り、自らうるおいを保つ防御力のこと。バリア機能を保つには、角質層で働く保湿物質が不可欠です。そのため、角質層に保湿成分をしっかりと浸透させましょう。

浸透させるポイントは、まずメイク汚れをしっかりオフし、角質層からも引き出すことです。いつものスキンケアだけで不安な人は、+αのケアで夏美容をはじめてみてはいかがでしょうか?

化粧水やサプリメントなど、+αのケア方法はさまざま。しかし、口から入った成分は、体を機能させるために優先して使われます。肌のために使われるのは最後になってしまうのです。そのため、どんなケア方法が良いのか、目的に合ったスキンケアを選ぶことが大切です!

コットンや手でのケア以上の効果!?美容家電のチカラを借りよう!

スキンケアをする女性

汚れを引き出す!保湿成分を浸透させる!といっても、「日頃クレンジングや洗顔をしているし、化粧水も使っている。これ以上どうしたらいいの?」という方がほとんどでしょう。今までのスキンケアの質をグッとアップさせるなら、この夏は、スキンケアに特化した美容家電を取り入れてみませんか?手やコットンだけのケアにはない、美容家電ならではのポイントがあります。

①無理なく汚れを引き出す
洗顔で落としきれなかった汚れは、ふきとり化粧水での「ふきとりケア」が効果的です。ただし、強い力でこすってしまうと、摩擦で肌を傷めることも・・・。
美容家電なら、化粧水またはふきとり化粧水を含ませたコットンをセットして肌にあてるだけ。交互に流れるプラスとマイナスの電流が、毛穴の中の汚れを角質層から引き出し、コットンに吸着させます。肌をこする心配がないのがうれしいですね。
②うるおいの浸透アップ
化粧品の保湿成分をしっかり肌に届けようと、長時間パッティングしたり、マッサージするように塗ったりしていませんか?力加減や手の動かし方を間違えると、かえって肌の負担になります。
おすすめは、プラスからマイナスの電極に流れる水の性質を利用したり、心地よいリズムで適度な刺激を与えたりしてくれる美容家電でのケア。普段使っている化粧品の保湿成分も、手で塗ったときと比べて、角質層への浸透がぐんとアップします。
③ビタミンCを深く届ける
夏前美容に人気の美容成分ビタミンCは、マイナスに帯電している特徴があります。美容家電のヘッドがマイナスの電気に帯電することで、マイナス同士が反発。反発しあう力によって、肌の角質層まで化粧品のビタミンCがしっかり届きます。
④メイク前の肌をキュッ!
メイクが崩れやすい時期などにおすすめなのが、美容家電の冷却モード。氷などを使用することなく、心地よい冷たさの温度で冷却できます。冷却によって、ゆるみやすい初夏の肌もすっきり!お手入れの最後にもおすすめです。

パナソニック「イオンエフェクター」で日差しに負けない肌を目指そう!

イオンエフェクター

パナソニックの導入※1美容器『イオンエフェクター <クールモード付き> ET-ST75』は、「リズム保湿モード」「ブライトニングモード」など、4つの機能を搭載。透明感のある明るい肌※2へと導きます。プラスからマイナス電極に向かって発生する水の流れを利用し、化粧品の保湿成分を角質層へ届ける「電気浸透流」を採用しているのは、パナソニックだけ。化粧品の浸透量が、手で塗った場合と比べて約1.7倍※3になります。

コンパクトサイズで場所をとらないから、手軽に使えて毎日のケアにピッタリ。4月からの日差しに負けない、すこやか肌をめざしましょう。

モード機能の種類
・スキンクリアモード:プラスとマイナスの電流が交互に3分間流れます。毛穴などに残った肌の汚れを、角質層からやさしく引き出してスッキリ。
・ブライトニングモード:化粧品のビタミンCを角質層に送り込みます。キメが整って、輝くような明るい印象の肌へ。
・リズム保湿モード:電気浸透流※4と心地よいリズムで、化粧品の保湿成分を角質層までしっかり浸透させます。
・クールモード:約10℃の冷たいヘッドが、肌を急速冷却。たった2分の使用で、キュッと引き締まった肌へ導きます。

※1 角質層まで
※2 キメが整うことによる肌の見え方
※3 コットンにモデル化粧水を含ませて、保湿モード(イオンレベル:強、温感:高)で塗布した場合の浸透量23.6μg/㎠、コットンにモデル化粧水を含ませて、手で塗布した場合の浸透量13.9μg/㎠前腕での比較。(パナソニック調べ)
※4 プラスからマイナス電極へ向かって発生する水の流れを利用し、保湿成分の角質層への浸透性を高める。

4月からの日差しケアはパナソニック「イオンエフェクター」で!

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

美ワード

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート